Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

水草

【20011総集編】屋外飼育水槽を彩った花々

P5211850
▲睡蓮とコウホネ

平成23年(2011年)も残すところ、後2週間となりました。
TVでは今年を振り返るランキングや特集が盛んに放送される時期となりましたが、このブログも年末進行ということで、2011年を記録してみたいと思います。

今回は、今年、我が家の屋外水槽を彩った花々をご紹介します。
メダカの屋外飼育では、あくまでも主役はメダカであって花たちは脇役のはずなのですが、いつの間にか脇役が主役の座を奪っている時もしばしばありました。

では、Tokuze家の水生植物の花たちの素敵な表情をご覧ください。

PA225683

IMG_6619
▲熱帯睡蓮です。この花はホームセンターでとても安価で購入してきたものですが、12月まで開花をしてくれました。今は、屋内水槽で開花待ちという状態です。コストパフォーマンスが抜群ですね。

P5051060

P6192779
▲ナガバオモダカの可憐な花です。この花は小さな花なのですが、4月後半から10月頃まで楽しむことが出来ました。

P9114935

P9114932
▲プラ船水槽で開花したヒメスイレンです。花茎が水面から上に伸びて開花していますから、ハスの花のようですね。地味な花なのですがしっかりと自己主張です。

P9024570
▲ホテイ草の花です。開花してから1日程度しか持ちませんが、改めて見るとゴージャス感があります。

P9114939


P7163634
▲温帯睡蓮です。淡い黄色で温和しい感じですね。少し栄養不足かも・・・。反省。

P7093483
▲メダカ池のウォータポピーです。時期になると次々と開花してくれました。花の下に見える蕾はコウホネです。

P6252798

P5151818
▲メダカ池で開花したコウホネです。小振りな黄色い花を咲かせてくれました。

P6192782

P6182679
▲メダカ池で開花したピンクの温帯睡蓮です。平日に開花し、自分の休みの時は生憎の雨降りでタイミングが合わなくて残念でした。

P6112514

P5281874
▲毎年、我が家で一番最初に開花するのが、この温帯睡蓮です。純白の花がとても素敵です。この花が咲き始めると睡蓮の花の季節が始まります。

P6263029

P5211861
▲今年、我が家の屋外水槽で最も元気よく咲き誇ったのが、この赤い温帯睡蓮でした。見事な花ですよね。

屋外飼育水槽を彩った素敵な花々をご覧いただきました。
メダカとともに素敵な花も楽しめるなんて、屋外飼育は最高ですよね。

それでは、最後に私が勝手に睡蓮師匠と呼んでいる「花好き爺さん」が栽培された見事な睡蓮の花々をご紹介します。
「花の饗宴(花好き爺さんの睡蓮カタログ)」(クリック)

 さて来年はどんな花を楽しむことが出来るのでしょうか。とても楽しみです。
 皆さんもメダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。

P7173747


メダカ屋外飼育に興味のある方は下記をクリック!
Tokuzeのメダカ屋外飼育ガイド

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。

花好き爺さんの睡蓮栽培教室 〜株分け方法〜

DSCN7353-1
▲Photo by 花好き爺さん

今回は、私が勝手に睡蓮師匠!と呼んでいる「花好き爺さん」から睡蓮の株分け方法についてご指導いただきましたので、せっかくの機会ですからご紹介しますね。
このブログには以前からコメント欄に何人もの方々から睡蓮栽培について質問が寄せられていますので、多くの皆さんが睡蓮の栽培方法には興味をお持ちだと思います。
花好き爺さんは既に何人もの方に対しメール等で睡蓮栽培をご指導されているとのことですが、指導を受けた方も改めて確認をしてみてください。

今回の写真は、すべて「花好き爺さん」からの提供です。新たにカメラを購入されたとのことですが、睡蓮だけではなくてメダカの素敵な写真も提供いただきました。

DSCN7343-1
▲Photo by 花好き爺さん

上の写真のように、睡蓮とメダカはとても似合いますよね。こんな環境でメダカ飼育を行うことが、多くのメダカ屋外飼育者の理想だと思います。

睡蓮の株分け方法

春先の植替え作業とは地下株の処置の仕方は違いますが、簡単な株分けの方法です。
(写真と赤字の説明は花好き爺さん提供です。写真だけを見れば分かるようになっています。写真の下のコメントは私が勝手に書いていますので、あまり気にしないで読み飛ばしてください。)

1DSCN7057
荒木田土(田んぼの土)が入っているので、ネチネチとして粘り気がありそうです。やはり腐葉土も混ぜるのですか。参考になりました。この土が用土になるのですね。


2DSCN7060
立派な睡蓮です。花芽が立ち上げっていますし、しっかりと子株が出来ています。こんな睡蓮ならば株分けをしなければと思いますよね。


3DSCN7061
ここでハサミを使用しています。見事に真っ直ぐに切り出されていますよね。


4DSCN7063
成長点という言葉が初耳というか初見でした。芽が出てくるあたりまでということでしょうか。
下の写真を見てなんとなく理解できました。

6DSCN7064
良い感じに株分けが出来ていますね。匠(たくみ)の技(わざ)という感じです。さすが師匠です。


7DSCN7068
いや〜、素敵な感じに出来上がりました。メダカと睡蓮というメダカ飼育者の理想の環境の出来上がりです。


さて、次の2枚は取り出した株の植え付け鉢の準備の写真です。
5DSCN7058
肥料はこんな感じで入れるのですね! 皆さんも参考にしてください。


DSCN7059
ネチネチ、モチモチの用土を乗せて取り出した株の植え付け準備です。
後の作業はお分かりですね。


春先の植え替え作業
 
春先には、地下茎を8〜10センチにカットして、根を全部切ってしまい、葉っぱの付いたワサビ状にして成長点が隠れない様に、水平(ややお尻下がり)に浅く植え付けます。

DSCN7350-1
▲Photo by 花好き爺さん

こんな素敵な花を咲かすことが出来れば幸せですよね。

DSCN7340-1
▲Photo by 花好き爺さん

さて、今回の睡蓮の株分け方法は如何でしたでしょうか。
とても参考になったことと思います。
花好き爺さん、ありがとうございました。(睡蓮栽培についての質問への回答もよろしくお願いしますね。)

私も株分けをしなければ・・・。
では、また次回。

花の饗宴(花好き爺さんの睡蓮カタログ)もご覧ください。

メダカの屋外飼育に興味がある、又は飼育を始めてみたいと思っている方は次の記事をご覧ください。
◎「GWにメダカの屋外飼育を始める方へ
「メダカのバケツ飼育のすすめ」← クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介