Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

プラ船

【報告】 苔石の苔の中にいたものは・・・!?

P6132863
▲梅雨の晴れ間の屋外水槽。和(なご)みの情景なのです。

梅雨です。中休みの晴れ間もありますが九州では大雨が続きましたし、浜松でもここ数日は曇り空から時折、雨粒が落ちてくるような梅雨空が続いています。
とても鬱陶(うっとう)しい季節ですよね。
静岡県の梅雨明けは通常7月中旬ですから、まだまだジメジメした季節が続きそうです。
因(ちな)みに昨年の梅雨明けは、7月21日ころでした。
この頃の梅雨明け情報には、気象庁もあまり自信が無いようで「◯日ころ」というように、「ころ」という表現になっています。(はっきりと宣言して欲しいと思うのは自分だけでしょうか。)

P6132900
▲メダカ池ではコウホネが咲き誇っていました。

P6132878
▲メダカたちが集(つど)います。

早く梅雨に明けて欲しいのですが、梅雨明け後にはメダカ屋外飼育者にとっては、水温上昇対策など一年で最も気を使う厳しい夏が待っています。
う〜ん、ジレンマなのです。

さて、ここからが今回の記事の本題です。
少し前に苔石の苔が何故か剥がれてしまい、苔を張り替えた様子をお伝えしました。

P5232615
▲剥がれてしまった苔石。原因は不明です。

P5232638
▲張り替えた苔石。

苔石の苔は思ったよりも上手(うま)く張り替えることができましたから満足していたのですが、少し前のことですが、ついにその犯人ではないかと思われる生き物を発見したのです。

プラ船水槽のメダカたちに餌を与えようとした時のことです。
苔石の苔が少し剥がれていて、その中に何やら生き物が潜んでいるのを見つけました。

P5312713
▲苔石の苔の中に何かが・・・。カエルでした。

近づいて確認してみると、なんとカエルでした。
オス・メスが仲良く苔の間に潜(ひそ)んでいたのです。 
いや〜、びっくりしました。

P5312708
▲苔の中にカエルが隠れているのでした。気持ちが良さそうなのです。

う〜ん、確かにこんな事をすれば、苔は剥がれてしまいますよね。
でも、気持ちよさそうに苔に潜り込んでいる様子を見ると、追い払うのも可哀想です。
ということで、しばらくはこのままにしておくこととしました。

日本のカエルは、泳いでいるメダカを捕食することはないとの記事を以前、読んだことがありますから、メダカに被害が出なければ良いのです。
擬似ビオですから、メダカに被害が出ない限りは、このような来訪者も許容しなければいけませんよね。
メダカ池に放すことも考えたのですが、また、プラ船も戻ってくることも想定されます。
(前回の記事のヤゴは、メダカを捕食しますからプラ船では許容できませんが・・・)

苔は蛙の様子を見て、また張り替えることとしましょう。
もしかしたら、もう少し後に、メダカとオタマジャクシが同居することになるかもしれません。

P6132924
▲梅雨空でもメダカたちは元気です。

P6132870
▲睡蓮の花が咲きました。

鬱陶しい日々が続きますが、梅雨の晴れ間には存分にメダカ観察を楽しんでくださいね。
では、また次回。

応援をよろしくお願いします。

クリック
    

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ


 

苔石の崩壊と再生

5月もそろそろ終わりです。
皆さんもメダカの世話や観察で楽しい日々を過ごしているのではないでしょうか。
我が家でも睡蓮の花が咲き始めました。
そんなウキウキする季節に我が家で事件が。
もはや年に一度はある恒例行事のような事件なのですが、 プラ船水槽のシンボルである苔石の苔が剥がれてしまったのです。

P5232615
▲苔が剥がれて無残な苔石なのです。

何回も紹介していますから、このブログを前からご覧いただいている皆さんはご承知だと思いますが、和の雰囲気を醸し出す為にプラ船容器の中に石を入れて、その上に苔を貼って苔石と称しています。
次の写真は、少し前(5月中旬)の苔石の様子です。

P5162529

P5162532
▲少し前までは、異常は無かったのですが…。

う〜ん、どうしてこんな風になってしまったのでしょうね。
この頃、カエルが出没していましたから、苔石の上でカエルたちが飛び跳ねたのでしょうか。

P5232619
▲苔石の上でカエルが踊ったのでしょうか?

もしかしたら、カラスなどの鳥が苔石の上で一休みをしたのかもしれませんね。
いずれにしても、苔石を再生しなければなりません。
思い切って、苔石の苔をすべて剥がしました。

P5232636
▲苔をすべて剥がしました。

これはこれで素敵だと思いますが、やはり和の雰囲気を出すためには、苔が必要ですよね。
ということで、前回、苔を採取した場所に苔ハントに行きました。
幸い、たくさんの苔がありました。

P5232632
▲この苔を採取します。 

苔石の大きさを考えて、少し大きめに採取しました。
こんな感じです。

P5232634
▲手で剥がしました。

この苔にジョウロで十分に水をかけて湿らせてから、苔を石に貼りました。
すると、見事に苔石が再生しました。
こんな感じです。

P5232644

P5232648
▲再生した苔石です。素敵なのです。

いい感じになりました。
自己満足です。
贔屓目(ひいきめ)ですが、メダカたちも喜んでいる気がします。

P5232638
▲苔石の周りを泳ぐメダカたち。 

こんな自己満足の繰り返しが、継続の秘訣ですよね。

P5232647
▲プラ船の流木も苔生(こけむ)して良い感じになっています。

卵が次々と孵化しいます。そして、以前に産まれた稚魚が成長してきました。
メダカ屋外飼育がとても楽しい時期です。
飼育を続けているといろいろな事がありますが、それはそれで楽しいのです。
皆さんもメダカ屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。 

応援をよろしくお願いします。

クリック
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ    
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介