Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

飼育方法

10月のメダカ屋外飼育

P9286054
▲10月のメダカたち

10月の屋外飼育の注意点について書いてみます。
まず、9月の屋外飼育とどこが違うのでしょうか。
一番の違いは、やはり水温です。
9月は残暑で30度を超える高水温になることもありますが、10月になると朝晩を中心に気温も少しずつ低くなり、気温に連動して水温も低くなってきます。
水温が20度を下回ってくるとメダカの食欲も落ちてきますから、出来れば日中の水温が上がっているタイミングで餌を与えたいものです。
まあ実際には、10月の日中であればメダカたちはまだまだ旺盛な食欲を示すと思いますから、餌やりを楽しんでください。
この時期は、冬越えのためにメダカが体力を蓄える時期なのです。

PA238617
▲ヒメダカが気持ちよく泳いでいます。

残念なことは、メダカ飼育の大きな楽しみである産卵が終わりとなってしまうことです。
屋外飼育のメダカは自然界のメダカとほぼ同じライフサイクルとなり、産卵期も終わってしまうのです。

そして、9月に産卵した卵が10月になってから孵化することもありますが、屋外飼育ではこれからの時期は、稚魚はあまり成長しないまま冬に突入することとなります。
稚魚たちには、冬を迎える前に出来るだけ成長して欲しいものです。

PA308649

メダカの屋外水槽の設置場所ですが、10月は夏のように水温上昇に気を使う必要はありませんから、冬に備える意味でも日当たりの良い場所に設置をしてください。
そして秋の陽射しを浴びて泳ぐメダカたちの観察を楽しみましょう。

PA238459
▲秋の日差しを浴びて泳ぐメダカたち。

基本的に10月のメダカ飼育は、他の季節よりもメダカを飼育しやすい季節です。産卵という大きな楽しみはありませんが、餌やりなどでメダカ観察を楽しんでくださいね。

PA308673

朝晩の気温が下がり、すっかり秋めいてきました。
通勤時の電車の中では、風邪を引いたのか咳をしたりマスクを掛けている方もチラホラと見かけます。皆さんも風邪などを引かずに、秋のメダカ飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。

メダカ写真満載のブログです。
クリック⇒
Tokuze's Medaka Photolog

「にほんブログ村」の「ビオトープ」と「メダカ」カテゴリーのランキングに参加しています。応援していただける方は下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 

メダカ屋外飼育のススメ

プラ船水槽
▲苔石と流木、水生植物は熱帯睡蓮とナガバオモダカという定番のレイアウトです。

メダカの飼育方法には屋内飼育と屋外飼育があります。
屋内飼育ではヒーターや濾過フィルターを飼育すれば、メダカ飼育で一番大事な水温や水質を安定した状態で管理できるというメリットがあります。

一方、屋外飼育では気温の高低により水温も大きく変化しますし、雨や風の影響も受けます。夏場には水温が30度台になりますし、冬場には水面が凍りつくこともあります。
そして、ヤゴや鳥などの外敵に襲われることもあります。

このように屋外飼育はメダカにとって過酷な環境となるのですが、自分は敢(あ)えて屋外飼育をオススメします。
0512プランターを利用してつくったビオトープ(風)
▲イグサなどの抽水植物と姫睡蓮を入れてみました。

メダカは元来、日本の四季の環境に対応しているとともに、陽の光を浴びながら泳ぐ生き物ですから、大事なメダカをできるだけ自然界に近い環境で飼育をしたいということが一番の理由です。
自然界に近いビオトープ環境でメダカを飼育して、陽の光を浴びながら水草の周りをゆったりと泳ぐメダカを観察することは、飼育者にはとても大きな喜びになります。
プランクトンやミジンコ・落下昆虫などを食べ、産卵期には産卵し、冬場は冬眠状態となり、そして春を迎えるという本来のライフサイクルで生きていくことは、メダカにはとても幸せなことであると自分は考えています。
メダカがいそうな水路
▲メダカが自然界の環境を人為的に作り出すことは難しいのです。

IMG_5573
メダカの群泳です。

しかし、そのような環境を人為的に作り出すことは難しく、そもそも人が手を貸さないということは、飼育をしていないと同じです。
ということで、プラ船水槽や鉢・プランターなどを利用して、疑似ビオトープの環境を創り出し、出来るだけ最小限の人為的な関与をするということを理想としているのです。
まあ、実際には餌を与えすぎたりして関与しすぎてしまうことが度々、ありますから反省なのですが。
P7316976
▲睡蓮鉢を利用した飼育水槽です

賢明な皆さんはお分かりだと思いますが、決して屋内飼育を否定するものではありません。自分も屋内飼育を行い、じっくりとメダカ観察を楽しんでいますから誤解のないようにしてください。
メダカたちの飼育水槽
▲様々な容器を利用してメダカを屋外で飼育をします。

メダカが泳ぐ自然界の環境は、この日本では徐々に失われています。
皆さんも擬似ビオ環境を用意して、メダカの屋外飼育を楽しみましょう。
とても楽しいですよ。
では、また次回。 


メダカ写真満載のブログです。
クリック⇒
Tokuze's Medaka Photolog

「にほんブログ村」の「ビオトープ」と「メダカ」カテゴリーのランキングに参加しています。応援していただける方は下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村  
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介