Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

水生植物

ホテイソウとコウホネの開花(メダカ屋外飼育の楽しみ)

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

先日のことです。
屋外飼育水槽(ジャンボタライ)のホテイソウ(ホテイアオイとも言います。)に花が咲きました。

P8290401_Fotor

気温と水温が高い日が続いていましたが、このことが開花の条件に合っているようで、この頃はいくつもの花が咲いています。
ホテイソウの花は開花期間が約1日〜2日ですから、日中に仕事に行っていると滅多に見ることができませんが、この日はたまたま休みの日でしたから、じっくりと観察です。

P9095278_Fotor

ホテイソウの花は、青と紫と黄色がなんとも涼し気な雰囲気を醸し出していて、とても素敵です。
この花や水に浮かぶ様子から、ホテイソウは日本原産の水草だと思っている方も多いのではないかと思いますが、実は、外来種で明治時代に日本に伝わってきた植物です。

原産が南米のようですから、日本の季節では夏が合っているのでしょうね。

P8290400_Fotor

屋外水槽に浮かぶホテイソウは、外来種であってもどことなく「和」の風情(ふぜい)を醸し出しています。
ジャンボタライのシンボルである苔石の脇で開花したホテイソウの周りを、メダカたちがゆったりと泳いでいる様子を観察していると、屋外飼育をしていて良かったなぁと改めて感じてしまいます。

そして、この頃は、メダカ池のあちらこちらで水性植物のコウホネが小さな黄色い花を咲かせています。

P9095276_Fotor

コウホネはスイレン科の日本の水性植物で、地下茎が白い骨の様に見えることから、河原の骨ということで、漢字では河骨と書き、この名が付いたとされています。

P9095275_Fotor

メダカ池の水底では、コウホネの地下茎が勢力を拡大したため、あちらこちらにコウホネの葉が水面に浮かんでいます。いくつもの蕾が確認できますから、しばらくの間、コウホネの花とメダカの観察を楽しむことが出来そうです。

メダカの屋外飼育ではこのように様々な水性植物の花を楽しむことが出来ます。

ぜひ、メダカ飼育未体験の方は、屋外飼育でのメダカ飼育と水性植物の栽培にチャレンジしてみてくださいね。とても楽しいですよ。

【Tokuzeのメダカ動画】
youtubeで公開しているメダカ動画です。
動画を見ることができる環境の方は、お時間がある時にゆっくりと御覧ください。(音が出ますので、ご注意ください。)


では、また次回。

<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村   
 

梅雨に咲く花々

梅雨が続いています。
晴れ間もありますが、梅雨前線の北上と南下に合わせて雨が降ったり、曇ったりと生憎(あいにく)の天気が続きます。(浜松は、どちらかというと空梅雨ですが・・・。)
梅雨前線の影響で先日には関東地方で雷雨が続き雹が降ったりしましたし、今週になってからは、九州で50年に一度の大雨が降りました。
そして、昨日は南方で台風8号が発生しました。
気象庁の予報では、この台風8号は発達しながら北上し、来週半ば頃には日本に上陸する恐れがあるとのこと。
例え台風が上陸しなくても梅雨前線を刺激して大雨になることもありますから、その影響がとても心配になります。
そして、メダカの屋外飼育者は台風が近づくとメダカ飼育水槽に被害が出ないように対策をしなければなりません。

台風対策の参考にどうぞ!
緊急】メダカ屋外飼育の台風対策 ←クリック

さて、本題です。
梅雨の頃はジメジメと湿度も高く、とても鬱陶(うっとう)しい時期なのですが、こんな時にもメダカの屋外飼育では、次々と水生植物が開花してくれますから嬉しいものです。
P6289780
▲ナガバオモダカの花です。小さな花ですが、可憐で素敵なのです。

特に、睡蓮の花は今が盛りとばかりに毎週のように花を咲かせています。
この前の夜間観察で、こんな蕾を見つけました。
P6159683
▲水面から蕾が顔を出していました。

すると、数日後には、こんな感じに開花です。
P6289795

P6289796
▲赤い睡蓮の花なのです。見たまんまですが・・・。

ベジタブルプランターでは黄色い睡蓮の花が咲いていました。
P6159674
▲淡い黄色の睡蓮なのです。

そして、同じベジタブルプランターでは、白い睡蓮も開花しているのでした。
P6229750
▲ベジタブルプランターは水深もあって睡蓮栽培にも最適です。

庭の睡蓮甕では、今週も白い睡蓮の花が開花していました。
この甕では、今年に入ってから4個目位の開花でしょうか。
睡蓮の若葉の脇には次の蕾も顔を出していましたから、まだまだ花が楽しめそうです。
P6289788
▲庭の睡蓮甕の白い花なのです。

さて、ここからは梅雨時の睡蓮の様子を過去写真で少しご紹介しますね。

雨に濡れた睡蓮の花もなかなか風情(ふぜい)があって素敵です。そして、梅雨の晴れ間には蜂や蝶が蜜を求めて訪れ、自然界の営みをみせてくれるのです。自分のような昆虫好きにはたまりません。
それでは、ご覧ください。
P6112514
▲雨に濡れた玄関脇の睡蓮です。

P6263029
▲梅雨時の睡蓮甕も風情があって素敵なのです。

P6263043
▲雨に濡れてもしっかりと開花するのでした。

P6182701
▲雨に打たれて少し萎れた感じです。

P6239683a
▲蜂が睡蓮に訪れました。花粉まみれですよね。

IMG_7691a
▲甘い匂いに誘われて・・・。

P6239692a
ヒメコウホネの黄色い花は蜂のお気に入りなのです。

さて、今回は梅雨に咲く花々を睡蓮の花を中心にご紹介しました。
冒頭に書きましたが、台風の動きが気になりますから、もし台風が近づくようでしたら、台風対策を怠(おこた)りなく。

鬱陶(うっとう)しい季節が続きますが、皆さんも梅雨に負けずにメダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。

※「Tokuzeのメダカ屋外飼育ガイド←クリック ぜひご覧ください。

応援をよろしくお願いします。
クリック
   

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ


アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ