P9245375
▲ヒメダカの幼魚です。

今回はバケツ水槽で飼育しているヒメダカの幼魚たちの様子をお伝えしながら、メダカ飼育について少し考察をしてみます。
P7233883
▲これが話題(?)のバケツ水槽

今やメダカと言えば多くの方が「ヒメダカ」と答えるほどポピュラーになりましたが、流通量が多くて値段が安く、丈夫で飼育がしやすくて、そして観察もしやすいという良いとこずくめなのがヒメダカです。
P9245373
▲愛嬌のある顔付きですね!

私はメダカ屋外飼育の定番となったヒメダカたちをバケツを利用した水槽で飼育しているのですが、このバケツ水槽のメダカたちが産まれた場所は、な、なんと・・・洗面器なのでした。
P5292022
▲洗面器で産まれた稚魚です。

別に大げさに驚くことではないのですが、メダカたちは「洗面器」から「バケツ」へと住環境(飼育容器)がステップアップ(?)したことになります。
実際は、これをステップアップと呼んでいいのかどうかは疑問ですが、容器の水量がかなり増量していることだけは確かですよね。1DKから2LDKに移ったくらいの感じでしょうか。

それにしても「洗面器」と「バケツ」ですから、アットホームなお手軽感が見事に漂っています。
容器からもメダカ飼育がいかに親しみやすく手軽に始めることが出来るのかということがよく分かると思います。
P5291969
▲先輩の稚魚(大)と後輩の稚魚(小)が仲良く泳ぎます。

まあ、メダカ飼育者の基本中の基本を見事に表わしている「メダカ飼育者、容器を選ばず」(愛情を持ってメダカを飼育している者は、どのような容器であってもメダカを飼育することが出来るという意味)という有名(?)な格言(by tokuze)がありますからね。

メダカ飼育者たる者は、このような覚悟で飼育をしなければなりません。(といつも自分に言い聞かせているのですが、なかなか思ったようにはいかないこともあります。やれやれ。)

それでは、私が愛情を持って育てている「洗面器産まれバケツ育ち」のメダカたちの様子をしばしご覧ください。
P9245388
▲ちょっと戯けてポーズです。

P9245363
▲体色に赤が強く出ています。楊貴妃?

P9245348
▲う~ん、特徴ある体型ですね。がっちり型です。

P9245364
▲スマートな肢体です。

P9245355
▲胸ビレで合図。右へ曲がります。

さて、バケツ水槽のヒメダカたちは、いかがでしたでしょうか。
記事に書きましたが、どのような飼育容器を使ってもメダカたちに対しては、愛情を持って飼育をしたいものです。たとえ、容器が洗面器であってもバケツであっても何であっても同じことですよね。
なんといっても「メダカたちは、飼育者と住環境(容器)を自分では選ぶことが出来ない」のですから。

皆さんも愛情を持ってメダカに接し、そしてメダカ飼育を楽しんでください。
では、また次回。

P9245354

P9245393


メダカの屋外飼育に興味がある、又は飼育を始めてみたいと思っている方は次の記事をご覧ください。
◎「GWにメダカの屋外飼育を始める方へ
「メダカのバケツ飼育のすすめ」← クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。