IMG_4645
▲朝顔の緑のカーテンの葉陰に置かれたバケツ飼育水槽。手前が容量15リットル、奥が25リットルのバケツです。

天竜川の支流で行われた河川清掃のボランティアに参加してきました。
今年の酷暑で川で遊ぶ人の数も例年よりも多く、キャンプ、バーベキュー、釣りなどで川が汚れています。
ということで、一夏の間に河原に捨てられたゴミをみんなで拾います。
夏の陽差しを浴びながらの作業でしたが、子供達も多数、参加しており楽しくゴミを拾いました。
そして、私にはゴミを拾うだけではなく、もう一つの楽しみがあります。
それは流木を拾うことです。
前回のブログ記事でバケツに流木を入れる飼育スタイルを紹介しましたが、写真でご紹介した流木は市販されているものでした。
しかし皆さん、流木は探せば河原に転がっているのですよね。
実は昨年の11月には、今回と同じ川で素敵な流木を見つけたことがありました。(ここをクリックしてください。)
さて、今回は流木は見つかるのでしょうか・・・。

結果は、次の写真のとおり3点の流木を拾うことが出来ました。
IMG_4634

IMG_4633
▲河原に転がっていた流木3点。

河原に転がっている流木で一番多いのは、木の枝のようないわゆる棒で、あまり良いものではありません。
いろいろ探して、どうにかGET出来たのが、上の写真の3点です。
もちろん、ゴミもしっかりと拾っていますからね。誤解をなさらないように。

そして、ボランティアを終えて家に帰り、流木をしっかりと洗ってバケツに入れてみました。
使用したバケツは15リットル程度の容量のものです。
とりあえず、底砂を入れずに、どのような感じになるのかを確認です。
IMG_4639

IMG_4644
▲睡蓮を入れたバケツ水槽と、流木を入れたバケツ水槽。

いかかでしょうか。
なかなか良い感じのバケツの飼育スタイルの誕生です。
市販されている流木と同等、いやそれ以上ではないかと自己満足です。

ここで、流木を拾った場合の注意点を一つ。
流木には水に浮く物と、沈む物があります。
手に持った時に重く感じても、沈まない流木がありますから、事前に拾った川で試してみてください。
それから、拾った流木はタワシなどでゴシゴシとしっかりと洗ってから使用してくださいね。

IMG_4650

IMG_4655
▲このような甕(かめ)や市販水槽も素敵ですが、バケツ水槽も手軽にメダカ飼育を始めることが出来て、良いですよ。

さて、このバケツ飼育について、いつもコメントをいただくこじさんから、季節を追った企画としたらとの提言をいただきました。
皆さんにメダカのバケツ飼育を奨めた張本人ですから、機会を見ながらバケツ飼育の様子をお伝えしていきますね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。