1225プラ船の石と流木
先日、プラ船水槽にらんちゅうを移した話を書きましたが、今日は、プラ船水槽のデコレーションの話です。
このプラ船水槽は、工事現場などで使用されるプラ船をホームセンターで購入して、赤玉土を敷いて水を入れ水草を植えたもので、ヒメダカやヒドジョウ、スジエビ、ヤマトヌマエビなどを飼育しています。(先日、らんちゅうが仲間に加わりました。)
プラ船水槽は夏や秋などの水草が多い時期には、それなりに良い感じなのですが、冬が近づき水草が減ってくると何となく侘しい感じがしてきます。
そこでプラ船のデコレーションです。
といっても、私の場合はそんなに大げさなものではなくて、以前に書きましたがまず流木を入れてみました。この流木を入れたことはなかなか効果があって、メダカやエビなどの中の生き物たちに喜ばれています。
そして、その後に、大海原に浮かんだ島をイメージして石(庭石)を入れました。
ただ石を入れるだけでは味気ないので、その石にコケを植えつけました。これで緑豊かな島の出来上がりです。
この島の周りをメダカたちが泳いでいる様子は観察して一人悦に入っています。
今は冬で水温も低く、新たなデコレーションをするにはあまり良い季節ではありませんが、水が温んでから、また少し手を加えてみたいと思います。
1225岩に植えつけたコケ