Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。


このブログを再開して2ヶ月を経過しました。
その間、メダカ屋外飼育容器として「角型ジャンボタライ」を2回ほど記事にしましたが、今回もジャンボタライの話題です。

過去記事
屋外飼育には角型ジャンボタライが最適がおススメです!
おススメのメダカビオ容器、角型ジャンビタライの今! 

前回の記事で、ジャンボタライに睡蓮の蕾を見つけたことを報告しましたが、昨日(6日)、素敵な花が咲いたのです。 
待望の開花です。

P6064685_Fotor

赤い睡蓮の花です。

メダカの屋外飼育では睡蓮を栽培することが多いのですが、睡蓮栽培をしていれば、やはり花が咲くことが一つの目標となります。
自分は睡蓮をメダカ飼育を楽しむための水性植物として、様々な容器で栽培していますが、ほとんど手をかけていないため、花が咲く時もありますし、咲かない時もあります。

このようにいい加減な栽培なのですが、今年は何故か順調に開花をしていて5月に開花した白い睡蓮に引き続いての開花となりました。

睡蓮が開花!(5月22日の記事)
P5204485

睡蓮が開花すると、睡蓮の花とメダカを一緒にして写真を撮りたくなりますよね。
屋外飼育者の性(さが)なのか、それとも日本人の習性なのか、知らぬ間にカメラを持ってパチリパチリと撮影してしまうのでした。

P6064691_Fotor

睡蓮の花と、花の周りを泳ぐメダカの様子を写真にしてみる、とても似合いますよね。ベストマッチなのです。(飼育者の勝手な思いなのですが。)

P6064698_Fotor

睡蓮の花言葉は、「信仰」「純情」「愛情」など。清らかなイメージがあります。確かに陽の光を浴びて開花する睡蓮の花は信仰の対象にもなるのかも知れません。

P6064688_Fotor

ということで、今回はジャンボタライでの赤い睡蓮の開花という自分にとっての大きなトピックを記事にしてみました。

ブログ再開後は、週1回または2回程度の更新を続けていくことを基本としていて、無理をしないことがブログ継続の秘訣と考えています。
本来であれば今回はまだ更新のタイミングではないのですが、キレイな睡蓮の花の様子を伝えたくての記事更新です。

皆さんもメダカの屋外飼育を楽しんでください。
そしてぜひ睡蓮の開花を楽しんでください。メダカ飼育がますます楽しくなりますよ。


<このブログを応援いただける方は投票をお願いします。>
blogmura_pvcount