Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

IMG_9101

梅雨です。ジメジメとして鬱陶(うっとう)しい日々が始まりました。

IMG_5048 (1)

メダカの屋外飼育では、梅雨の季節は大雨の影響を気にすることとなります。
大雨でなくても、長雨が続けば屋外飼育水槽の水が溢れてしまい、場合によってはメダカも一緒に流されてしまいます。

P6239672a

メダカの屋外飼育では、梅雨の大雨対策はどのようにすれば良いのでしょうか。
大雨対策については、以前も記事にしていますが、今回は以前の記事を加筆修正してご紹介しますね。

1 軒下など雨が防げる場所に水槽を設置
大雨対策として自分が一番、オススメするのは、雨が直接、降り込まないような場所、例えば軒下などの屋外ではあるけれど、雨をしのげるような場所に屋外水槽を設置することです。
この軒下に水槽を置く利点は他にもあります。
直射日光を避ける(または日が当たる時間が短くなる)ことができることから、夏の水温上昇対策にもなるのです。一石二鳥となる設置場所です。。


P6112514
▲我が家の玄関脇の睡蓮瓶。軒下なので雨が降り込んでも水が溢れることはありません。

もちろん、完全に雨を防ぐことができるわけではありませんが、自分の経験では適度に雨が降り込む軒下は屋外飼育者にとっては、日が当たり雨も降るということで自然の中でメダカを飼育しているという満足度が高い(自己満足ですが)設置場所なのです。

P6112520
▲軒下の睡蓮鉢

2 庭木や低木の下に水槽を設置
次の対策は、庭木や低木などの下に水槽を置くことです。木の枝や葉が茂っていることで、雨が一度に大量に降り注ぐことを防ぐことが出来ます。(当然、葉の密度によって効果が異なります。)また、軒下と同様に直射日光を防ぎますから、水温上昇対策にもつながります。木漏れ日の下に屋外水槽が設置してあるのは素敵ですよね。
ただし、落葉する木の場合は、水槽の中に葉が落ちますので注意が必要です。

P6182693
▲柊の葉が雨の影響を軽減します。

3 水槽を雨が当たらない場所に移動する
水槽を移動することが出来れば、大雨対策になりますよね。
しかし、通常はなかなかこのような対策は出来ません。大きな水槽を動かすことは難しいのです。
このようなことを行うためには飼育水槽を設置する段階で、移動できる水槽にする必要があります。
移動できる飼育水槽としてオススメなのが「バケツ」です。
以前に記事にしていますから、気になる方は御覧ください。

メダカのバケツ飼育のススメ

バケツなら取っ手があり、丈夫ですし手軽に移動できますから、設置場所を選びません。屋内にも運び込むことができます。
外観を気にしなければバケツも飼育水槽の有力な選択肢になりますから、メダカの水槽を新たに設置したり、更に数を増やそうと考えている方はぜひご検討ください。

IMG_4541
▲バケツ水槽の準備

P8217363
▲バケツ水槽でもこんな感じでメダカ飼育を楽しめます。

4 水抜き穴がある容器を使用する
大雨時に水が容器から溢れてメダカが流されないための対策として水抜き穴がある水槽を使用するという方法があります。
以前にもご紹介しましたがホームセンターで売られているベジタブルプランターの中には水抜き穴が設けられているものがあります。

P8064086
▲ベジタブルプランターを利用した飼育水槽

下の写真のように容器の丈夫に穴がいくつも空いていますから、メダカが流されることなく水が排出されます。

P8064083
▲水抜き穴が空いています。

この方法は、容器の種類によっては応用が出来ます。穴を空けることが出来る容器、例えば、我が家でも実施しましたがプラ舟などにドリルで穴をいくつか空けておけば安心です。

5 その他の対策
(1)蓋をする
その他の対策として、いくつかの方法をご紹介します。
まず、簡単に実施できるものとして、容器に板などで蓋をするという方法があります。
もちろん、容器の開口部のすべてを覆ってしまうことはNGですが、一部を覆うことにより雨の影響を軽減することが出来ます。雨だけではなく風が強いことにも備えて重しを設置することも忘れずに。

20190703_012849000_iOS_Fotor

(2)水を減らしておく
大雨が予測される場合、事前に水を減らしておくという方法があります。
アクアショップなどに屋内水槽用ですが、様々な排水用ポンプが販売されていますから、ポンプを一つ用意をしておけば排水が簡単になります。
ただし、雨が降り続いている時に慌てて対応しようとすると、雨の中の作業となりますし、夜間などになってしまうと大変です。タイミングを間違えないように実施をすることが大切です。

P6192785

いくつかの大雨対策をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


梅雨というとマイナスイメージばかりですが、実はメダカの屋外飼育では、雨が降っている時の様子も素敵な情景となります。

P6182701
▲雨と睡蓮とメダカ。素敵な情景です。

自分は、雨の飼育水槽の様子を観察することも大好きなのですが、しかし、さすがに大雨のときは、観察を楽しむことが出来ませんし、メダカを心配をする必要があります。

大雨の対応だけは忘れずに事前にしっかりと行っておきたいものですよね。

P6112530

今回は入梅ということで、大雨対策をご紹介しました。(昨日、沖縄は梅雨明けでした。沖縄の梅雨が明けると本州は梅雨の本番となります。日本は広いですね。)

今回、記事にした以外に良い大雨対策がありましたら、ぜひ、このブログのコメント欄でご紹介ください。

なお、今回の大雨対策は台風の時の対策にも応用できますよ。

20190703_020502000_iOS_Fotor

梅雨に負けずにメダカの屋外飼育を楽しみましょう。

<このブログを応援いただける方は投票をお願いします。>
blogmura_pvcount