Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

アオメダカ

悲しい出来事(アオメダカ、謎の失踪)

P6196322
▲在りし日の・・・アオメダカ

昨日、やっと鬱陶しい梅雨が明けました。
気分すっきりでいよいよ夏本番という感じですが、実はとても悲しい出来事がありました。
前回の記事にも書きましたが、先週は忙しくて2日も外泊してしまい、家から出勤するときもメダカの様子を確認する間もなく、餌だけ水面に浮かべて出かけてしまいましたから、こんなことが起きるのかも知れません。
実はアオメダカを睡蓮鉢で飼育をしていました。
その数は10数匹。

我が家の中でも最も大きなメダカはこの睡蓮鉢で飼育しているアオメダカの中の1匹だったと思います。
P6055853
▲こんなに元気だったのですが、何処へ?

このアオメダカたちが、昨日、鉢を確認してみると1匹残らず、消え失せていたのです。

アオメダカがいないことに気がついたのは、餌を与えにいったときに、孵化したばかりの稚魚たちが気持ち良さそうに睡蓮の葉の間を泳いでいるのを発見したことがきっかけです。稚魚の数は10数匹いたと思います。
P6156195
▲先日までは、こんな感じでした。

通常、成魚が元気であったなら、稚魚たちは餌食になってしまいますから、このようにのんびり泳いではいられません。

様子がおかしいことにすぐに気がつき、睡蓮の葉の下を確認したのですが、アオメダカたちは不思議な事に1匹もいませんでした。
そして病気であれば、当然、死骸があるはずですが、まったく痕跡もありません。

想定されるのは鳥、又は猫などの動物に襲われたということですが確証がありません。
雨も先週は降ったのですが、軒下ですから、そんなに大量の雨が入り込むことはない筈ですから、メダカたちが流されてしまったということもないはずです。
一体全体、どうなってしまったのでしょう。
以前、屋外のプラ船で金魚を飼育していた時に、カラスに金魚を全部食べられてしまったことがありますから、鳥に襲われたことが原因のような気がしますが、メダカが睡蓮の葉陰に隠れてしまえば食べられることは無いと思いますから不思議です。

ブログをご覧になった皆さんの中にも私と同じようにメダカがいなくなったとの質問があったのですが、まさか我が家でも同じことになるとは思ってもいませんでした。完全に油断してました。

P6055856

アオメダカたちは私のお気に入りだったのですが、とても残念です。飼育者失格ですね。

昨年の7月にもメダカ池で悲しい出来事がありましたが、どうやら我が家では7月は要注意の月のようです。

そんな悲しい出来事のあった睡蓮鉢では、花好き爺さんほどの見事なスイレンではありませんが、それはそれで、結構、素敵なスイレンが昨日も咲いていたのでした。

屋外水槽はメダカたちを自然に近い形で飼育出来るというメリットがあるのですが、こんな形のリスクもあるということを改めて勉強しました。

この反省を活かして、新たな気持ちでメダカを飼育していかなければと心に誓ったのでした。P6055849

P6055867
▲自慢のメダカたちだったのですが。(上はヒカリメダカです。)

それにしても悲しい出来事でした。
皆さんも屋外飼育では思わぬ事が起きることも想定して、メダカの飼育を楽しんでくださいね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。

青色の魅力

夏休み後半の日曜日、今日は朝から河川のボランティア清掃に参加をしてきました。
近年は人々の環境に対する意識が高まっている筈なのですが、投げ捨てられたペットボトルや空き缶の多さに驚きました。
過去のことをとやかく言わず、すべてなかったことにするという意味の慣用句に「水に流す」という言葉があります。
今の世の中、いろいろ水に流したいことがあると思いますがゴミまで水に流さなくても良いのですが。
「自然の最大の破壊者は人間である」という言葉が頭をよぎりました。
そんな河川清掃を行いながら川を覗いてみましたが、残念ながらメダカは発見できませんでした。
しかし、ヨシノボリやウグイやハヤらしき小さな稚魚をたくさん見ることができました。少しホッとしました。

さて今日は暑かったのですが、吹き抜ける風はカラリとしていて心地よく、空を仰ぎ見れば秋を感じさせる気持ちの良い青空でした。
青空の青い色は我々の気持ちを和ませてくれます。
メダカにアオメダカという品種がいます。
アオメダカ観賞用に普通にペットショップなどで販売されていますが、クロメダカとシロメダカの交配種を固定したもの(と言われています。)で、色素の関係で全身が青白いことからアオメダカと呼ばれています。
我が家ではアオメダカを睡蓮鉢で飼育をしていますが、このアオメダカを観察をしていると、その様子が気持ちをとても和ませてくれるんですよね。
アオヒカリ
観察するときの見る角度や光の様子でキラキラと輝いて見えたりもしますし、夜のペンライトの明かりに浮かび上がるアオメダカはとても素敵なメダカです。
アオメダカとアオダルマ
余談ですが、メダカと同じくニホンザリガニも絶滅危惧種に指定されていますが、自然界ではニホンザリガニの中に青いザリガニ(青ザリ)が産まれるのは1000分の1程度の確立で、とても珍しく貴重であるということです。
また以前、青いバラの花を咲かせようという取り組みが話題になりましたが、自然界では青いものが少ないため、青は貴重な色であり神秘性を表す色として扱われてきました。
そして青い色には心を落ち着かせる効果があると言われています。
これらが「青色の魅力」です。
アオメダカは厳密に言えば青色ではありませんが、しっかりと「青色の魅力」を持っているメダカだと思います。
アオダルマ

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介