あちらこちらで春の花々が満開です。家の周りでも花桃や芝桜などが咲いていますし、早くも藤の花が咲き始めました。1 早くも藤の花が
私のメダカ屋外飼育でも昨日と今日の2日間に盛りだくさんの出来事がありました。
冬だったならば4回位はブログの更新が出来そうなネタですが、ネタには困らない季節となりましたから今日は一挙に書いてみます。
【初採卵】
まず一つ目は、メダカの卵を初採卵したことです。
昨日と今日は仕事が休み。メダカの屋外水槽の手入れをしようと思っていたのですが、まずは先日からメダカが卵をつけ始めたことから採卵をしてみようと思い立ったのです。
しかし今年はまだ採卵に使用するホテイ草を購入していません。近くの神社のシュロの皮を使って採卵しようかなと最初は思ったのですが、園芸用品に付いてきたヤシの繊維があったことを思い出してこのヤシの繊維をメダカ池に入れてみました。朝9時頃のことです。
お昼前に確認してみると卵が30個ほど産み付けられていました。2 ヤシの繊維に産み付けられたメダカの卵
早速、卵だけを別の容器に移しました。孵化までには2週間程度前後はかかると思いますが、産まれてくる稚魚が楽しみです。
【ホテイ草の購入】
2つ目は、メダカの採卵用にホテイ草を購入したことです。
ヤシの皮も十分使用できそうなのですが、繊維が少しずつ抜け落ちるなどバラけてしまい池の中に漂ったりしていましたから、やはりホテイ草を購入しなければと考えたのです。お昼を食べてからホームセンターへ直行です。
しかしホームセンターの屋外園芸コーナーを覗いてみましたがまだホテイ草を売ってはいませんでした。園芸コーナーではスイレン鉢や水生植物用の土は売っていましたが、まだ早いのか肝心の水生植物はどこにもありませんでした。
それではということで同じホームセンターの屋内にある熱帯魚コーナーを覗いてみると、・・・・ありました。大量にあります。1株150円です。早速、2株購入しました。家に帰って水槽に投入しました。ホテイ草はどんどん増殖しますから今年はこれでホテイ草を新たに購入しなくても大丈夫でしょう。3 屋外水槽にホテイ草を投入

【温帯性スイレン「インディアナ」の購入】
昨年までは白色から薄黄色の花が咲くスイレンを栽培していましたが、今年は赤い花が咲くスイレンを栽培したいと思い立ち、インターネットで検索をしてみました。
すると「インディアナ」という温帯性スイレンが目に留まりました。花の大きさは10cm弱で花の色は濃いオレンジ、丈夫で初めて栽培される方にもおすすめとの事。早速、購入です。ためらわずにバスケットに入れ、レジへ。必要事項を書き入れて購入ボタンを押しました。こういう時は決断が早いのですよね。一昨日の金曜日の朝、なんと出勤前のことです。
支払いをコンビニ払いとしていたため、昨日(土曜日)のお昼過ぎにコンビニで代金を支払いました。
すると今日(日曜日)のお昼頃にに宅配便でスイレンが届きました。世の中、便利になったものです。
届いたスイレンはまだ小ぶりの葉が数枚、付いているだけで、当然、未だ花芽は見ることができません。早速、メダカ池の中央に鉢のまま入れました。4 届いたスイレン「インディアナ」

メダカたちは何事かと初めは警戒していましたが、やがてスイレンの葉の周りに寄ってくるようになりました。5 新しいスイレンにメダカたちが寄ってきます

これから太陽の光を十分に浴びて素敵な赤い(オレンジ色)の花を咲かせてくれると思います。楽しみ、楽しみ。
【楊貴妃メダカの稚魚 その後】
2月に産まれた楊貴妃メダカの稚魚ですが、なかなか大きくなりません。
やはり室内で加温なしでの飼育ですから、時間かなりがかかっています。
現在の様子は次の写真のとおりです。
6 少しずつ大きくなってきた楊貴妃の稚魚

これからは室内でも水温が少しずつ上がっていきますから、成長速度は上がると思います。(ホンマかいな?)
【おまけ】
今日も朝から快晴で気温が上昇し初夏の陽気に。屋外水槽の水温もグッと上昇です。特に青水水槽は、青色が太陽光を吸収するためなのか他の水槽よりも水温が上がっています。今日の11時で28℃もありました。
そろそろ温度対策が必要になってきそうです。また、水槽の移動が必要な季節が近づいてきました。やれやれ。

7 青水水槽のシロメダカ