Collage_Fotor1_Fotor2
▲「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

P5304543
▲広々とした水面。どこの池なのでしょうか?でも、実は・・・。

広々として水深もある水面(みなも)にいくつもの睡蓮の葉が広がり、メダカたちが気持ちよさそうに泳いでいます。
皆さんは上の写真を見てどこかの池の写真と思われるのではないでしょうか。

しかし、実は池ではありません。この写真はジャンボタライを使用したメダカたちのビオトープのものなのです。

実は数回前のこのブログで「
屋外飼育には角型ジャンボタライが最適がおススメです!」という記事を書き、おススメの飼育容器として「ジャンボタライ」を写真でご紹介しました。
その記事の中で、「ジャンボタライは、プラ船やトロ船と比べても開口部の広さは変わりなく更に水深もありますから、必然的に水量も多く水質も安定してメダカの飼育容器には最適です。そして、水深がありますから睡蓮の栽培にも適しています。ジャンボタライはホームセンターやネットで手軽に購入することができます。価格も安価です。」とご紹介したのですが、写真では、まだ睡蓮の葉が水面にあまりなくて寂しい感じでしたし、睡蓮栽培に本当に最適なの?と疑問を持たれた方もいたのではないかと思います。
その時の様子が下の写真です。こんな感じでした。

0CB20767-EC15-4435-B256-2A9939A0E01B
▲水面が寂しいジャンボタライ。睡蓮栽培に本当に最適なの?

こんな寂しい様子のジャンボタライが今では・・・。

「なんということでしょう!」(大改造!ビフォーアフター(TV朝日)のナレーションみたいですね。)こんなに素敵なメダカたちの楽園になりました。

P5304546
▲水面にはいくつもの睡蓮の葉が広がり、メダカたちも嬉しそうです。

いかがでしょうか?
ジャンボタライがしっかりとビオトープ(風)になっています。
メダカたちも元気いっぱいに泳いでいます。
そして更にうれしいことに睡蓮の花の蕾(つぼみ)がグングンと水面に向かって成長中なのです。

P5304536
▲蕾がもう少しで水面に顔を出します。

このジャンボタライは、屋内で孵化したメダカたちの屋外デビューの飼育容器として使用しているのですが、繰り返しの説明になりますが、それなりの水量が確保できますから、水質や水温も安定してメダカの飼育にとても適した容器なのです。

P5304544

P5304535

少し広めのスペースが必要となりますが、プラ船やトロ船が置ける環境であれば大丈夫です。ホームセンターや通販でも購入できますから、気になる方はぜひ、ジャンボタライでのメダカ飼育にチャレンジしてみてください。
睡蓮の花が咲きましたら、またご紹介しますね。

最後に、蛇足のような情報ですが、先日の日曜夜7時から放送された日本テレビの「ザ!鉄腕!DASH!!」の中で、このブログの写真が使用されました。コケを食べようとするメダカの写真です。番組から使用許諾の依頼があったのでOKをしました。あまり良い写真ではなかったのですが・・・。こんな写真です。

P8190619

ご覧になった方も多いと思いますが、写真が出たのは一瞬でしたから気が付かなかった方もいらっしゃると思います。とりあえず報告です。

0604BA86-C323-4E09-8DCA-CC6BB92CFBA5
▲メダカ池の傍のたんぼぼの綿毛です。フゥーと吹いてみたくなりますよね。条件反射でしょうか。

メダカの屋外飼育を楽しみましょう。

<このブログを応援いただける方は投票をお願いします。>
blogmura_pvcount