P6136178

前回の記事でメダカの屋外飼育シーズンの開幕に向けて飼育環境のレイアウトを考えるのには、今がちょうど良い季節などと書いたのですが、今回は屋外でメダカ飼育をする時に使用する容器について考察してみます。

メダカの屋外飼育で最もポピュラーな物としてオススメは、やはり睡蓮などを栽培するための鉢(はち)でしょうね。
P6196260

睡蓮の鉢

睡蓮鉢はネットショップや園芸店やホームセンターで手軽に購入することが出来ます。
材質はプラスチック製のものから陶器や信楽焼のものまで様々ですし、鉢の深さや開口部の広さ、鉢の色なども千差万別です。
これらの鉢を(例えばネットショップの画像などを)眺めながら、睡蓮の葉と花を浮かべて周りをメダカが泳いでいる様子を想像するだけで思わずニヤニヤとしてしまいます。

なかなか手に入れることが難しいかもしてませんが、甕(かめ)使用してのメダカ飼育も和風テイストを醸し出しますし、良い感じになりますよ。
P6196256

P5155311

そして今、メダカ飼育容器で最も人気があるのがプラ船です。
プラ船水槽

プラ船

プラ船とは左官屋さんや土木業などの方々が土や原料などを混ぜたりするために使用するための容器なのですが、これがホームセンターで各種のサイズが販売されています。
このプラ船は土木関係という本来の用途のためにとても丈夫で耐性があるように造られていますから、屋外で長期間使用しても壊れることはまずありませんし、開口部が広いためメダカの飼育環境にはとてもピッタリの容器となっています。少し工夫すれば様々なレイアウトが楽しめます。
プラ船をメダカの屋外飼育用の容器として初めて使用された方は表彰ものですよね。さすがです。

また私は使用したことはありませんが、ホームセンターで販売されている大きなタライ(キングタライ)もメダカ飼育にはピッタリの容器でしょうね。

ポリエチレン製の各種屋外飼育容器もホームセンターで販売されていますから、手軽にメダカ飼育を始めるのには最適だと思いますよ。
なかなか凝った形のものが販売されています。
楊貴妃メダカの屋外水槽1

また、前回の記事にコメントをいただいたYOSHIKOさんのように古いタイルの流しを利用したり、使わなくなったベビーバスなどもメダカ飼育に利用出来ます。
身近な物を再利用した容器でメダカたちが元気に泳ぐ様子を観察できるということはとても素敵ですよね。廃棄物の再利用ということで、環境に優しく更にメダカも飼育出来るという一石二鳥のリサイクルです。

また再利用ではありませんが、同じく身近な容器としてはバケツも利用出来ます。
バケツ容器の利点は、取っ手が付いているので、移動がしやすいということでしょうね。
IMG_4644

また園芸用のプランターも水抜きの穴に蓋をすることが出来るものはメダカ飼育に利用できます。
ヤツガシラ

ヤツガシラ水槽

このようにメダカの屋外飼育には様々なものが利用できるのですが最後に注意点を一つ。
屋外飼育容器は、出来るだけ大きな物を利用されることをお勧めします。
その理由は、大きな容器の方が夏場の水温上昇や水質の悪化の影響が少ないということです。

手軽に始めることが出来るメダカ屋外飼育。来るシーズンに向けて今から飼育に使用する容器のことを考えるだけでウキウキとしてきます。
でも・・・、我が家には使っていない鉢がいくつもあったりして、これ以上、購入することが難しい状況ですし、置き場所もありませんし・・・。
でも、まあ夢見ることは自由ですからね。

皆さんは、今年はどのような容器でメダカを飼育するのでしょうか。
メダカ屋外飼育容器で何か工夫されている方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをお寄せください。

3 屋外水槽にホテイ草を投入

P5155316

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。