Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

9月も終わりです。
夏の猛暑も一段落。朝晩は気温が下がり、秋の気配です。
メダカ池の周りでも彼岸花や金木犀の花が咲き、秋の訪れを告げています。
そして池の周りではコオロギなどの秋の虫たちが盛んに鳴いています。

先日、夜のメダカ池をソッと覗くと、花期が長いサルスベリの紅い花弁が落ちて水面に浮かび、メダカたちが代るがわるにその周りを泳いでいるのでした。

P9155285_Fotor

P9155288_Fotor

そして、何故か睡蓮の葉の上で小さなカタツムリがゆっくりと動いています。

P9275321_Fotor_Fotor

どこから来たのでしょうか?
池の上のサルスベリの木から花弁と一緒に落ちてきたのかもしれません。
そっと、指で摘んで救出をしました。

P9275310_Fotor_Fotor

再び、池に目を移すとメダカたちがのんびり、ゆったりと泳いでいます。
昼間の水温が上がっているときのせわしなさは全くありません。
夜のメダカたちは無防備に素のままの姿を晒し出してくれます。

P9275390_Fotor

P9275387_Fotor

そんなメダカ池のメダカたちを観察していると、池の隅の水底に面白い姿を見つけました。

P9275326_Fotor

ヒドジョウが泥に潜り、顔だけを出しているのです。
泥の中はドジョウ(泥鰌)にとっては、身も心もゆったりと出来る場所なのでしょうね。
気持ち良さげなのです。
しばらくライトで照らして観察をしていると、ヒドジョウが泥の中から姿を現して水草の陰に逃げ込んでいくのでした。

P9275340_Fotor

せっかく泥の中が気持ちが良かったのにという感じです。迷惑でしたね。

夜のメダカ池の生き物は昼間ではなかなか見ることができない様々な表情を見せてくれます。

P9275362_Fotor

P9275343_Fotor

P9275348_Fotor

P9275354_Fotor

P9275345_Fotor

P9275320_Fotor

こんな感じでメダカたちの様々な様子を見ることが出来ますから、夜間観察は止めることが出来ないのです。

とは言っても、秋の訪れとともに夜はかなり涼しくなってきました。
皆さんも
風邪を引かないように気をつけながら、夜のメダカ観察を楽しんでください。
では、また次回。

※ビオトープづくりに興味のある方は、どうぞ下の動画を御覧ください。




 


<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村