Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

飼育環境

メダカ屋外飼育容器のオススメは?

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

このブログでは、「飼育容器の考察」の記事は定番ネタなのですが、またまた書いてみますね。

メダカの屋外飼育では、多種多様な容器でメダカ飼育を楽しむことが出来るというメリットがあります。
冬という屋外飼育のオフシーズンに近づきつつありますが、こんな時期だからこそ、今後の飼育に向けていろいろと考えるのはとても楽しいのです。
ということで、今回は、メダカ屋外飼育で使用できる様々な飼育容器の使用例を写真でご紹介します。ぜひ、屋外飼育の参考としてください。

メダカたちの飼育水槽


【プラ舟水槽・トロ舟水槽】
開口部が広くてメダカがのびのびと泳ぐ事ができますし、様々な水性植物を楽しむことが出来ます。
元々は、土木作業用の容器ですが、ホームセンターなどで手軽に購入することが出来ることからメダカの屋外飼育で活用されるようになりました。
メダカ屋外飼育の定番の容器です。

P7233881_Fotor
▲プラ舟には様々な水草や水性植物が栽培出来ます。

fd66334d
▲水面が広くメダカが伸び伸びと泳げます。

b69bbe8c
▲流木や石を入れて苔を貼ると小さなビオトープです。

プラ船水槽
▲苔石と流木、水生植物は熱帯睡蓮とナガバオモダカという定番のレイアウトです。

【睡蓮鉢・瓶】
水連鉢や瓶(かめ)も、メダカの屋外飼育で活用されています。
水深がありますから睡蓮が栽培出来て、メダカ飼育だけではなく様々な色の花を楽しむことが出来ます。花が咲くと「睡蓮とメダカ」というメダカ飼育者誰もが待望のシチュエーションを楽しむことが出来ます。

737dd50f
▲睡蓮鉢と睡蓮の花

image
▲こんな様子を見ることが出来ます。

P7233916_Fotor
▲睡蓮以外の水性植物も楽しめます。

1d511a87
▲睡蓮鉢にも様々な形があります。

d123cb68
▲睡蓮瓶です。

P4290888
▲睡蓮瓶の睡蓮とメダカの様子です。

【FRP水槽】
屋外飼育専用に販売されている容器で様々な形があります。軽くて丈夫というメリットがあり屋外飼育に最適です。

IMG_3204
▲FRPの水槽は丈夫です。

41a7c5de
▲水性植物も楽しめます。

P7233904
▲ナガバオモダカを直植えしました。

【バケツ】
皆さんお馴染みのバケツもメダカの屋外飼育容器として使用出来ます。バケツ水槽のメリットは、なんと行っても取っ手があるため移動が簡単ということです。台風や冬の寒さに対応するため屋外から屋内に移動するときなどにとても便利です。
そして大型ポリバケツは移動は出来ませんが、睡蓮鉢や瓶の代わりにもなるオススメの容器です。

1b0e9f67
▲バケツに濾過砂利を入れるとバケツ水槽の出来上がりです。

84419b29
▲睡蓮も楽しむことが出来ます。

cb25a1fd
▲台風などには家の中に移動出来ます。

98028ffd
▲大型ポリバケツです。

8984dc1a
▲大型ポリバケツは睡蓮が余裕で栽培出来ます。

【プランター】
プランターには様々な形と色がありますから、好みの容器を見つけてメダカを飼育するという楽しみがあります。樽型や水連鉢風などおしゃれな容器もあり、メダカ屋外飼育の幅を広げてくれます。ぜひ、ホームセンターでお好みの容器を探してみてください。(ただし、容器によっては、水抜き穴を塞ぐ栓(せん)が付属していないため、水槽として使用出来ないものもありますのでご注意ください。)

e4143db8
▲様々なプランターが販売されています。

83a3937c
▲睡蓮鉢風のプランター

35b45551
▲ミニプランターでもメダカが飼育出来ます。

cf93e541
▲野菜用プランターも飼育容器として使用出来ます。

【ジャンボタライ】
自分がメダカ飼育の新定番と呼んでいる容器です。容量が大きく睡蓮も栽培できますし、開口部が広いため、プラ舟と同様にメダカがのびのびと泳ぐ様子が観察出来ます。
メダカ飼育が楽しくなる容器です。

7d568446
▲水深があるため、睡蓮栽培も余裕です。

IMG_5429_Fotor
▲メダカたちが伸び伸びと泳ぎます。

IMG_5633_Fotor_Fotor
▲工夫すれば、様々な抽水植物や水性植物が楽しめます。

IMG_5642_Fotor
▲屋外飼育容器の新定番の容器です。

その他の屋外容器として、今回は詳しくはご紹介しませんが、発泡スチロールがあります。発泡スチロールは軽くて気温の変化の影響を受けにくく、手に入れやすいことから手軽に使用出来ます。メダカの稚魚(針子)飼育などに最適です。

今回はメダカの屋外容器の使用例を写真でご紹介しました。
メダカの屋外飼育を楽しみましょう。
では、また次回。


※ビオトープづくりに興味のある方は、どうぞ下の動画を御覧ください。



 





<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村     

メダカは浅瀬が大好き!?

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

今年の10月1日は中秋の名月でしたが、皆さんはお月見をすることが出来ましたか。
自分は、帰宅の途中、車を運転しながら赤信号で止まるたびに夜空を見上げ月を探して、名月を楽しみました。(もちろん運転中ですから一瞬だけですけどね。)澄んだ夜空に浮かぶ月はとても綺麗でした。
今年は満月の時刻が2日の6時5分で、中秋の名月と満月の日が1日ずれていますが、国立天文台のHPによると、このようなことはしばしば起きるようです。詳しくはそちらをご覧いただきたいと思いますが、天文や自然界の話はとても興味深いものがありますよね。

さて、本題です。
ジャンボタライのビオトープを改良した話を9月に2回ほどこのブログの記事にしました。
このビオトープの特徴は、水深が池のように深い場所と、田んぼのように浅い場所があるということです。

IMG_5631_Fotor_Fotor
▲これが改良後のジャンボタライのビオトープです。

このビオトープを作ってから、時間があれば(というよりも時間を作って)このビオトープのメダカを観察してきました。
メダカの様子なのですが、このビオのメダカたちの多くが、かなりの頻度で水深1〜2cm程度の浅瀬に移動して群れているのです。
そして、人の気配を感じると急いでタライの深い場所に逃げ込んでいきます。
そんな様子を何度も観察しました。
どうやらメダカは浅瀬が大好きなようです。

P9220589_Fotor

P9220588_Fotor
▲浅瀬で群れるメダカたち

なぜ、メダカは浅瀬が好きなのかについては別の機会に考察をしてみたいと思いますが、浅瀬は都合の良いことにとても観察がしやすいため、観察者の自分にメダカたちは様々な様子を見せてくれます。
今回は、浅瀬のメダカの様子を少しご紹介したいと思います。

P9220663_Fotor
▲砕石の側でクロメダカがUターン

P9220601_Fotor
▲日差しが眩しそうですね。

P9220610_Fotor
▲ヒメトクサの株元で餌をあさるクロメダカ

P9220602_Fotor
▲同じ箇所をヒメダカもあさっています。

P9220681_Fotor
流木とヒメトクサの通路を泳ぐブチメダカ

P9220680_Fotor
▲苔の門を潜り姿を現したヒメダカ

P9220582_Fotor
▲シロメダカが佇みます。

P9220577_Fotor
▲白(シロメダカ)と黒(ピュアブラックメダカ)

P9220587_Fotor
▲小タライの出入り口でメダカたちが様子を伺います。

P9220644_Fotor
▲ヒメダカと幹之メダカが苔石の周りで群れています。

P9220615_Fotor
▲砕石と幹之メダカ

P9220676_Fotor
▲苔石が作る湾曲スペースにメダカたちが集っています。

P9275296_Fotor

P9275336_Fotor
▲昼間のようですが、実は上の2枚の写真は、夜に撮影した浅瀬のヒメダカです。

浅瀬のメダカたちの様々な様子をご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか。
日中の陽の光を浴びた浅瀬のメダカは、その細部までしっかりと観察出来ますから、飼育者としてはとても楽しいのです。
そして、このような様子は睡蓮鉢などでは見ることが出来ませんから、とても新鮮な感じです。

今回ご紹介しました観察がしやすい浅瀬のあるビオトープづくりの詳細は下の動画を御覧ください。簡単に作ることが出来ますよ。




 

皆さんもメダカ屋外飼育と観察を楽しんでくださいね。
では、また次回。


<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村    
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ