今回(第4回目)は「屋外飼育水槽の情景」です。
メダカの屋外飼育水槽は器(うつわ)の形や水生植物によって、様々な情景を醸(かも)し出します。
今年のTokuze家の屋外飼育水槽の様子を写真で降り返ってみます。
楊貴妃メダカの屋外水槽2

楊貴妃メダカの屋外水槽1
▲和風の屋外飼育水槽です。ナガバオモダカが良い感じに繁茂しています。

楊貴妃の屋外水槽
▲ナガバオモダカが増えすぎた状態の水槽です。ここまで増えると少し間引きが必要となります。

睡蓮甕

味噌甕を利用した睡蓮甕
▲睡蓮を栽培している甕です。クロメダカを飼育しています。甕はメダカ飼育によく似合います。そしてメダカがいつも元気です。

7 青水水槽のシロメダカ

この青水水槽の中に
▲ヒメコウホネを栽培している水槽です。水が青水(グリーンウォーター化)して素敵な感じですね。

睡蓮の鉢
▲睡蓮の鉢です。睡蓮はメダカ飼育用の水生植物の定番です。

茶碗蓮の屋外水槽

咲いた花と散りゆく花
▲茶碗蓮の屋外水槽です。茶碗蓮の葉が夏のメダカたちに日陰を作ってくれます。

2匹のヒメダカが落ちたプラ船水槽
▲夏のプラ船水槽です。水生植物でいっぱいです。メダカはどこにいるのでしょうか。このような状態になるとメダカの稚魚が成魚に食べられることなく育つことが出来たりします。

プラ船水槽
▲秋のプラ船水槽です。苔を張った石(苔石)と流木が和風テイストを醸し出しています。

いかがでしたでしょうか。屋外水槽をどのような形にするのか、そしてどんな種類の水生植物を植えるのかによって、異なる雰囲気の水槽となりますよね。そしてそんな水槽でどんなメダカを飼育するのかをいろいろ考えることがとても楽しくなります。メダカの屋外飼育の醍醐味です。

次回は2009メダカフォトコレクションの最終回〜魅せるメダカたち〜です。どうぞお楽しみに。