Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

コウホネ

ホテイソウとコウホネの開花(メダカ屋外飼育の楽しみ)

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

先日のことです。
屋外飼育水槽(ジャンボタライ)のホテイソウ(ホテイアオイとも言います。)に花が咲きました。

P8290401_Fotor

気温と水温が高い日が続いていましたが、このことが開花の条件に合っているようで、この頃はいくつもの花が咲いています。
ホテイソウの花は開花期間が約1日〜2日ですから、日中に仕事に行っていると滅多に見ることができませんが、この日はたまたま休みの日でしたから、じっくりと観察です。

P9095278_Fotor

ホテイソウの花は、青と紫と黄色がなんとも涼し気な雰囲気を醸し出していて、とても素敵です。
この花や水に浮かぶ様子から、ホテイソウは日本原産の水草だと思っている方も多いのではないかと思いますが、実は、外来種で明治時代に日本に伝わってきた植物です。

原産が南米のようですから、日本の季節では夏が合っているのでしょうね。

P8290400_Fotor

屋外水槽に浮かぶホテイソウは、外来種であってもどことなく「和」の風情(ふぜい)を醸し出しています。
ジャンボタライのシンボルである苔石の脇で開花したホテイソウの周りを、メダカたちがゆったりと泳いでいる様子を観察していると、屋外飼育をしていて良かったなぁと改めて感じてしまいます。

そして、この頃は、メダカ池のあちらこちらで水性植物のコウホネが小さな黄色い花を咲かせています。

P9095276_Fotor

コウホネはスイレン科の日本の水性植物で、地下茎が白い骨の様に見えることから、河原の骨ということで、漢字では河骨と書き、この名が付いたとされています。

P9095275_Fotor

メダカ池の水底では、コウホネの地下茎が勢力を拡大したため、あちらこちらにコウホネの葉が水面に浮かんでいます。いくつもの蕾が確認できますから、しばらくの間、コウホネの花とメダカの観察を楽しむことが出来そうです。

メダカの屋外飼育ではこのように様々な水性植物の花を楽しむことが出来ます。

ぜひ、メダカ飼育未体験の方は、屋外飼育でのメダカ飼育と水性植物の栽培にチャレンジしてみてくださいね。とても楽しいですよ。

【Tokuzeのメダカ動画】
youtubeで公開しているメダカ動画です。
動画を見ることができる環境の方は、お時間がある時にゆっくりと御覧ください。(音が出ますので、ご注意ください。)


では、また次回。

<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村   
 

我が家のビオトープ、メダカ池

Collage_Fotor1_Fotor2
▲「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

今回は、我が家のビオトープ、メダカ池の様子をご紹介します。

メダカ池は多くのメダカたちとともにドジョウやタナゴなどが生育しているビオトープです。水生植物は睡蓮やコウホネなどが根付いていますが、水温が
上がる5月の後半にもなると水生植物の成長のスピードにますます勢いがつき、知らぬ間に多くの葉が池の水面を覆っていました。このままでは肝心のメダカたちが泳ぐ水面が狭くなってしまうことから、先日、メダカたちの泳ぐスペースと観察スペースを確保するために一部の葉を除去してみました。

すると、水底まで日の光が届くようになり・・・

P5272384
▲日の光が水底まで届いています。

この機会を待っていたかのように、それまであまり目立っていなかった水草のカモンバが一気に成長し始め、水中のあちらこちらに
青々とした葉が見えてきました。やはり、日の光の力は偉大ですね。

P5272383
▲カモンバが成長中。

このままカモンバが成長すれば、やがて、下の写真のようになるはずです!?

IMG_5067 (1)
▲カモンバの上でメダカたちが乱舞しています。(過去画像です。)

この写真のような様子を見ることができるのは、もう少し先になりますがとても楽しみになりました。

P5272372
▲元気に泳ぎ回るメダカたち。

成長中のカモンバの周りを泳ぐメダカたちを観察していると、
メダカが他のメダカを追い回して密接・密着し、何度も何度も体を摺り寄せ、そして擦り合わせるような行動が観察できました。三密行動?、いえいえ間違えました、繁殖行動ですね。今はメダカたちのロマンスの時期、つまり産卵の最盛期なのです。

P5272366
▲一箇所にとどまることはありません。中には繁殖行動も見ることができます。

そして、写真にはありませんが、水の中をソッと覗き込むとタイリクバラタナゴやスジシマドジョウなどの姿を見ることができました。(夜間観察では、タナゴに婚姻色が出ていました。数匹(個)のドブ貝が土の中にもぐっているはずですから、ドブ貝への産卵が無事に出来ることを願っています。)

P5272364
▲時間を忘れてしまいます。今の時期は紫外線に注意。

メダカたちが群れながら泳ぎ回る様子を見ていると時間が経つことを忘れてしまいそうです。
メダカセラピーですね。心が癒されとてもリラックス出来ます。

でも、長時間の観察は御用心。今の時期の紫外線はとっても強力なのです。紫外線対策を忘れずに行ってくださいね。

P5272363
▲コウホネの花が咲きました。

メダカ池の片隅では、今年もコウホネが黄色い花が咲いていました。初夏から夏へ。季節は確実に巡っていきます。(夏の前に梅雨があります。梅雨の対策については、以前にも記事を書きましたが、また機会を見てご紹介します。)

今回は我が家のビオトープ、メダカ池の様子をお伝えしました。いかがでしたでしょうか。
今はメダカの産卵期ですから、メダカが活発に行動し、メダカ飼育や観察がとても楽しい時期です。
皆さんもこの機会にメダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。

<このブログを応援いただける方は投票をお願いします。>

blogmura_pvcount


アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ