ドウベンとヒメコウホネ
8月も後半。朝夕、少しずつ秋の気配が訪れてきました。
例年よりも秋の訪れが早いような気がします。
そんな今朝、メダカ池ではウォーターポピーの涼やかな淡い黄色の花が咲こうとしていました。
ウォーターポピー
朝7時40分、正に朝日を浴びてこれから徐々に咲いていくというタイミングでしたが、残念ながら出勤です。
夕方、帰宅をして確認をしてみるとウォーターポピーの花は萎(しお)れているのでした。
きっと日中にはさわやかな花を咲かせたものと思います。一昨日の出勤時にも蕾を見つけましたが、帰宅時にはやはり萎れていました。明日は休みですが、花を見ることが出来るのでしょうか。
ウォーターポピーは別名ミズヒナゲシとも呼ばれているブラジルやベネゼイラなどの南米原産の多年草です。
名前のとおりポピーに似た花を咲かせます。
葉は丸くて艶があり緑鮮やかで、花は淡い黄色(レモン色)でとてもさわやかな印象です。
いつも思うのですが、素敵な花ですよね。
今年はまだ良い写真がないので昨年の写真を載せますね。
2 ウォーターポピーの開花
【昨年の写真です。】

さて、夜、帰宅して食事をした後、恒例のナイトウォッチングです。
やはり真夏の熱帯夜の雰囲気ではなく、秋の始まりを感じさせる気温です。
こんな夜、成長してきた睡蓮の若葉の上にダルマメダカのかわいい姿を見つけました。
睡蓮とダルマメダカ
睡蓮とダルマメダカ、なかなか素敵な(良い)組み合わせです。
このダルマメダカ、この秋(9月)で屋外飼育を始めて1周年。
水槽が凍りつく冬を乗り切り、水温が上昇する夏を乗り越えてきました。
頼りない感じがするダルマですが、しっかりと屋外で飼育が出来ることを実感できる1年となりそうです。