メダカのの屋外飼育では飼育容器を何にするのかを考えることがとても楽しいことです。
睡蓮鉢や甕、プラ船、トロ船など様々な飼育容器がありますが、皆さんは何をお使いでしょうか。
P8075796 (1)
▲プラ船で作ったミニビオトープ。

P8075820 (1)
▲睡蓮甕

P8075772 (1)
▲睡蓮鉢

P7315710 (1)
▲大型ポリバケツ

現在の我が家のメダカの屋外飼育容器ですが、睡蓮甕が2つ、睡蓮鉢が一つ、強化プラの屋外飼育容器が一つ、大型ポリバケツが一つあります。(あと、メダカ池があります。)
そして、今回、ご紹介するのが角形のジャンボタライです。
この容器がかなりの優れ物なので皆さんにオススメをします。
0CB20767-EC15-4435-B256-2A9939A0E01B
▲おススメのジャンボタライ

メダカは、とても小さな魚ですから小さな水槽やバケツなどの容器でも飼育ができるのですが、それなりの水量が確保できる大きな容器の方が水質も安定して飼育がしやすくなるのです。
小さな飼育容器で育てることも楽しいのですが、その場合の飼育にはそれなりの難しさがあります。

F271B82F-FEE7-46EC-A780-843C73E5E582
▲睡蓮栽培にも適しています。

ジャンボタライは、プラ船やトロ船と比べても開口部の広さは変わりなく更に水深もありますから、必然的に水量も多く水質も安定してメダカの飼育容器には最適です。
そして、水深がありますから睡蓮の栽培にも適しています。
ジャンボタライはホームセンターやネットで手軽に購入することができます。価格も安価です。

我が家のジャンボタライは、屋内で飼育している稚魚がある程度まで育ってからの屋外デビューのための飼育容器として利用しています。つまり幼魚の飼育場所です。

PA266577
▲プラ船です。ジャンボタライと比べると水深は浅いのですが、ビオトープとして様々なスタイルが楽しめます。

ただ難点が一つあります。それは、鉢や甕などに比べると広いスペースが必要となるということです。
7666CEB6-D668-4B95-A449-6501C4883726
▲少し広めのスペースが欲しくなります。

ジャンボタライにも様々な大きさがありますから、設置スペースに合わせた大きさのものをご利用ください。

P7315743 (1)
▲メダカ池です。メダカが元気に泳ぎます。

今はメダカの産卵期ですからメダカ飼育がとても楽しい季節です。
ぜひ、ジャンボタライでの飼育にもチャレンジしてみてください。

024E1753-6F21-49D7-8D80-A28DF5A8249B
▲初夏がもうすぐです。

メダカの屋外飼育を楽しみましょう!

<このブログを応援いただける方は投票をお願いします。>

blogmura_pvcount