Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

飼育方法

謹賀新年! 今年もメダカ屋外飼育を楽しみましょう。

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

P4254266_Fotor

P4254299_Fotor

明けましておめでとうございます。

新型コロナウイルスの影響から、家でおとなしくステイホームしながら新たな年を迎えた方が多いのではないでしょうか。
今年は、一刻も早くコロナ禍が収まり、平穏な日常が戻ることを願うばかりです。


さて、メダカ屋外飼育者の皆さんは、水が温(ぬる)む春を待ち遠しい思いで過ごしていることと思います。

今回の記事は、新年第一弾として、メダカ屋外飼育のメインシーズン(3月〜8月)の様子を写真で少しだけご紹介します。ぜひご覧ください。


【3月】
春です。
朝晩はまだまだ寒いのですが、日中は日差しを浴びて水が温みます。
メダカの活性が上がり、動きが活発になってきます。
産卵が始まることもあります。
P3282091_Fotor
▲水温が上がってきて、メダカの活性が上がってきました。

P3282094_Fotor

P3282102_Fotor
▲水面に落ちた馬酔木(アセビ)の花と一緒にメダカが泳ぎます。

【4月】
水温が上がり、メダカの食欲が旺盛になる時期です。
産卵シーズンが始まります。
メダカ屋外飼育者にとっては、至福のシーズンの始まりです。
P4234517 (1)
▲苔石の周りを泳ぐメダカたち

P4244558 (1)
▲「棕櫚(シュロ)たわし」に産み付けられた卵。

P4184013_Fotor

【5月〜6月】
メダカの産卵の最盛期です。
メダカはほぼ毎日、次々と卵をたくさんの卵を産み付けます。
そして、食欲がとても旺盛な時期となります。
水性植物の花も咲き始めます。
屋外飼育者にとっては、とても忙しく、そして楽しい時期となります。
ああ〜、忙しい! 
そして楽しい‼
P4244563 (1)
▲卵が産み付けられたシュロをバケツに入れて孵化を待ちます。

青水水槽で孵化した稚魚たち
▲孵化した稚魚たち。

P5254271
▲孵化したばかりの稚魚。

P7129988
▲食欲が旺盛なのです。

P5074894 (1)
▲コウホネの花(メダカ池)

P5074869 (1)
▲雨上がりのカキツバタの花(メダカ池)

【7月〜9月】
産卵の最盛期は過ぎていますが、まだまだ採卵・孵化を楽しむことが出来ます。
水性植物の花も楽しむことが出来ます。
食欲も旺盛でメダカ飼育がとても楽しい時期です。
ただし、水温上昇に気を遣うことが必要です。日陰で飼育するなどの対策を忘れずに。

IMG_5067 (1)
▲カモンバの緑の海の上では、ヒメダカがとても映えて見えます。

IMG_5068 (1)

P8075796 (1)
▲夏のプラ船水槽の様子

P6284938_Fotor

P7305630 (1)
▲夏の陽射しを浴びて睡蓮が咲いています。

P7263694
▲夏は30度を超える水温になります。対策が必要です。

IMG_3410_Fotor
▲まだまだ食欲が旺盛です。

P7253586 (1)
▲夏のプラ船水槽。森と林と渓谷?

P7253557 (1)
▲夏のメダカたちが群れながら泳ぎます。

今回は年の始まりにあたって、メダカ屋外飼育シーズンに思いをはせるために、その様子を写真で少しだけご紹介しました。

寒波の影響でとても寒いお正月となりましたが、今回、ご紹介したような元気なメダカの様子が今年も観察出来ることを楽しみに、来(きた)る春を楽しみに待ちましょう。
コロナに負けずに今年もメダカの屋外飼育を楽しみましょう。

本年もよろしくお願いします!



<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村  

寒波襲来!!

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

12月も早くも中旬となりました。
ここ数年は暖かな冬だったのですが、今年の冬はエルニーニョ現象で寒くなるとの予測があります。
本当にそうなの?と、自分はこの予測を疑っていたのですが、どうやら当たっているのかもしれません。
その証拠に15日頃から急に寒くなり、なんと、ジャンボタライビオトープに早くも氷が張ったのです。
関越自動車道では、多くの車が雪の影響で立ち往生。(被害に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます。)
寒波の襲来です。

R0000188_Fotor

R0000194_Fotor

氷の暑さは数ミリ程度の薄い氷です。

R0000198_Fotor

う〜ん、驚きました。12月中旬に氷が張るとは。
(メダカ池は凍っていませんでした。ジャンボタライビオトープの設置場所の方が寒いようです。)

この氷ですが、日が当たってきてソーラーエアポンプが動き始めたら、すぐに溶けてしまいました。

R0000202_Fotor

しかし、氷は溶けたのですが、その後もメダカたちの活性は上がってきません。

PC025503_Fotor

本格的な冬の到来です。
これからの季節は、メダカの活性も落ちてきて、餌はほぼ食べません。
メダカたちは水面よりも、水底の水性植物の陰などに潜んだりして過ごすこととなります。
メダカ屋外飼育者としては残念な季節となりました。



こんな時期のメダカ屋外飼育の注意点を。
メダカが餌を食べないということで、メダカ飼育水槽をそのまま放りっぱなしにしておくと、水が減って、最後には水が無くなってしまうということがあります。
ということで、このような被害に遭わないように、定期的にメダカや水槽の様子を確認してくださいね。メダカ屋外飼育者の義務なのです。
そして、今回の記事の最後に、こんな時期のメダカ観察の楽しみを一つご紹介しましょう。
メダカの活性が落ちてしまい、水底あたりに潜(ひそ)んでいるのにどうやって観察するの?と疑問に思う方がいらっしゃると思いますが、実はとっておきの手段があるのです。
それは、夜間観察です。

こんな時期でも夜に観察に行くと、何故かメダカたちが水面近くを泳いでいたりするのです。(もちろん、水面が凍っていたら観察は無理なのですが・・・。)
観察する自分がとっても寒いのが難点ですが、勇気のある方はチャレンジしてみてくださいね。
(メダカを観察出来ない場合や風邪を引く可能性がありますが、自己責任でお願いします。)

寒い冬に負けずにメダカ飼育と観察を楽しんでください。
では、また次回。



<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村  
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ