Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

ビオトープ

夏のジャンボタライビオトープとモリアオガエル

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。



7月も中旬となりました。
夏本番です。
そして我が家のジャンボタライビオトープにも夏が訪れました。
P7141683_Fotor
▲夏のジャンボタライビオトープ

水草が青々と繁茂しています。そして睡蓮が今年3回目の開花です。
綺麗な紅い花を咲かせています。
P7141703_Fotor

肝心なメダカたちの様子ですが、成魚とともに今年になって孵化し成長したメダカが一緒になって元気に泳いでいます。
そしてさらに新しい仲間が増えました。それはモリアオガエルのオタマジャクシです。

実は、7月4日の朝、このジャンボタライビオトープにモリアオガエルが産卵していることに気が付きました。
IMG_4659_Fotor
▲産み付けられたモリアオガエルの卵塊

モリアオガエルは地域によっては天然記念物に指定されている場合もある日本固有の蛙で、産卵時に泡のような卵塊を水辺の上の木などに産み付けることで知られています。
前日の夜に確認した時にはこの卵塊はありませんでしたから、夜遅くから朝にかけて産卵したようです。
IMG_4565_Fotor
▲ジャンボタライビオトープの側で見つけたモリアオガエル

そして卵塊を見つけてから一週間後には、たくさんのオタマジャクシが孵化してこのビオの新しい仲間となりました。
P7141693_Fotor

P7141697_Fotor
▲今年孵化したメダカと成魚とオタマジャクシ(写真では分かりにくいのですが、たくさんのオタマジャクシがいます。)

卵塊から孵化したオタマジャクシは、下の水辺に落下するのですがその様子は見ることが出来ませんでした。残念です。見たかった。
 

「来る生き物を拒まず !」がこのビオのモットーですから、オタマジャクシが仲間になることは全く問題はありません。
そしてオタマジャクシを飼育することが、このビオトープにとって良いことがあります。それはオタマジャクシが屋外飼育水槽の嫌われもののアオミドロを食べて除去してくれるのです。
蛙になってこのビオトープから出ていってしまうまでの間は、オタマジャクシたちにはこのビオの掃除屋さんとして頑張ってもらうことにしましょう。
P7141685_Fotor

これから暑い日が続くと思います。
飼育水槽の水温対策には十分注意をしながら、メダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。



<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村 

 

6月はメダカ屋外飼育が最高に楽しい月なのです。

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。



6月になりました。
メダカたちの産卵が最盛期となっています。
そして次々と卵が孵化しています。
自分にとっては、一年の中で6月が一番、メダカの屋外飼育が楽しい月だと思っています。皆さんはいかがでしょうか。



今回の記事では、6月の我が家の屋外水槽の様子を写真でご紹介します。

まずは、玄関脇の「睡蓮瓶(かめ)」です。
P5301564_Fotor
▲初夏の日差しを浴びた睡蓮瓶です。

この瓶ではメダカを飼育するとともに睡蓮を栽培しているのですが、実は嬉しいことが。
瓶の中を覗いてみると、睡蓮の花の蕾が水面に向かってグイグイと伸びてきているのです。
P5301555_Fotor
▲睡蓮の花の蕾が伸びています。

この睡蓮は、毎年、白い花を何回も咲かせてくれますが、今年も睡蓮の花とその周りを泳ぐメダカの様子を観察できるまでもう少しとなりました。(平日に開花すると仕事で観察出来ないことも。そうなってしまうと残念なのですが・・・。)
P6045156 (1)
▲睡蓮瓶の白い花(過去の写真です。)

次は、庭の「瓶のビオトープ」です。



P5301568_Fotor

P5301611_Fotor

瓶のビオには4月に孵化して成長した稚魚を成魚と一緒に飼育しています。


しかし、軒下ではないため日当たりが良好すぎるのが難点でした。
夏の高水温が心配となります。
そこで、先日、このビオトープに夏の日差しを避けて水温の上昇を防ぐための対策を行いました。


おかげで日差しを遮ることができて、メダカたちも気持ちよさそうに泳いでいるのでした。
満足なのです。(自己満足なのですが・・・。)

P5301612_Fotor
▲日陰が出来て稚魚たちも気持ちよさそうです。

次は、ジャンボタライビオトープです。
P5301560_Fotor
▲緑いっぱいなビオトープです。

ジャンボタライビオトープは水性植物や苔が繁茂して緑がいっぱいとなっています。
そんな緑の中でメダカたちはとっても気持ちよさそう。緑の中を泳ぐメダカを観察すると心が知らぬ間に和(なご)んでいるのでした。





そして、ビオトープの水中を観察してみると、玄関脇の「睡蓮瓶」と同じ様に、睡蓮の蕾が水面に向かって伸びていました。
P5301558_Fotor
▲水面に向かって蕾が伸びていました。

このビオトープの睡蓮の花の色は「赤」。さて、睡蓮瓶の「白い花」と、このビオの「赤い花」とどちらが先に咲くのでしょうか。いい勝負になりそうです。楽しみなのです。

P5301563_Fotor
▲睡蓮鉢。蓮の葉が水上に顔を出しました。青水化しています。



6月は、餌やり、採卵、孵化した稚魚の世話、観察(夜間観察も楽しい!)、水槽の手入れ、水草・水性植物の手入れ、新たな水槽の立ち上げ、梅雨の大雨対策、水温上昇対策など、様々なことをやる必要があります。しかし、何をやっても楽しいのが不思議です。そして何故か癒やされるのでした。

皆さんもメダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。

<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村  

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ