Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。



4月になりました。
今年は例年よりも1周間〜10日ほど、季節の進行が早いような気がします。
IMG_4360_Fotor

前回の記事でもお伝えしましたが、3月後半から産卵が始まりました。
例年なら、3月後半〜4月の初めは、朝、グッと冷え込む日もあるのですが、今年は、そんな日がありませんから、産卵が順調に継続しています。


水槽の様子もすっかり春めいてきました。
睡蓮瓶では、睡蓮の若葉が水面まで顔を出してきました。
IMG_4344 2_Fotor
▲水連瓶の若葉です。

 そんな春の様子はジャンボタライビオトープでも・・・。
IMG_4345 2_Fotor
▲ジャンボタライビオトープの全景です。 

IMG_4346 2_Fotor
▲睡蓮の様子。

睡蓮の若葉が水面を目指して生長中です。
そして、浅瀬スペースのハンゲショウの新芽も順調です。
IMG_4351_Fotor
▲ハンゲショウの新芽です。

そして別の浅瀬スペースでは、水草が生長して田んぼのような雰囲気になってきました。良い感じです。
IMG_4354_Fotor



IMG_4355_Fotor
▲一片のサクラの花びらが浮かんでいました。(網の部分です。)

そして、いま、劇的に様子が変化しているのがメダカ池です。
動画を見ることができる環境の方は下の動画をみていただくと3月27日の池の様子がわかりますが、水面には葉が全くありません。


IMG_4258_Fotor
▲葉が水面に無いメダカ池。(この写真は3月10日です。)

それが、約一週間経っただけで、こんなに(下の写真)なってしまうとはチョー驚きです。
IMG_4348 2_Fotor
▲水面を若葉が覆い始めました。

動画をご覧になった皆さんはあまりにも様子が違っていて、本当?と疑いたくなると思いますが、事実なのです。
コウホネの葉がほとんどなのですが、既に水面の6割程度は、若葉で覆われてしまったような感じです。例年は5月以降に実施しているメダカがゆったりと泳ぐ水面を確保するための水性植物の葉の間引き作業を、4月中、それも近いうちに行うこととなりそうです。
こんな状況になったことも、今年の春を飛び越えていきなり初夏が来たような気候の影響なのかもしれません。
そして、水中を観察してみると、いくつものコウホネの花の蕾が水面に向かって伸びてきているのを見つけました。
IMG_4358_Fotor
▲コウホネの蕾です。(ちょっと不鮮明ですみません。)

今年は、プレシーズン無しでメダカの屋外飼育シーズン本番に突入という感じですが、これはこれでメダカの屋外飼育者にとっては、とても嬉しいことです。
皆さんも餌やり、産卵・孵化とメダカの屋外飼育を存分に楽しんでくださいね。
では、また次回。







<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村