Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

メダカの卵と孵化

シュロを使ったメダカ産卵床を作る。

ゴールデンウィークも後半になりました。今年はコロナウイルスの影響で、例年と異なり家で過ごしている方がほとんどだと思います。
コロナ禍の影響を受けた通常と異なる残念なGWということで、私たちの記憶に残ることは間違いありません。

さて、昨日の浜松は25度を超え、一気に夏日になりました。
メダカたちは、産卵の最盛期に突入という感じです。
メダカの屋外飼育者にとっては、心が弾む時期です。

さて、皆さんは採卵のための産卵床には何をお使いでしょうか。
やはり定番のホテイ草を使用している方が多いのではないでしょうか。
7B458A05-3D27-4DB3-A141-919FE89B88CC
▲メダカの産卵床の定番のホテイ草

147081C6-2B22-4013-8380-04EA0FFA4108

336A8FEB-346C-40A7-A1A7-3A9EF6E0898A
▲たくさんの卵が産み付けられていました。

この写真は昨日、スマホで撮ったものですが、この写真で分かるようにホテイ草はメダカの採卵には最適な水性植物です。なんといってもホームセンターで手軽に安価で手に入り、多くの卵を採ることができるというメリットがあります。

また、以前にも紹介しましたが、こんな物も産卵床に利用できます。それは「シュロたわし」です。
詳細はこの記事「シュロたわしで採卵にチャレンジ」をご覧いただければと思いますが、少し手を加えるだけで手軽に産卵床とすることが出来るのです。

7F814440-0F93-46A8-ABEA-E19684EDFE3B
▲シュロたわしです。

AB5F933E-AD40-47DB-B37B-F8B08AE0DB45
▲こんな風に針金でしっかりと留められています。

しかし、針金を外すとこのように簡単に産卵床に早変わり。
C9DEB0A4-C71D-46B6-9C0F-437989DD0380
▲産卵床の出来上がりです。

しかし、少し値段が高い(といっても千円台で買えるとは思いますが・・・。)のが難点です。

ということで、今回は天然の棕櫚(シュロ)皮を利用した産卵床を作ってみます。

シュロとはヤシ科の常緑高木のことで、特徴のある葉も含めて皆さんもご覧になったことがあると思います。
63DE4698-FA0A-4887-8DCE-6805E84DB563
▲シュロの木です。

お近くにシュロの木があれば、幹を覆う皮を適量、採取してください。
下の写真の量で十分です。

89C879ED-1DB8-4BF3-BF05-3A8DD781988D

16C52CC1-D0F6-44FE-9333-FD2A787B62BE
▲採取したシュロ皮。

このシュロの皮を少しの間、水に浸けた後、ラッパ状に丸めます。
67336EEA-124F-4DBA-AD9F-0F46FDE87FC6
▲ラッパ状に丸めました。

この丸めたシュロを輪ゴムで留めて、容器の縁に掛けるための針金を付ければ出来上がりです。
 6C02578A-7910-46AD-8BF3-D0FBBE9D1699

5905A8A7-2FE1-4672-8E6E-827B28F80F79
▲シュロの産卵床の出来上がり。

なお、このシュロの後ろは広がらないようにホッチキスで留めてあります。
9EAEF6B6-A69F-4CA6-A863-0D936AE7228F

いかがでしょうか。
超簡単にシュロの産卵床の出来上がりました。
早速、睡蓮瓶に沈めてみました。
6CC4CCE5-5502-4B7E-AEA3-B1D429FA824B

う〜ん、メダカたちも(ヌマエビも)喜んでくれているような。(そんな気がするだけですが・・・。)
これからどれくらいの数の卵を産み付けてくれるのかとても楽しみです。

そして一日たった今日の成果です。
3EEC12FC-477B-415B-9758-A4E6040A7CBE

298790A4-1777-4F36-9352-83323B09846E

たくさんの卵が産み付けられていました。楽しいですねぇ。
人間は思った通りに事が進むと満足するのです。

因みにこんなシュロの産卵床が市販されています。(実際にはシュロではなくヤシ科の他の木の皮かも知れません。)
568069CC-53BD-46B3-850F-A5C3AC1CEC21

この産卵床も優れものでしっかりと採卵できるのです。こんな感じです。00E94BF5-5874-42DD-B823-16F2174EFB54

ただ難点があり、普段はヌマエビのお気に入りの住処になっていて水面から上げると2、3匹のヌマエビを掬いあげることになってしまいます。
39DFF1E1-0981-4323-B1E3-86A459F4F6DE

市販品ですから作りがしっかりとしていて、長く使えるのが良いですよね。因みに我が家のものは3シーズン目となりました。

さて、今回はシュロの産卵床をご紹介しました。
シュロ皮を手に入れることが難しいと思いますが、もし手に入れることが出来らならば、ぜひ産卵症の作成にチャレンジしてみてください。楽しいですよ。たくさんの卵を取ることができると思います。

新型コロナウイルス感染防止対策を万全とするよう、自宅でメダカの屋外飼育を楽しみましょう。
それでは、また次回をお楽しみに。

<このブログを応援いただける方は投票をお願いします。>

blogmura_pvcount

孵化した稚魚の様子です

4月も後半となり、もう少しでゴールデンウィークが始まります。
通常ならウキウキと心が浮き立つのですが、今年は新型コロナウイルスの影響でストレスが溜まる日々が続きます。
さて、外出自粛の今、最適な趣味がメダカの飼育です。

我が家ではメダカの卵が次々と孵化しています。
メダカの卵は屋内水槽(ヒーターで25℃に加温)に入れているのですが、4月11日頃から次々と孵化が始まりました。
4月4日の記事「産卵シーズンの訪れ」では、今シーズンの産卵が始まった様子をお伝えしましたが、その時にお伝えした卵が孵化したのです。(前回の記事で孵化したことはお伝えしました。)
ということで久しぶりに(このブログをほとんど更新していなかったことから、稚魚の撮影は数年ぶりなのです。)孵化した稚魚の写真を撮ってみました。

P4183864_Fotor
▲この容器に稚魚を2匹入れました。

久しぶりのマクロ撮影です。まずは、少し遠方から。

P4183865_Fotor
▲元気そうな稚魚です。

もう少し寄ってみましょう。

P4184013_Fotor
▲間違いなくメダカです。当たり前ですが・・・。

さらにレンズを近づけて撮影です。

P4184020_Fotor

P4184033_Fotor
▲既に成魚のようなかんじですね。

いかがでしょうか。
針の先ほどの大きさの稚魚ですが、マクロ撮影をしてみるとしっかりとメダカの特徴である大きな眼と愛くるしい表情が確認できます。この前まで卵だったとは思えませんよね。

それでは、以前に撮影し、このブログでもご紹介したメダカの卵と稚魚の写真をここで改めてご紹介しますね。
まずは、卵です。
98d883cbのコピー
▲シロメダカのお腹にはたくさんの卵が。

P5183934
▲水草の根に産み付けられた卵。

孵化直前の卵

P5254332
▲大きな眼が目立ちます。

次は、愛くるしい稚魚の様子です。

P6079491a
▲睡蓮の葉の上に稚魚がいました。

楊貴妃メダカの稚魚
▲稚魚のアップです。キモカワイイという感じですね。

P8147215
▲青水を泳ぐ稚魚です。

P8147247
▲睡蓮の上の稚魚を接写です。

P5254321

P5254318
▲稚魚を下からの珍しいアングルで撮影。

P5254279
▲正面から稚魚を撮影しました。眼が本当に大きいのです。

いかがでしたでしょうか。
産卵と孵化はメダカ飼育の一大イベントです。これからが本格的な産卵シーズン。
皆さんもメダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。
そしてコロナウイルスへ感染をしないように、くれぐれもご注意を。
遊びに行きたい気持ちを抑えてstay at home.
では、また次回。


<このブログを応援いただける方は投票をお願いします。>

blogmura_pvcount

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
メダカ販売サイトのご紹介