Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

ドジョウ

メダカ池の魚たち 〜主役はヒドジョウ・・・かな?〜

P5225507
▲初夏のメダカ池。様々な魚たちを観察できます。

IMG_4289
▲タナゴの仲間のタイリクバラタナゴとアブラボテです。素知らぬ顔の2匹です。

IMG_4300
▲アジメドジョウを追いかけるヒドジョウです。

IMG_4311
▲アジメドジョウはせわしなく池の隅から隅まで動き回っています。とてもとっても元気です。

IMG_4307
▲ヒドジョウとアブラボテがじゃれあいます。ちょっとヒドジョウが迷惑顔ですね。アブラボテの顔には特徴の一対の口髭が見えます。そして口元が白くなっていますが、これは繁殖期のオスに現れる追星というものです。

IMG_4320

IMG_4316
▲イトモロコも元気です。メダカ池の生物の中で、その存在を主張しない貴重な存在。(どこにいるのかほとんどわかりません。)

IMG_4310
▲スジシマドジョウを見つめるアブラボテ。眼が赤く婚姻色が出ています。相手を間違わないでね!

IMG_4215
▲ついに登場!これが噂のメダカ池の主(ぬし)、大ヒドジョウです。タナゴが小さく見えます。

P5225480
▲昨年産まれたタイリクバラタナゴが大きくなって稚魚から幼魚に変身。そしてこの幼魚に右上に何やら魚の姿が。

P5225482
▲なんとタナゴの稚魚でした。タイリクバラタナゴの稚魚だと思います。(背鰭に黒斑を確認できればタイリクバラタナゴです。)

P5225544
▲「これにて解散!」っていう感じですね。

さて、今回はメダカ池の様々な魚たちの様子を紹介しました。
他にもホトケドジョウやシマドジョウなど今回、紹介出来なかった魚もいます。
メダカ池の生物を観察していると時間を忘れてしまいそうです。

(付記)タナゴの稚魚について
始めはメダカの稚魚と一瞬思ったのですが、動き方が全く違いますからすぐに分かりました。
タナゴの稚魚はツィーとまっすぐ少し動き、そして一旦、止まって角度を少し変えて、またツィーとまっすく少し動き止まります。
もちろん体形も違いますしね。
それにしても今年は早い孵化となりました。(タイリクバラタナゴの産卵期は3月頃から始まりますから不思議はないのですが。)
ほかにも稚魚がいるのかもしれません。
タナゴが産卵するドブガイやマツカサガイがメダカ池のどこかで元気にいることが分かったことも収穫でした。(まあ、通常は池の泥の中に潜っていますから発見は難しいのですが・・・。)


にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。

主(ぬし)を探しに

前回のブログのコメントで、メダカ池の主(ぬし)がいるならばぜひ紹介をして欲しいとのリクエストをいただきました。
実は以前にも紹介をしたことがあるのですが、このメダカ池には主(ぬし)と呼ばれている大きなヒドジョウがいます。
タナゴよりも体長があり貫禄十分なヒドジョウです。
いつも我が物顔でこのメダカ池を泳いでいるのですが、さすがに冬になってからはほとんど見かけることが無くなりました。
冬になり水温が低くなるとヒドジョウは、日中でも土の中に潜っていることが多くなります。土の中から眼だけを出したりしていることもあります。しかし、そろそろ春が近づいていますし、今日は快晴の気持ちの良い天気ですから、もしかしたらヒドジョウが見つかるのかもと思い、メダカ池に向かいました。
メダカ池では、メダカたちが日差しを浴びて気持ち良さそうに泳いでいました。
しかしメダカ池をしばらく観察したのですが、ヒドジョウは見つけることができませんでした。
もしかしたら、まだ冬眠中なのかもしれません。
とりあえず、夜、再度、探してみることにしました。

そして夜、ライトを片手に再びメダカ池に向かいました。
メダカ池
ライトに照らされたメダカ池では、メダカやタナゴたちが元気に泳いでいるのでした。
クロメダカ
メダカ池のクロメダカです。野性味があって良いですよね。小さな鯉のようです。
ヒメダカ2
メダカ池のヒメダカです。大きく口を開けて何を食べようとしているのでしょうか。

アジメドジョウとアブラボテ
池の壁面ではアジメドジョウとタナゴのアブラボテが競うように壁面の苔類を食べていました。

このように夜のメダカ池では2月なのに、元気に魚たちが動き回っていました。

さて、肝心のヒドジョウですがどこにいるのでしょうか?
しばらくライトで探してみます。すると・・・・、いました、いました。
メダカ池の主、ヒドジョウ
池の奥の水草の根元でゆったりと体を休めています。
いや〜、大きいですよね。さすがに主(ぬし)の貫禄があります。
(上の写真でヒドジョウとメダカの大きさを比較してみてくださいね。)
周りの魚などには我関せずという感じです。
フラッシュを使用して写真を撮ったのですが、一向に動じません。

そして、このヒドジョウをしばらく観察をしていたのですが全く体を動かしません。
もしかしたら、冬を越すことで弱ってしまっているのかもと心配になってきました。手網を持ってきて掬(すく)って確認をしようかなと思った瞬間、こちらの思いを察したのか、突然、素早く身を翻(ひるがえ)して水草の葉陰に隠れてしまったのでした。
全然、心配する必要はありませんでした。

その雰囲気や動作からも、今年もメダカ池の主(ぬし)の座は揺るがないようです。乱暴もののタナゴのアブラボテでも、このヒドジョウには敵(かな)わないでしょうね。まだまだです。




 

続きを読む
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介