Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

ヒメダカ

メダカ屋外飼育の定番はヒメダカなのです。

P5179104

メダカ屋外飼育の定番品種といえば、なんといってもヒメダカです。
でも、他のメダカの品種(楊貴妃やシロメダカなど)よりも、なんとなく格下に見られてしまいますよね。
確かに流通量が多く安価ということで、決して希少価値があるわけではありません。
でも、安価で簡単に手に入りますし、何といっても丈夫で飼育がしやすく、更に体色が目立つことから、屋外飼育者にとっては最高の品種なのです。
ということで、今回は、ヒメダカの素敵な表情をご紹介します。

ヒメダカの様子に、ぜひ癒されてくださいね。
P4278697
▲ヒメダカの幼魚と睡蓮の若葉。これからの成長に期待です。

P4268566
▲ちょっと不敵な面構えなのです。

P4268545
▲水生植物の間をスイスイと泳ぎます。

P4268538
▲睡蓮の葉の上で一休み。

P4268540
▲う〜ん、メダカはやはり目が大きいのです。

P4268527
▲2匹が仲良く並んで泳ぎます。

P4268523
▲水苔の周りがお気に入り。

P4268577
▲悠然と泳ぎます。

P4268589
▲ヒメダカの後ろ姿をパチリ!

P4278604
▲何か秘密の相談?

P4278602
▲立派なヒメダカですね。丈夫そうなのです。

今回は、皆さんおなじみの屋外飼育の定番品種、ヒメダカをご紹介しました。
メダカの屋外飼育者は様々な品種の飼育にチャレンジしますが、結局はヒメダカに落ち着くのではないのでしょうか。(もちろん、様々な改良品種の方が好きという人がいらっしゃると思いますが、記事の都合上、そういうことにします。)
メダカの屋外飼育は「ヒメダカで始まり、ヒメダカで終わる。」のです。(断言!)

今週は、あちらこちらで大雨が降り、避難指示が出されるなど荒れた1週間となりましたが、それでも少しずつ秋が近づいています。
日中は30度近くまで気温が上がっても朝晩はかなり涼しくなりましたし、里では、彼岸花(曼殊沙華)が咲き始める頃。飼育水槽の水温を気にしなくてよい気候になってきました。
暑くもなく寒くもなくメダカ観察に最適の季節です。
皆さんも秋のメダカ飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。


応援をよろしくお願いします。

クリック
   

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ


メダカは群泳が楽しいのです!

P8315704
▲メダカたちの群泳

メダカが泳いでいる様子をイメージした場合に、1匹のメダカだけを思い描く人はいません。(キッパリ)
必ず多くのメダカが泳いでいる様子をイメージする筈です。
このように私たち日本人はメダカといえば群れ泳ぐというイメージが染みついているのです。
(もちろん、100人に聞けば、中には1匹だけのメダカをイメージする人がいるかもしれませんが、記事の都合上、いないことにします。)

実際に野生のメダカたちを観察すると、多数のメダカが集まって群れ泳いでいますし、逃げる時も一緒に同じ方向へ泳ぎます。
魚が群泳するのは、一般には補食者からの攻撃を受けた時に多数で泳いでいた方が生き残る確率が高いことが理由であると言われています。
確かに鳥などに襲撃されたり、他の魚などに襲われた場合には、群れをつくっていた場合には様々な方向に逃げますから、被害は最小限にとどまるような気がしますよね。

う〜ん、でも実際はどうなんでしょうねぇ。
「一網打尽」という言葉がありますが、群れている所に網を入れれば、正(まさ)に一網打尽で大漁ということになります。
まあ、もともとメダカたちにとっては、網を使う人間のような補食者は想定していなかった筈ですからね。

ということで、自然界だけではなく人工飼育環境でもメダカは群泳をさせたいものです。
まあ、通常はメダカを1匹だけ飼育しているなんて場合はイレギュラーな状況ですからね。

さて、我が家のビオトープ、メダカ池です。
ここではヒメダカたちやタナゴ、ドジョウなどを飼育しているのですが、このメダカ池ではメダカたちの群泳を思う存分に楽しむことが出来ます。

P8315657
▲メダカ池です。

さすがにメダカ池には水の流れがありませんから、同じ方向には向いていませんが、メダカたちは思い思いに泳いでいるのでした。

P8315715

P8315697
▲ヒメダカたちが群れています。

それにしてもヒメダカの群泳は良いですよね。何よりも体色が目立ちますからしっかりと観察できます。
クロメダカですと、次の写真のような感じになりますから、あまり目立ちません。

IMG_6304 2A
▲自然界のクロメダカ

晴天で水面が反射したような場合には、メダカがいることすら気が付かないこともあります。
まあ、自然界では外敵に襲われないために目立たないことがとても重要ですからしょうがないのですが・・・。

P8315660

P8315709
▲ビオトープではヒメダカの群泳がオススメです。

まあ、人工飼育環境では、しっかりと目立つヒメダカなどの品種でじっくりとメダカたちの群泳を楽しみましょう。

大雨が降ったり、竜巻が起こったりと不安定な天候が続いています。
早く秋晴れの清々しい天気になって欲しいものですよね。
皆さんもメダカの屋外飼育を存分に楽しんでください。
では、また次回。

このブログの応援の為に下にある日本ブログ村投票バナーのクリックをお願いします。
プチッとクリックすると「メダカブログ人気ランキング」をご覧いただけます。


クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
 

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介