Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。



オリンピックが開会しました。
無観客での開催は残念ですが、テレビ観戦でも熱い闘いの様子が伝わってきます。
自分はサッカーと卓球、テニスを楽しみにしていますが、皆さんはどの種目を応援されるのでしょうか。
日本の活躍を期待しています。応援しましょう。

さて、オリンピックに熱くなってしまいますが、メダカの屋外飼育水槽も今の時期はかなり熱くなっています。
梅雨が明けて真夏の日光を浴びて、水温がグングンと上昇しているのです。

メダカは温帯の魚ですから温度の変化には強いため、水温が30℃を超えてもメダカがすぐに★になってしまうわけではありませんから、飼育者としては大丈夫だと思ってしまいがちです。
しかし、高水温の状態が続くとメダカは徐々に弱ってしまいます。

P7263707
▲こんな水温はNGです。

ということで、今の時期は水温管理がとても重要です。
水温管理の基本は、飼育水槽に直射日光を当てる時間をできるだけ短くするということです。
一番簡単な方法は、水槽を日陰に設置することですが、出来ない場合には、様々なやり方で日陰を作ることとなります。
IMG_4722_Fotor
▲蓮の葉が日陰を作ります。

IMG_4721_Fotor
▲簾(すだれ)で日陰を作ります。

過去(2015年)に自分が計測した飼育水槽ことの夏場の気温と水温の変化です。
計測した時間は次のとおりです。
(9時⇒11時⇒14時⇒16時)
赤字が最高気温です。

まず、気温の変化です。
(気温)

 36度 ⇒ 39度 ⇒ 40度 ⇒ 36度

非公式ですが、この時に我が家の気温は40℃を記録しました。温度計が壊れているのか疑いたくなるような気温です。
こんな猛暑というか酷暑の日、飼育水槽の水温は次のとおり変化しています。


(プラ船水槽)
 ※午前中は日があたり、午後は日陰になります。

 30.3度 ⇒ 31.6度 ⇒ 28.9度 ⇒ 28.5度

(ベジタブルプランター)
 ※1日中、日があたっています。

 29.3度 ⇒ 32.8度 ⇒ 30.5度 ⇒ 29.8度

(睡蓮瓶)
 ※午後に日が当たります。

 24.8度 ⇒ 27.1度 ⇒ 30.8度 ⇒ 30.2度

P7263706
▲庭に設置している睡蓮瓶の最高水温は14時に計測した30.8℃でした。

(メダカ池)
 ※流水環境です。

  23.8度 ⇒ 24.9度 ⇒ 26.2度 ⇒ 25.7度

P7263702

▲流水環境のメダカ池は14時で26.2℃でした。

この計測結果で分かるとおり、日があたっている時間には水温が30℃を超えています。やはり水温上昇を抑えるためには日光を遮ることが重要なことがわかります。(メダカ池のような流水環境は水温上昇をかなり抑えてくれますが、この環境は特殊ですから参考程度として考えてください。)

そして、厳密に言えば水槽の容量が水温上昇に影響します。
簡単に言えば、大きな水槽と比べると小さな水槽の方が水温が上がりやすいのです。


屋外飼育水槽の水温上昇対策には様々な方法があります。

その方法は、下記のリンク先を御覧ください。
CLICK屋外飼育水槽の水温上昇対策(再々掲)


動画でもご紹介していますので、動画を見ることが出来る方はぜひ御覧ください。





夏場は水温上昇だけではなく、水質の悪化、水草や藻の繁茂、そして水槽の水の減り方など「水」に関連した注意点が多くあります。
これらの問題には水温が大きく関わっていますので、まずは水温上昇対策を適切に行なってください。
メダカの屋外飼育を楽しみましょう。




<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村