0504嫌われ者のモノアラガイ
メダカを飼育していると、いつの間に小さな巻貝が大量に発生することがあります。

ご多分にもれず我がメダカ池でも数年前からこの貝が大量に発生しました。

どうやらホームセンターで買ってきたホテイアオイに付いてきたようです。

調べてみるとこの貝はモノアラガイという種類で、スネールと呼ばれて嫌われている大量発生する貝の一種でした。

同じような貝にサカマキガイという種類もあります。

その見分けかたはサカマキガイが左巻きで、モノアラガイが右巻きです。

はじめは池のコケを食べてくれそうなのでそのまま放っておいたのですが、あれよあれよという間に増えていき、とても駆除できるような状態ではなくなりました。

水草には透明で粘りのあるゼリー状のものが数多く付着しています。この中に卵があります。

この貝はメダカの卵を食べるという情報もあります。なんとか駆除しなければといろいろやってきましたが、結局は手で一つずつ取り除くという原始的な方法で行っています。

取り除いた貝の中で大きな物は、時々は別の池に飼っているや水槽で飼っているクサガメの餌にしています。クサガメもこの貝が大好物。

この貝を与えるとすぐにパクつきます。特に雑食性のはこの貝を一飲みです。

クサガメは噛み砕いて貝の殻だけを吐き出します。

の池やクサガメの水槽ではこの貝は一切、繁殖をしていません。

メダカ池に鯉やクサガメを入れれば、すぐに駆除できそうですが、確実にメダカもいなくなるのでこの方法は使えません。残念。

少量のモノアラガイならコケ取り用としてメダカたちと共生できそうですが、こちらがコントロールできないのが難点です。

0504モノアラガイの水中遊泳


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村