PB031120
▲南アルプスの紅葉

前回に引き続き、秋の飼育水槽の様子をお伝えします。
今回は睡蓮瓶(すいれんかめ)です。
我が家では睡蓮瓶が2つあります。
一つは庭に、そしてもう一つは玄関脇に設置してあります。
この2つの瓶には、10月になってから屋内で飼育をしていた今年生まれの仔メダカたちを移しました。

まずは庭の睡蓮瓶です。
PB066597 (1)
▲庭の睡蓮瓶

11月になってからは水温が下がってきましたから、残念ながら屋外飼育水槽のメダカたちの食欲は落ちてきています。
PB066601 (1)
 
PB066595 (1)
▲庭の睡蓮瓶のメダカたちの様子

そんな屋外飼育水槽の中でメダカたちの活性が一番高いのがこの水槽だと思います。
不思議なことにこの瓶のメダカたちは他の水槽のメダカよりも食欲があるのです。

そして、この水槽を観察していて驚いたことがありました。
先週の日曜日なのですが、卵をお腹に付けて泳いでいるメダカを発見したのです。
PB066587 (1)
▲卵をお腹に付けて泳ぐメダカ

気温が上昇していましたし、この睡蓮瓶は日当たりが良い場所に設置してありますから、このことがどうやら産卵につながったようです。
産卵の様子は屋外では今シーズンはもう見ることが出来ないのではと思っていたので、少し得をしたような気分です。 

次は、玄関脇の睡蓮瓶です。
PB066605 (1)
▲玄関脇の睡蓮瓶

この瓶のメダカたちも、冬が近いのにそれなりに元気があります。
PB066606 (1)
▲睡蓮瓶のメダカたち

この水槽では、ミナミヌマエビが爆殖していますが、そのミナミに負けず劣らず元気に泳いでいるのでした。
PB066604 (1)
▲冬に備えて今のうちにしっかりと食べて欲しいものです。

この2つの睡蓮瓶ですが、睡蓮の葉が枯れてきてすっかり秋の装いになってきました。

水温が下がり、メダカたちが水面に浮上してこなくなる冬の訪れが迫ってきています。
特に、今年生まれたメダカたちにとっては始めての冬を迎えます。
PB066630 (1)
▲今年産まれのヒメダカ(庭の睡蓮瓶)

メダカたちには、寒い冬を乗り越えるためにも今のうちに出来る限り、餌を食べて体力を付けて欲しいと思っています。

今回は、睡蓮瓶のメダカたちの様子を写真でご紹介しました。
では、また次回。

メダカ写真満載のブログです。
クリック⇒
Tokuze's Medaka Photolog

「にほんブログ村」の「ビオトープ」と「メダカ」カテゴリーのランキングに参加しています。応援していただける方は下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村