Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

メダカの卵と孵化

リセット中の水槽で発見したのは・・・。

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

この記事で何回もご紹介している「ジャンボタライのビオトープ」の隣に市販の屋外水槽を設置しています。

IMG_3204
▲この水槽の話です。

この水槽ですが、8月の後半頃から厄介な糸状藻が繁茂しすぎたことから、思い切ってリセットをすることにしました。
鉢植えのナガバオモダカを別の水槽に移し、メダカとミナミヌマエビを網で掬った後、この水槽の水を落としました。
その後、できるだけ早く水槽の掃除をして立ち上げたかったのですが、いろいろと忙しくてしばらくそのまま放置してしまいました。

先日のことです。
この放置した水槽に知らぬ間に水が2cmほど溜まっていることに気が付きました。
どうやら雨水が溜まってしまったようです。

PA185411_Fotor
▲知らぬ間に水が溜まっていました。

このままにしておくと、雨が降れば更に水が溜まりそうですし、ボウフラが湧く可能性があります。

ということで、溜まった水を落とそうとしたのですが、その時に水の中を動く小さなものを見つけました。

PA185436_Fotor
▲この水槽を目を凝らして観察すると・・・

PA185433_Fotor
▲何やら動くものが。

なんと、メダカの稚魚です。
もしかしたら、もっといるのかもしれません。
しっかりと目を凝らしてさがしてみると・・・、いました。その数、5匹。

PA185416_Fotor
▲メダカの稚魚です。

メダカの稚魚はとても小さくて「針子」とも呼ばれるとおり針の先ほどの大きさですから、しっかりと観察しないと見つけることが難しいのです。

PA185444_Fotor
▲なぜここに稚魚がいるのでしょうか。

う〜ん、一体全体、この稚魚はどこから来たのでしょうか。
この水槽は水を落としたのですが、底石に使用していた砕石の間にごく少量の水が残っていましたから、そこにあった糸状藻に卵が産み付けられていて、それが孵化したとしか考えられません。

PA185466_Fotor
▲元々、砕石の間には水が残っていました。

それにしても素晴らしい生命力です。
こんな場所で生き残っていたこととだけではなく、産卵期がほぼ終わったこの時期(10月半ば)にメダカの稚魚を見ることができたことに感動しました。

そして、更に驚くことが・・・。
メダカの稚魚を発見した夜、ジャンボタライビオトープの夜間観察後に、この水槽をライトで照らしてメダカの稚魚を観察しようとしたときのことです。

稚魚はすぐに見つかりましたが、水底の砕石の間に何やら赤い生き物が。
なんとミナミヌマエビ(赤い体色の個体)でした。

PA185461_Fotor
▲ミナミヌマエビも発見。

探してみると3匹いました。ビックリしました。
このミナミヌマエビも砕石の間のごく僅かな水の中に身を潜めていたのでしょう。
驚くべき生命力です。
もしかしたら、更にメダカやミナミヌマエビが生き残っているのかもしれません。

いずれにしても、この水槽の水を落とした時に、しっかりと最後まで確認しなかった自分の責任を痛感しました。もう生き物は残っていないと勝手に思い込んでしまっていたのです。


しばらくの間は、このまま稚魚たちを飼育してみたいと考えています。
皆さんも水槽のリセット時には、最後までしっかりと残っているメダカやエビがいないのかどうか確認をしてくださいね。
では、また次回。


※ビオトープづくりに興味のある方は、どうぞ下の動画を御覧ください。






<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村     
 

シュロを使ったメダカ産卵床を作る。

ゴールデンウィークも後半になりました。今年はコロナウイルスの影響で、例年と異なり家で過ごしている方がほとんどだと思います。
コロナ禍の影響を受けた通常と異なる残念なGWということで、私たちの記憶に残ることは間違いありません。

さて、昨日の浜松は25度を超え、一気に夏日になりました。
メダカたちは、産卵の最盛期に突入という感じです。
メダカの屋外飼育者にとっては、心が弾む時期です。

さて、皆さんは採卵のための産卵床には何をお使いでしょうか。
やはり定番のホテイ草を使用している方が多いのではないでしょうか。
7B458A05-3D27-4DB3-A141-919FE89B88CC
▲メダカの産卵床の定番のホテイ草

147081C6-2B22-4013-8380-04EA0FFA4108

336A8FEB-346C-40A7-A1A7-3A9EF6E0898A
▲たくさんの卵が産み付けられていました。

この写真は昨日、スマホで撮ったものですが、この写真で分かるようにホテイ草はメダカの採卵には最適な水性植物です。なんといってもホームセンターで手軽に安価で手に入り、多くの卵を採ることができるというメリットがあります。

また、以前にも紹介しましたが、こんな物も産卵床に利用できます。それは「シュロたわし」です。
詳細はこの記事「シュロたわしで採卵にチャレンジ」をご覧いただければと思いますが、少し手を加えるだけで手軽に産卵床とすることが出来るのです。

7F814440-0F93-46A8-ABEA-E19684EDFE3B
▲シュロたわしです。

AB5F933E-AD40-47DB-B37B-F8B08AE0DB45
▲こんな風に針金でしっかりと留められています。

しかし、針金を外すとこのように簡単に産卵床に早変わり。
C9DEB0A4-C71D-46B6-9C0F-437989DD0380
▲産卵床の出来上がりです。

しかし、少し値段が高い(といっても千円台で買えるとは思いますが・・・。)のが難点です。

ということで、今回は天然の棕櫚(シュロ)皮を利用した産卵床を作ってみます。

シュロとはヤシ科の常緑高木のことで、特徴のある葉も含めて皆さんもご覧になったことがあると思います。
63DE4698-FA0A-4887-8DCE-6805E84DB563
▲シュロの木です。

お近くにシュロの木があれば、幹を覆う皮を適量、採取してください。
下の写真の量で十分です。

89C879ED-1DB8-4BF3-BF05-3A8DD781988D

16C52CC1-D0F6-44FE-9333-FD2A787B62BE
▲採取したシュロ皮。

このシュロの皮を少しの間、水に浸けた後、ラッパ状に丸めます。
67336EEA-124F-4DBA-AD9F-0F46FDE87FC6
▲ラッパ状に丸めました。

この丸めたシュロを輪ゴムで留めて、容器の縁に掛けるための針金を付ければ出来上がりです。
 6C02578A-7910-46AD-8BF3-D0FBBE9D1699

5905A8A7-2FE1-4672-8E6E-827B28F80F79
▲シュロの産卵床の出来上がり。

なお、このシュロの後ろは広がらないようにホッチキスで留めてあります。
9EAEF6B6-A69F-4CA6-A863-0D936AE7228F

いかがでしょうか。
超簡単にシュロの産卵床の出来上がりました。
早速、睡蓮瓶に沈めてみました。
6CC4CCE5-5502-4B7E-AEA3-B1D429FA824B

う〜ん、メダカたちも(ヌマエビも)喜んでくれているような。(そんな気がするだけですが・・・。)
これからどれくらいの数の卵を産み付けてくれるのかとても楽しみです。

そして一日たった今日の成果です。
3EEC12FC-477B-415B-9758-A4E6040A7CBE

298790A4-1777-4F36-9352-83323B09846E

たくさんの卵が産み付けられていました。楽しいですねぇ。
人間は思った通りに事が進むと満足するのです。

因みにこんなシュロの産卵床が市販されています。(実際にはシュロではなくヤシ科の他の木の皮かも知れません。)
568069CC-53BD-46B3-850F-A5C3AC1CEC21

この産卵床も優れものでしっかりと採卵できるのです。こんな感じです。00E94BF5-5874-42DD-B823-16F2174EFB54

ただ難点があり、普段はヌマエビのお気に入りの住処になっていて水面から上げると2、3匹のヌマエビを掬いあげることになってしまいます。
39DFF1E1-0981-4323-B1E3-86A459F4F6DE

市販品ですから作りがしっかりとしていて、長く使えるのが良いですよね。因みに我が家のものは3シーズン目となりました。

さて、今回はシュロの産卵床をご紹介しました。
シュロ皮を手に入れることが難しいと思いますが、もし手に入れることが出来らならば、ぜひ産卵症の作成にチャレンジしてみてください。楽しいですよ。たくさんの卵を取ることができると思います。

新型コロナウイルス感染防止対策を万全とするよう、自宅でメダカの屋外飼育を楽しみましょう。
それでは、また次回をお楽しみに。

<このブログを応援いただける方は投票をお願いします。>

blogmura_pvcount

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ