Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

秋が少しずつ深まり、朝の気温が10度近くまで冷え込むようになってきました。
気温が下がれば、当然、水温も下がってきます。

PA240760_Fotor
▲秋が深まってきました。

メダカは、水温が10度を超えないような状況になると、水底でジッと動かずにいて餌をほとんど食べなくなります。魚類は変温動物ですから水温が下がると活性が落ちるのです。
冬になれば水温がずっと10度を下回るような状況になりますから、メダカは活性が落ちてしまい、水底あたりや水性植物の陰でほとんど動かないような状態が続きます。

秋のメダカの食欲と餌の与え方については、10月10日の記事で書いてみました。
 秋のメダカの食欲(秋の餌やりの考察)

今回の記事は実践編として、秋のメダカの食欲について、実際にメダカに餌を与えて検証してみましたので、その結果をお伝えします。

まずは、メダカ池です。
10月28日。朝8時。メダカ池の水温は13.7℃でした。

IMG_3917_Fotor
 ▲水温が14℃近くありました。

与える餌の量は、食欲の確認のためですから、ほんの一(ひと)摘(つま)み程度の量を2回分与えました。
簡単に言うと二摘みですね。

IMG_3898_Fotor
▲ごく少々の餌です。この量を2回分与えました。

フロートタイプの餌ですから水面を餌が漂います。

IMG_3906_Fotor
 ▲餌が水面を漂います。

すると、待ってましたとばかりに、水底や水性植物の陰からメダカたちが現れて、スルスルっと水面近くまで浮上してきました。そして次々と餌を食べ始めました。

IMG_3907_Fotor
 ▲メダカたちが水面近くまで浮上してきました。

IMG_3909_Fotor
▲次々と餌を食べ始めます。

IMG_3912_Fotor
▲餌が減ってきました。

もちろん初夏や夏場の頃の旺盛な食欲ではありませんが、この様子では、まだ食欲はあるようです。良かった!

次は、ジャンボタライの様子です。

PA185437_Fotor
▲ジャンボタライです。

水温は摂氏11℃。メダカ池よりも3℃近くも低く、ちょっとビックリしました。

IMG_3896_Fotor
▲水温は11℃でした。 

メダカたちは、水面近くではなく水底あたりにいて、あまり動きがありません。

IMG_3913_Fotor

このジャンボタライにはメダカは10数匹いるのですが、水温が低いことから与える餌の量は食べ残すことも考えて、ほんの一摘み程度のごくごく少量にしました。

餌を与えると待ってましたとばかりに1匹のメダカが水面まで浮上してきて餌を食べ始めました。

IMG_3899_Fotor
 ▲餌を与えると、1匹のメダカが浮かび上がってきました。

その様子を水底で伺っていたのでしょうか、次々と他のメダカが水面まで浮上してきて餌を食べ始めました。

IMG_3905_Fotor

どうやら、水温11℃でも食欲はあるようです。
2分程度で餌はなくなってしまいました。

日中の水温が上がった時にメダカに食欲があるのは理解できるのですが、10℃近くまで下がった水温でも食欲があることには、ただただ驚きました。
やはり日中は20℃あたりまで気温が上がりますから、まだメダカの活性はあまり落ちていないようです。
今回の結果ですが、メダカ飼育者でありメダカ観察者の自分にとっては、餌やりと観察の楽しみがまだ続いていることが確認できて嬉しい状況なのです。

そして、メダカたちには、厳しい冬を乗り切るためにも、今の時期にしっかりと食べて体力を蓄えて欲しいと思っています。

ここで注意点を。
このような状況に浮かれてしまって、餌を与えすぎないようにくれぐれも注意をしてください。←自分への戒(いまし)めなのです。

餌の与え方については、10月10日の記事を参考にしてみてくださいね。
では、また次回。





<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村