Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

ブチメダカ

水底のブチメダカ

昨晩は雪混じりの雨(みぞれ)が降りましたが、我が家の周りでは積雪はありませんでした。そして今日は一転して暖かな日となりました。
メダカ池をのぞいてみると、メダカたちも暖かな日差しを浴びて、いつもよりも行動が活発なような気がします。それでも、水底でジッと動かないメダカの方が多いのですが・・・。
水底でジッとしていて動かないメダカの中にブチメダカ(斑メダカ)を発見しました。
メダカ池の中には数匹、ブチメダカがいますが、そのうちの1匹です。
ジッとしていてくれるため、観察がしやすくて助かります。
このブチメダカ、ブチ(斑)の模様がブチメダカごとに異なっていて見ていてなかなか楽しめます。薄いブチもありますし、ブチの場所や多さもメダカ毎に異なっています。
ヒメダカを購入したときに何匹かブチメダカが混じっている場合がありますので、知らないうちにブチメダカを飼育していて、後で気がつくことがあります。
ヒメダカ同様に野外飼育に適した特徴的なメダカで、前にも書きましたが錦鯉のミニチュアのような感じで私がとても好きなメダカです。
錦鯉?いえブチメダカです。

季節はずれの2匹の稚魚たち

前回、プラ船水槽の中で4匹のヒメダカの稚魚を見つけたことを報告しましたが、今日、3日ぶりに探してみると2匹しか稚魚は見つかりませんでした。おそらくいなくなった2匹は成魚に捕食されてしまったのでしょう。残念です。合掌・・・。
というわけで、残りの2匹も食べられてしまってはかわいそうなので、早速、別の室内用飼育容器に緊急避難させました。
この飼育容器には水草のウィローモスを入れてあるもので、特に他の生き物は飼育していないため稚魚にとってはいい環境だと思います。ちょっとウィローモスに稚魚が絡んでしまいそうな気もしますが、とりあえず緊急避難用なので良しとします。
室内容器に移した稚魚は安心して元気に泳いでいますが、よく観察してみると1匹はヒメダカなのですが、もう1匹はブチメダカのような感じですがヒメダカなのかも。
ちょっと季節はずれですが、これからもう少し稚魚の観察をしてみようと思います。
1110ヒメダカの稚魚
1110ブチメダカの稚魚?かも
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介