Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

ダルマメダカ

(続)ダルマメダカの屋外飼育

朝の日を浴びるダルマメダカ

前回、コウホネの水槽でダルマメダカや半ダルマメダカなどの屋外飼育を開始したことを報告しました。

この水槽でダルマメダカたちは何の問題もなく元気でいたのですが、なんと早くも飼育水槽を変更してしまいました。

何故?そしてその原因は・・・・・?

実はコウホネ水槽ではダルマたちを観察しにくいことに気がついたのです。

コウホネは水上にも水面にも水中にも葉があり、この葉がメダカたちの隠れ家にもなり、メダカにとっては最適な飼育環境なのですが、このことは逆に言えば、じっくりと観察するには不向きということになります。

「ダルマたちよ、勝手な私を赦してくれ!」と心の中で謝りながら、流木とウォータクローバーのいたってシンプルな屋外水槽へ移しました。

そして、元々、この水槽で飼育していたヒメダカと斑メダカはコウホネの水槽へ移しました。(ヒメダカたちよ、ごめん!)流木の屋外水槽

流木水槽には水面には何の障害物もありませんから、これでじっくりと観察することが出来ます。

今朝、早速、観察をしに行くと、ダルマたちは秋の日の光を浴びながらゆらゆら、ゆったりと泳いでいるのでした。どうやらダルマたちもこの屋外水槽を気にいってくれたようです。

ダルマメダカの屋外飼育

昨日は台風一過の青空がありましたが、今日は朝から曇っています。

コウホネの屋外水槽では、今年、2度目のコウホネの花が咲いています。

コウホネの花
コウホネの花にはいろいろな昆虫が寄ってきます。我が家の庭には他にもいろいろな花が咲いているのですが、特にコウホネの花には多くの虫が来るような気がします。

さて、このコウホネの水槽に先日から屋内で飼育していたダルマメダカ、半ダルマメダカなどを移しました。

屋外水槽のダルマメダカ
いよいよダルマたちの屋外飼育です。

屋内のアクアリウムなどで飼育したほうがじっくりとメダカの様子を観賞できるのですが、メダカ本来の姿で元気に日の光を浴させながら飼育をしてみるために屋外へ移しました。

購入してきた2匹以外は、我が家の屋外飼育で今年生まれたメダカたちですから、本来の場所に戻ったということでしょうか。

気温も秋めいてきましたし真夏のように水温が上がりすぎることを気にする必要はないことから、ダルマたちを屋外に移すには今が最適です。

しばらくは屋外のダルマたちの様子を観察してみたいと思っています。

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介