P7163634
▲プランターの屋外飼育水槽では睡蓮が開花しました。

暑い日が続いています。
今日も朝から夏の陽差しが降り注いでいますから、日中はかなり水温が上昇している筈です。
こんな時にメダカたちの様子を見ると、なんとなく元気が無いような感じがしてしまいます。
気のせいだけなら良いのですが、今の時期は水温上昇とともに水質も変化しやすくなっていますから注意が必要です。
P7163611
▲メダカの屋外水槽にスズメバチ?が水を飲みにやってきました。触らぬ蜂に祟りなしですね。

せっかくの休日ですから、気になっていた水槽の設置箇所を思い切って移動させることにしました。
家の東側の軒下にプラ船、プランターの屋外水槽、幼魚たちのバケツ水槽などを集中して置くことにしたのです。

水槽の移動には段ボールの上に乗せて、ゆっくりと引き摺るという定番の手段がありますが、生憎(あいにく)、ちょうど良い段ボールがありません。
ということで、今日は力業(ちからわざ)での移動です。

家で勉強をしていた長男を無理矢理に呼び出して、二人で水槽をゆっくりと移動させました。
迷惑な父親ですが、まあ大事なメダカの為ですからね。
水が少しこぼれたりしましたが、無事に移動成功です。

P7173747
▲家の東側の軒下にメダカ屋外飼育水槽が並びました。

ここなら、朝の10時過ぎ頃までは日が当たりますが、その後は日陰になってくれますから一安心です。

そして我が家の朝顔の緑のカーテンは、まだ隙間だらけですが、それでも少しは日陰を作ってくれますから、アオメダカを飼育している鉢をこのカーテンの裏に設置しました。
P7173750
▲まだ隙間がありますが、緑のカーテンが日陰を作ってくれます。

P7173758
▲アオメダカが日陰の中でのんびりと泳いでいます。

その他の水槽は、簡易の水温上昇対策をしてありますから、そのままにしておきました。
睡蓮甕(かめ)が二つありますが、さすがに甕は重くて動かすことが難しいですよね。
P7173755
▲楊貴妃の水槽はカシワバアジサイが日陰を作ってくれます。

P7173761
▲睡蓮甕とヒメダカのバケツ水槽は、昼過ぎに2時間程度、陽差しが差し込む玄関脇に設置してあります。

今年の夏も猛暑が予想されます。(というか、既に猛暑です。)
皆さんもメダカ屋外飼育水槽の水温上昇対策を早めに行ってください。

これからの季節の水温上昇対策については下記の記事を参考にしてみてくださいね。
「メダカ屋外飼育水槽の水温上昇対策」
「夏場の水温上昇対策(その2)」
「スーパー猛暑の対処法」


さて、今日の記事の最後は、恒例のメダカの写真です。

昨晩も夕涼みを兼ねて夜間のメダカ観察を行ったのですが、夜のメダカたちは、とても素敵な表情を見(魅)せてくれるのでした。

P7163667
▲楊貴妃メダカです。妖艶な感じがします。

P7163727
▲クロメダカが睡蓮の葉陰から顔を出しました。金色に輝きます。

P7163677
▲サヨナラと楊貴妃が帰っていくのでした。

台風の進路が気になりますね。被害が出ないことを祈るばかりです。
では、また。

メダカの屋外飼育に興味がある、又は飼育を始めてみたいと思っている方は次の記事をご覧ください。
◎「GWにメダカの屋外飼育を始める方へ
「メダカのバケツ飼育のすすめ」← クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。