Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

今回は11月のメダカ池の様子をお伝えします。
初夏から夏にかけてのメダカ池は様々な水性植物で溢れかえっていました。
特にカモンバが繁茂し水面を覆い、そのカモンバの上を泳ぐメダカの様子を観察することは心を和ませ、そして癒やしてくれました。
P7120006_Fotor
▲初夏のメダカ池。カモンバが水面を覆っています。

しかし、今のメダカ池は、水性植物の葉の多くが枯れてしまって水面が寂しくなってしまいました。
ここ数日は11月とは思えない暖かさなのですが、さすがに池の様子は秋の深まりを感じさせます。

メダカ池を覗くとこんな感じです。
IMG_5714_Fotor
▲水面を覆っている葉がほとんどなくなり水中を覗くことができます。メダカの数も少なめです。

メダカたちはカメラを持った自分の姿に気づいてすぐに水性植物の陰に隠れてしまいほとんど見ることが出来ません。
ここは我慢です。
しばらくの間、ジッと動かずにいると少しずつ水面にメダカが上がってきました。
IMG_5721_Fotor
▲水性植物の陰からメダカが出てきました。

おそるおそるという感じで水性植物の陰から姿を現して、危険がないのかを確認して水面まで浮上してくるという感じです。
IMG_5720_Fotor
▲姿を現したメダカたち。

もう一度、夏の様子と比較してみましょう。
夏のメダカたちは活性が上がっていて、人の姿を見てもそれほど恐れることなく泳いでいました。
P7120009_Fotor
▲夏のメダカ池

それが、今のメダカはすっかり臆病になってしまい、なかなか姿を現さないのです。
IMG_5722_Fotor
▲すっかり臆病になりなかなか近くに寄ってきません。

それでは、夜のメダカ池の様子はどうでしょうか?
夜になってからメダカ池に向いました。
メダカ池をライトでソッと照らしてみると・・・、いました。観察場所の近くまでメダカたちが寄ってきています。
IMG_5664_Fotor
▲夜のメダカ池

昼間よりも水面を泳いでいるメダカの数が多くなっています。
そして、タナゴも見つけました。
IMG_5669_Fotor
▲夜のメダカ池

やはり、夜の方が水底までしっかりと観察出来ます。
IMG_5697_Fotor

IMG_5678_Fotor

IMG_5679_Fotor

IMG_5673_Fotor

IMG_5671_Fotor

IMG_5682_Fotor

夜はメダカからは自分の姿を見ることができないため警戒心が薄いことから、様々な様子をじっくりと観察出来ます。いや〜、楽しいのです。
昼間は小春日和でも夜はやはり寒いのですが、夜のメダカたちを観察していると時が経つことを忘れてしまいます。

そして、しばらく観察しているとヒドジョウの姿も観察出来ました。う〜ん、かなり肥えています。
メタボ体型ですね。
IMG_5690_Fotor

残念ながらドジョウやスジシマドジョウ、イモリなどは観察できませんでしたが、ミナミヌマエビも見つけることが出来ました。

寒さを我慢することが条件となりますが、今の時期は、屋外飼育(ビオトープ)のメダカを観察するのは夜間の観察がオススメです。
コロナに負けないようにメダカの夜間観察を楽しんでください。
くれぐれも風邪をひかないように気をつけてくださいね。

屋外飼育のメダカたちの様子を写真で紹介する動画を作成しました。
どちらも5分程度の動画です。
メダカの屋外飼育者の皆さん、ぜひ御覧ください。

★ 動画で見るメダカ写真集 癸


★ 動画で見るメダカ写真集 癸

メダカの屋外飼育を楽しんでください。
では、また次回。


<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村