Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

楊貴妃メダカ

【撮り下ろし】9月のメダカフォトコレクション

今回は久しぶりのフォトコレクションをお届けします。
少しずつ秋めいてきて、屋外飼育のメダカ観察には最適の季節になってきました。

今回は楊貴妃メダカたちの様々な表情を中心にご紹介をします。

P9161212
▲楊貴妃メダカです。

P9171260
▲何かに驚いたような表情ですね。

楊貴妃メダカはバケツ水槽で飼育をしています。
そして、このバケツ水槽には楊貴妃とともにヒメダカやブチメダカの幼魚が同居しています。

P9161217

P9161166
▲ヒメダカの稚魚たちと仲良く泳ぎます。

P9171249

P9171243

P9171255
▲健康そうな体型ですよね。

楊貴妃メダカは昨年の秋に産まれました。屋内の稚魚水槽ですくすくと育ったのですが、一緒に産まれたメダカたちは、屋内アクアリウムと屋外のバケツ水槽に分かれて暮らしています。
自分としては容器がバケツであっても屋外の楊貴妃たちの方がのびのびと元気に育っているような気がします。

P9161167
▲ヒメダカの幼魚と踊っています。

さて、9月のメダカフォトコレクション、いかがでしたでしょうか。
メダカたちの表情が少しでも皆さんに伝われば幸いです。
せっかくのメダカ観察ですから、メダカの様子を写真に残してみたいものです。

皆さんもメダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。

このブログの応援の為に下にある日本ブログ村投票バナーのクリックをお願いします。プチッとクリックすると「メダカブログ人気ランキング」をご覧いただけます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 クリック

続きを読む

行方不明になったマサムネ君を探す!

今週は台風4号の暴風雨や梅雨前線の影響により日本全国で土砂災害や停電などの被害が相次ぎました。
いくら梅雨(つゆ)とはいいながらも雨が降りすぎますよね。

前回の記事では台風4号の後の屋外飼育容器のメダカたちの様子をお伝えしました。
記事には書かなかったのですが、とても心配していることがありました。

実は6月の初めに屋内水槽から屋外水槽に移した楊貴妃の幼魚たちの中で、我が愛する片目の「マサムネ君」の行方が分からなくなっていたのです。

   ※マサムネ君については マサムネ君、屋外へ!

大雨で流されてしまったのかも知れませんし、もしかしたらこの頃、飼育水槽に出没する蛙の餌食になってしまったのかも・・・。
不安が頭をよぎります。
そのまま屋内飼育をしていれば良かったなどと、後悔をしてしまう自分がいるのでした。

ということで、昨晩の9時頃から本格的にマサムネ君の捜索を開始したのでした。
ペンライトを持って水槽の中を照らします。
水槽の中央で群れているメダカたちの中に居るのかもしれないと思い、しばらく観察をしました。

P6219632
▲メダカたちが群れています。でもマサムネ君の姿は・・・ありません。

メダカたちは、元気いっぱいに群れているのですが、肝心のマサムネ君はどこにもいません。

この水槽にはナガバオモダカの葉が繁っていますから、もしかしたらナガバオモダカの葉陰に隠れてしまっているのかもと思い、しばらく探したのですが見つかりません。
マサムネ君はいったいどこにいってしまったのでしょうねぇ。

片目というハンディに負けて、★になってしまったのか・・・。

半分、あきらめそうになったのですが、もしかしたらと思い自分に一番近い場所に繁っているナガバオモダカの間をライトで照らしてみました。
すると・・・、葉陰の間をなんとなく不器用に泳いでいる1匹の幼魚を発見しました。
もしかしたらと思い、覗きこむとやっぱり特徴ある姿が。
マサムネ君でした。
「灯台下暗し」(とうだいもとくらし)ですよね。 
 ※人は身近なことには案外気がつかないものだというたとえ。

P6219629a
▲葉陰にマサムネ君を発見!

良かったですねぇ。しっかりと生きていました。
ホッと一息、安心しました。

P6219640a

P6219636a
▲片目というハンディにも負けないマサムネ君の勇姿です。

マサムネ君は仲間たちとは離れて水槽の隅のナガバオモダカの葉の間を自分のテリトリーにしているようです。
泳ぎも他のメダカに比べるとあまり上手ではありませんから、出来るだけ葉が繁っている場所に身を寄せているのかもしれませんね。

P6219633a
▲とても愛らし姿ですね。

しばらくの間、マサムネ君を見失わないようにライトで照らして観察をしました。

マサムネ君を屋外飼育容器に入れた時の記事に「可愛い子ライオンを千尋(せんじん)の谷へ落として自然界の厳しさを覚えさせる親ライオンの心境とでもいいましょうか。」などと書いたのですが、親ライオンとしては、肝心の子ライオンがいなくなってしまっては、元も子もありませんよね。
とにかくホッとしたのでした。

P6219639a
▲正面からのショットです。凛々しさを感じるのは飼育者の欲目でしょうか。

これからも厳しい自然界の洗礼を浴びると思いますが、出来る限り本来の生息環境に近い環境で飼育をしたいものですよね。
屋外飼育にして良かったと思えるように、これからも楽しくマサムネ君の成長を見守っていきたいと思います。
皆さんも片目のメダカ「マサムネ君」の成長を応援してください。

では、また次回。

このブログの応援の為に下にある日本ブログ村投票バナーのクリックをお願いします。プチッとクリックすると「メダカブログ人気ランキング」をご覧いただけます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 クリック

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介