夏です。
梅雨が明けて、いよいよ真夏に突入という感じですよね。

実は昨日は一日中、炎天下の中で肉体労働をしていたのですが、こまめな水分補給のつもりが結局は夕食時にビールを飲み過ぎてしまいました。
感覚としては体内の水分がすべて入れ替わってしまったような・・・。
このブログをご覧の皆さんも熱中症にならないようにこまめな水分補給に心がけてください。
そして飲み過ぎにもご注意を・・・。

P7093483
▲メダカ池ではウォーターポピーが素敵な黄色の花を咲かせていました。コウホネの蕾もあります。

さて、このメダカ飼育日記ですが、訪問者数がいよいよ50万人目前(7月10日時点)となってきました。
40万人突破を今年の2月11日の記事でご紹介しましたが、ちょうど5ヶ月で10万人が私のブログを訪れてくれたことになります。
既にアクセス数では130万を突破していますし、ライブドアブログがどのような基準で訪問者数をカウントしているのかも分かっていませんから、いまさら一喜一憂するような事ではありませんが、メダカの屋外飼育の楽しさを伝えようと始めたブログですから、やはり大勢の皆さんに見ていただいているということが数字で確認出来ると言うことは、それなりの達成感があります。(パチパチ

P7093493
▲群れ泳ぐヒメダカたち。(バケツ水槽)

このまま順調に行くと今度の土日(週末)前までには50万人に到達しそうな勢いです。

それにしても日本人は区切りの数字が大好きですよね。
「入場者数100万人突破記念セレモニー」とか、「開店10周年記念セール」など、区切りの数字でイベントが行われたりします。

ということで私も区切りの数字が大好きな日本人ですから、今回の記事は「訪問者50万人到達直前特別企画」(それにしても無理矢理感が強いですよね〜。)ということにして、どのような記事にしようかといろいろ考えてみました。
考えること3日間というのは冗談で、3分間ほど考えた結果、「ブログの流儀」と銘打って、いままで書いてきた記事のタイトル(題名)についての考察をすることとしました。

とてつもなく地味な企画という声が聞こえてきそうですね。

40万人突破の時は過去記事の中から人気記事のトップ3をご紹介したのですが、過去記事を振り返るのは、こんな時にしか出来ませんから、私にとってはちょうど良い企画です。
ということで、今回は記念企画ですから、いつもと記事の雰囲気が違っていますが、お暇な方はお付き合いくださいませ。

P7093507
▲睡蓮の若葉にヒメダカの幼魚が寄り添います。

では、ここからが今日の本題です。

ブログを書いていて、いつも悩むのが記事のタイトル(題名)です。
記事のタイトルの付け方によって読者の皆さんの関心の持ち方が大きく変わってきます。
せっかくブログを書くのですから、少しでも多くの人に読んで欲しいですよね。

私のブログでは、記事のタイトルの付け方には大きく分けると5つのスタイルがあります。
今回はその5種類のスタイルについて、実際に使用したタイトルを実例にして過去記事を振り返ってみたいと思います。(今回紹介をした記事のタイトルをクリックすると、過去記事にリンクします。時間がある方はどうぞ、ご覧ください。)

P7093523
▲メダカが泳ぎます。ヌマエビも泳ぎます。

【1.インパクトを重視してタイトルを付ける場合】
まずはタイトルで驚かせて記事を読ませるという手法です。成功したのかは・・・不明です。残念。

実際の使用例です。
【2007.12.11】メダカを食べる?!
 えっ、メダカを食べちゃうの!とビックリして読む人がいるのかも・・・ね。
【2008.6.28】恐怖!ヒドラの襲撃
 いきなり「恐怖!」です。そして「ヒドラの襲撃」です。いったい何が起きたのでしょう。世にも恐ろしそうです。ホラーです。
【2008.9.1】メダカを食うブラックバスは宙をも飛ぶのか
 果たしてブラックバスは宙を飛ぶのでしょうか。もしかしたら飛ぶのかもしれませんね。私は見たことはありませんが。
【2009.6.7】最後のメダカ
 最後にメダカを見たのは・・・。近未来にはこんなことになっているのかもしれません。
【2008.7.6】虫が好かない
 虫が好かないのは、このブログ!・・・などとは言わないこと。
【2009.6.26】あるメダカ飼育者の悲劇
 どうやらメダカ飼育者に悲しい出来事があったようです。人の不幸はとても気になります。
【2009.7.14】飛び跳ねる白い綿のようなもの
 白い綿のようなものが飛び跳ねます。もしかしたら、あれなのでしょうか。その答えは・・・。

P7093502
▲昼下がりのアオメダカです。物憂げな(アンニュイな)様子に見えるのは私だけ?

【2.どこかで聞いたことがあるようなタイトルを付ける場合】
次にご紹介するのは、有名な本や映画などの題名から記事のタイトルをお借りしたものです。というかほとんどパクリですが・・・すみません。

実際の使用例です。
【2007.4.30】メダカは目高であること
 記念すべき我がブログの第1回目の記事なのですが、実はこのタイトルは、児童文学の名作「ぼくがぼくであること(山中 恒 著)」からタイトルを考えました。
【2008.9.16】ヒメダカの冒険
【2010.6.12】イトミミズを巡る冒険
 上の二つの記事のタイトルは、皆さんご存じの村上春樹さんの「羊をめぐる冒険」から付けたものです。
【2007.12.8】ナイトミュージアム(初冬編)
【2008. 3. 3】ナイトミュージアム(早春編) 
 このタイトルは・・・超有名な映画の題名からいただきました。そのままです。すみません。
【2010.6.5】メダカと鴨のコインロッカー
 伊坂幸太郎さんの「アヒルと鴨のコインロッカー」から題名を付けました。これもそのままです。まあ記事の中でも触れていますから、いまさらなのですが・・・。

P7093566
▲楊貴妃のスマートな肢体です。凜としています

【3.出来事そのままをタイトルとして付ける場合】
 タイトルを読むだけで記事の内容まで分かってしまうという、ブログ作成者の理想?のタイトルの付け方です。この頃の記事はほとんどこのスタイルです。難点はタイトルで内容が分かってしまいますから記事をなかなか読んでくれないこと?でしょうね。

実際の使用例です。
【2009.12.18】寒波襲来 メダカたちは氷の下
 寒波が襲来したようです。屋外飼育水槽が凍ってメダカたちは氷の下にいるのでしょうね。と皆さんが考えたとおりの記事です。
【2007.5.13】味噌甕をスイレン鉢の代用に
 味噌甕(かめ)をスイレン鉢の代わりに使用していることを記事にしてみました。タイトルどおりの正統派?の記事です。
【2009.10/4】ミナミヌマエビの大繁殖
 ミナミヌマエビが大繁殖しました。タイトルがすべてという典型的な記事です。見事なタイトルですね。

P7093568
▲クロメダカです。素早い動きに驚かされます。

【4.自慢したいことをそのままタイトルにする場合】
 自分の身の回りで起きた出来事を自慢するかのように書いているというちょっと嫌らしい記事です。時々、こんな記事を書いてしまいます。

実際の使用例です。
【2009.1.19】このブログの自作本が今月の1冊に選出
 タイトルのとおりです。別に大したことはなかったのですが、その時は嬉しかったんですよね。きっと。
【2009.3.17】メダカ飼育の疑問は解決!必読のメダカ飼育本いよいよ発売
 私の写真が使われている飼育本の紹介記事です。この本の発売について私のブログで紹介することを編集者に連絡するととても喜んでいたのですが、果たして売れているのでしょうか。まさか絶版なんてことはありませんよね。

P7093549
▲上から見ても横から見ても楊貴妃です。

【5.メダカ飼育に役立つ内容をそのままタイトルにする場合】
 メダカ飼育のお役立ち記事です。読者の皆さんは、このような記事を本当は望んでいるのでしょうね。きっと。

実際の使用例です。
【2009.11.29】メダカのオスとメスの見分け方
 メダカにオスとメスがいることが分かっている方は、この記事を読むべし!
【2009.10.25】藍藻(らんそう)対策を大募集
 藍藻は増えるし臭うし大嫌いです。ということで対策を大募集しました。分かりやすいタイトルですね。皆さんも参考にどうぞ。


さて、今回の訪問者50万人到達直前特別企画は、いかがだったでしょうか?
過去記事の一部を使ってタイトルの付け方を考察をしてみました。

今回は5種類のタイトルの付け方があると書きましたが、実際には更に細分化が出来ます。しかし、際限がありませんから記事の進行上、今回は5種類としました。(いいかげんですよね。ご容赦を・・・。)

最後に読者への質問です。
今回の記事のタイトル「ブログの流儀」は今回ご紹介した5種類のどのスタイルに該当すると思いますか。

P7093513
▲ヒメダカです。メダカといえば多くの人がヒメダカと答えるほどポピュラーになりました。

その答えは・・・「2.どこかで聞いたことがあるようなタイトル」です。つまりパクリです。
伊集院静さんの「大人の流儀」という話題の本からタイトルのアイデアをいただきました。
気になる方は、ぜひ実物をお読みくださいね。

さて、今週は岡山に仕事で行ってきます。50万人突破の頃は、岡山市内にいるのかも。
メダカの世話は息子にお任せです。
では、また。

メダカの屋外飼育に興味がある、又は飼育を始めてみたいと思っている方は次の記事をご覧ください。
◎「GWにメダカの屋外飼育を始める方へ
「メダカのバケツ飼育のすすめ」← クリック

これからの季節の水温上昇対策については下記の記事を参考にしてみてくださいね。
「メダカ屋外飼育水槽の水温上昇対策」
「夏場の水温上昇対策(その2)」
「スーパー猛暑の対処法」

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。