梅雨が終わったかのような真夏の気候が続きましたが、今日は生憎の天気です。
それにしても今週は暑かったですよねぇ〜。そのまま蕩(とろ)けてしまいそうでした。
県内では38度を記録した地域もありましたが、皆さんのお住まいの地域はいかがでしたでしょうか。

さて、今回は7月の我が家の屋外飼育水槽の様子をお伝えします。

まず最初は庭の睡蓮瓶です。
P7025262 (1)
▲庭の睡蓮瓶

上手い具合に睡蓮の葉が水面の上まで伸びて、しっかりと日陰を作っています。
まるで日傘をさしているような感じです。
メダカたちは睡蓮の葉が作る日陰と日向を行ったり来たり。気持ちよさそうに泳いでいるのでした。
P7025258 (1)
▲睡蓮の葉が日陰を作っています。

そして、睡蓮瓶の縁の周りには水苔がびっしりと繁茂して気持ち良さ気な情景を醸し出しています。
P7025297 (1)
▲水苔が縁の周りを覆っています。 

次は軒下に設置している睡蓮鉢です。
この鉢でも睡蓮の葉がメダカたちの身の寄せどころとなっています。
やはり睡蓮の葉とメダカはベストマッチングですよね。
P6115207 (1)

P7025265 (1)
▲睡蓮瓶のヒメダカたち。

次はお馴染みのプラ船水槽です。
P7025267 (1)
▲プラ船水槽。苔石がシンボルです。

苔石の周りがメダカたちの遊び場所です。苔石の周りをメダカたちが群れながら泳いでいます。
P7025270 (1)
▲アオメダカと楊貴妃。

苔石の苔が少し傷んできています。どうやらカエルがいたずらしたようです。
先日の夜には、どこからかカエルがこのプラ船にやってきて、賑やかに鳴いているのでした。

最後にメダカ池です。
P7025284 (1)
▲睡蓮とヒメダカ。

ここでも睡蓮の大きな葉が夏の陽射しを遮り日陰を作っています。
やはり、メダカにとっては水面が広い環境の方が良いのでしょうね。
メダカたちは群れながらゆったりと泳いでいるのでした。
P7025278 (1)

P7025272 (1)
▲メダカ池のメダカたちはゆったりと泳いでいるのでした。

今回は7月のメダカ屋外飼育水槽の様子をお伝えしました。
庭の睡蓮瓶や大型ポリバケツ水槽などの今回、紹介できなかった水槽については、また機会を見て紹介をしますね。
梅雨にも負けず、そして真夏の暑さにも負けずにメダカの屋外飼育を楽しみましょう。
水温上昇対策を忘れずに。
では、また次回。


▲▼▲▼水温上昇対策はココをクリック▲▼▲▼

クリック

    
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村


クリック

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村