Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

アフリカンランプアイ

眼が光るメダカ

以前、「屋内水槽の謎の稚魚」と題して熱帯魚の屋内水槽で見つけた稚魚の話を書きましたが、この稚魚の種類は・・・・(予想どおり)メダカの仲間のアフリカンランプアイでした。

なぜ、アフリカンランプアイの稚魚と分かったのかというと・・・簡単です。その理由は親と同じように眼が青く美しく光るようになったからです。(分かりやすい理由ですね。)

アフリカンランプアイの稚魚

アフリカンランプアイはナイジェリアやカメルーンなどのアフリカ原産のポピュラーな熱帯魚です。

体長は成魚になると日本のメダカとほぼ同じか、少し大きいくらいになります。

水槽内でライトに照らされると大きな眼の上側がブルーに光り輝きますから、アフリカンランプアイの群泳は水草に映えて幻想的でとても美しいものです。

このメダカの飼育はそれほど難しくなく初心者でも楽しめる魚で、我が家ではネオンテトラなどのカラシン系の熱帯魚と混泳させていました。

性格もおとなしく温和なため混泳させても全然問題ありません。

このメダカの卵は一粒ずつ日本のメダカと同じように水草に産み付けられますが、我が家では他の熱帯魚などとの混泳であるがゆえに、残念ですがいままでは稚魚が孵化したことがありませんでした。(水槽内の水草の手入れを行ったときなどに水草に産み付けられた卵を発見したことがありますが、産卵や孵化しても知らないうちに食べられていたのではないかと思います。)

しかし、今回はこの前のブログでお知らせした1匹と、ブログを書いてから1週間ほど後に発見したもう1匹の計2匹の稚魚をビーシュリンプの水槽に移してその成長を見守っていました。

ブログにも書きましたが、私はこの稚魚をアフリカンランプアイではないのかと考えたのですがいままで孵化させた経験がないため断言できずに観察をしてきたのでした。

この稚魚たち、まだまだ小さくこのまま元の水槽に移すと成魚たちの餌食になる恐れがありますから、もうしばらくは赤いエビたちと仲良く過ごしてもらおうと考えています。

それにしてもアフリカンランプアイはなぜ眼があのように光る必要があるのでしょうか?自分の眼が光るなんてとてもまぶしそうで嫌ですよね。不思議です。

アフリカンランプアイの成魚

屋内水槽の謎の稚魚

今回は久しぶりの屋内水槽ネタです。

屋外飼育水槽のメダカの記事ではありませんのでごめんなさい。

さて我が家の屋内水槽では、熱帯魚を4種類ほど飼育しています。屋内水槽

カラシン系のネオンテトラ、グローライトテトラ、カージナルテトラとメダカの仲間のアフリカンランプアイです。

今日、帰宅して熱帯魚たちに餌を与え、その後、少し水が減っていたので足し水をしようと水槽の上のライトをはずし、ガラスの天板を除けて水槽を覗き込んだときのことです。

水面近くの水草のそばに1匹の稚魚が泳いでいるのを発見しました。

4種類の熱帯魚のどの種類なのかは判別がつきませんが、稚魚が孵化していたのです。謎の稚魚

水面近くを泳いでいることからメダカの仲間のアフリカンランプアイの稚魚ではないのかと思いましたが、残念ながら知識がありませんからわかりません。色合いからするとグローライトテトラなのかも。

ふーむ、こんなにいい加減な飼育をしていても稚魚は孵化するのだと、改めて生命の力強さを認識したのでした。(実際は、いままでも何匹もの稚魚が孵化していたのかもしれません。)

さて、この稚魚をどうしようと考えたのですが、このままでは成魚の餌食になる可能性が高いので、別の水槽に隔離をすることとしました。

とはいっても別の屋内水槽はレッドビーシュリンプの水槽しかありません。

新たな水槽を作ることも出来ないので、早速、レッドビーの水槽へ移しました。ビーの水槽

レッドビーがこの稚魚を襲うことはありませんから、その点は安心です。

さて、この稚魚は何なのでしょうか?(その前に無事に大きくなることが出来るのかが一番の課題なのですが・・・・。)

乞うご期待。

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介