P8315704
▲メダカたちの群泳

メダカが泳いでいる様子をイメージした場合に、1匹のメダカだけを思い描く人はいません。(キッパリ)
必ず多くのメダカが泳いでいる様子をイメージする筈です。
このように私たち日本人はメダカといえば群れ泳ぐというイメージが染みついているのです。
(もちろん、100人に聞けば、中には1匹だけのメダカをイメージする人がいるかもしれませんが、記事の都合上、いないことにします。)

実際に野生のメダカたちを観察すると、多数のメダカが集まって群れ泳いでいますし、逃げる時も一緒に同じ方向へ泳ぎます。
魚が群泳するのは、一般には補食者からの攻撃を受けた時に多数で泳いでいた方が生き残る確率が高いことが理由であると言われています。
確かに鳥などに襲撃されたり、他の魚などに襲われた場合には、群れをつくっていた場合には様々な方向に逃げますから、被害は最小限にとどまるような気がしますよね。

う〜ん、でも実際はどうなんでしょうねぇ。
「一網打尽」という言葉がありますが、群れている所に網を入れれば、正(まさ)に一網打尽で大漁ということになります。
まあ、もともとメダカたちにとっては、網を使う人間のような補食者は想定していなかった筈ですからね。

ということで、自然界だけではなく人工飼育環境でもメダカは群泳をさせたいものです。
まあ、通常はメダカを1匹だけ飼育しているなんて場合はイレギュラーな状況ですからね。

さて、我が家のビオトープ、メダカ池です。
ここではヒメダカたちやタナゴ、ドジョウなどを飼育しているのですが、このメダカ池ではメダカたちの群泳を思う存分に楽しむことが出来ます。

P8315657
▲メダカ池です。

さすがにメダカ池には水の流れがありませんから、同じ方向には向いていませんが、メダカたちは思い思いに泳いでいるのでした。

P8315715

P8315697
▲ヒメダカたちが群れています。

それにしてもヒメダカの群泳は良いですよね。何よりも体色が目立ちますからしっかりと観察できます。
クロメダカですと、次の写真のような感じになりますから、あまり目立ちません。

IMG_6304 2A
▲自然界のクロメダカ

晴天で水面が反射したような場合には、メダカがいることすら気が付かないこともあります。
まあ、自然界では外敵に襲われないために目立たないことがとても重要ですからしょうがないのですが・・・。

P8315660

P8315709
▲ビオトープではヒメダカの群泳がオススメです。

まあ、人工飼育環境では、しっかりと目立つヒメダカなどの品種でじっくりとメダカたちの群泳を楽しみましょう。

大雨が降ったり、竜巻が起こったりと不安定な天候が続いています。
早く秋晴れの清々しい天気になって欲しいものですよね。
皆さんもメダカの屋外飼育を存分に楽しんでください。
では、また次回。

このブログの応援の為に下にある日本ブログ村投票バナーのクリックをお願いします。
プチッとクリックすると「メダカブログ人気ランキング」をご覧いただけます。


クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村