クロメダカの群泳
日本の代表的なメダカといえば皆さんはどんなメダカを思い浮かべるのでしょうか?
私たちの世代ではメダカといえばやはりクロメダカを思い浮かべます。
というかこの魚のことをクロメダカなどとは呼ばずに普通にメダカと呼び、川でタオルを使って捕まえたりした思い出があるありふれた魚でした。
元来メダカは田の魚と呼ばれるように、稲作文化とともに人間が田を広げていくのにしたがってメダカの生息域は広がっていったようで、昔から人にとても身近であったようです。
しかし、現在では様々な要因(外来魚による捕食、農薬や生活排水の影響、護岸工事の影響など)により環境省のレッドデータブックに記載され絶滅危惧種に指定されています。
メダカが本当に減ってしまって絶滅が危惧される状態なのかどうかについてはいろいろな議論がありますが、いずれにしてもここでいうメダカとはクロメダカのことで、私たち大人はメダカといえばクロメダカを思い浮かべます。
しかし、今の子供たちはメダカといえば、ヒメダカを思い浮かべるようです。
ホームセンターなどで安価に販売されているメダカの多くがヒメダカであったりするように、ヒメダカがすっかりメダカの代表的な品種として定着してきました。
もともとヒメダカは、(クロ)メダカの改良品種であり江戸時代から飼育されていたようですが、金魚と同じように体色が目立つことから観賞魚として親しまれてきました。
そして初心者にも飼育しやすいことでとても人気がある品種となりました。
ヒメダカを大量に養殖している金魚の養殖業者さんに聞いたのですが、熱帯魚の餌として需要があるためヒメダカを養殖しているとのことでした。
どうやら日本で養殖されているヒメダカのほとんどが熱帯魚の餌となり、残りの一部が飼育用に販売されているようです。
餌として飼育されているというのも可哀相な話ですが、このヒメダカのおかげで生きていくことができる熱帯魚もいるわけで、これも自然界(人間か関与していますが)の摂理なのでしょう。
ちょっと余談が長くなりました。
いずれにしても今はメダカブームと呼ばれていますが、クロメダカよりもヒメダカの方がありふれた品種となってきたわけで、これからはメダカといえばヒメダカを思い浮かべる方がますます増えていくのでしょうね。
飼育して観察する立場から言えば見栄えが良く目立つ魚の方が良いのは当たり前で(一部のマニアックな方には異論があるかもしれませんが)、ヒメダカが好まれるのもそれだけメダカ飼育が一般に定着してきたという証(あかし)なのでしょう。
人気のヒメダカ