Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

ジャンボタライ

ジャンボタライビオトープで理想の飼育環境を考える!?

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

前回の記事「ジャンボタライでビオトープを作る!」で、ジャンボタライを新たなビオトープとして改良したことを報告しました。

【BEFORE】

IMG_5429_Fotor
▲このジャンボタライが・・・
                                                             
【AFTER】
P9160437_Fotor
▲こんな風に変身です。

ジャンボタライに水深がある場所と浅瀬を作り、プラ舟水槽のように水性植物を植え付け、そして流木や苔石などを入れてレイアウトして、思ったよりも素敵なビオトープとなりました。

IMG_5632_Fotor

IMG_5633_Fotor_Fotor


ここまでは、前回の記事で書いた内容なのですが、少し書き足らないことがあるので追記したいと思います。
今回のビオトープのコンセプトは、
「田んぼ」です。
実は、メダカは日本で稲作が広がるとともにその生息域を広げたと言われています。
人が作った「田んぼ」という人工のビオトープがメダカが生息していくのにとても適していたのです。
その証拠にメダカの属名は、稲「Oryza」に由来する「Oryzias」であり、英名は「ライスフィッシュ」です。

自分は以前から「田んぼ」という環境でメダカを飼育してみたいと夢みていました。実際には田を持っていませんしノウハウもありませんから難しいのですが・・・。

以前には、こんな記事も書いています。

田んぼでメダカを飼育する!

田んぼは、様々な生き物を育みます。
田んぼは、田植え前に水を入れて、収穫後は落水(水を落とす)して、土を乾かすということを繰り返すのですが、この繰返しにメダカは対応してきました。落水時には河川や溜池などの深みに移り、次の春を待つのです。

今回のビオトープは、田んぼという浅瀬と溜池などの深みをイメージして作ったのものなのです。(因みにYoutubeで公開している動画では一切、このことには触れていません。さすがに動画の説明のコメントでは、この内容を書くのは難しいのです。)

IMG_5642_Fotor


「田んぼの浅瀬と溜池などの深みをイメージ」などと理想を語ってしまいましたが、実際には、このビオはそこまで上手く出来ていませんし、メダカにとっては、関係のない話なのですが・・・。
でも、製作者の自分がが満足しているので良しとしましょう。

IMG_5630_Fotor_Fotor
▲設置場所は「田んぼ」の環境とはほど遠いエアコンの室外機の横です。残念!

さて、ここまでの写真でお分かりのように、このビオで睡蓮が開花しました。

IMG_5624_Fotor

紅い素敵な花です。
ビオを製作して1週間で、こんな様子を見ることが出来るとは幸せです。

このビオには、今は様々な種類のメダカを入れていて、深みで泳いだり浅瀬で追いかけっこをしているメダカの様子を観察していますが、将来は田んぼの様子を模して自然界のメダカに近いクロメダカだけを飼育しようかなどとも考えたりもしています。
まあ、いろいろと考えることが、とても楽しいのです。(更にビオを改良しようかなぁ。)

ビオトープづくりの詳細は下の動画を御覧ください。




 


皆さんもお気に入りの飼育水槽でメダカ屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。


<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村    

ジャンボタライでビオトープを作る!

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

このブログで何回も紹介してきましたが、メダカの屋外飼育容器としてジャンボタライを使っています。
ジャンボタライは、その構造上から水深もあり睡蓮を栽培できます。

P5304534_Fotor
▲我が家のジャンボタライ。小さな池のようです。

image
▲ジャンボタライで睡蓮の花が咲きました。

水面も広く、メダカ飼育には最適な容器で小さな池という感じです。プラ舟に変わる屋外飼育の
新定番と呼んでもよい優れた容器なのです。

過去記事
屋外飼育には角型ジャンボタライが最適がおススメです!
おススメのメダカビオ容器、角型ジャンボタライの今! 

ただ、残念な点もあります。
それは、プラ舟のように様々な水性植物や湿性植物を植えたり、流木を配置したりして様々なレイアウトを楽しむことが難しいということです。
そして、プラ舟は水深も浅いことからメダカの様子を じっくりと観察することが出来ます。

自分もプラ舟に様々なレイアウトを施して、メダカ飼育を楽しんできました。

P7233881_Fotor
▲我が家のプラ舟水槽。過去のレイアウトです。かなり作り込んでいます。

そこで、ジャンボタライでもプラ舟のように水性植物や湿性植物を植え込んでメダカ飼育を楽しめるように、新たなビオトープとして改良することにしました。もちろん、睡蓮を栽培するための水深も確保します。

そして、出来上がった新たなジャンボタライのビオトープがこれです。

P9160435_Fotor
▲新たなジャンボタライのビオトープ。

ジャンボタライにタライ(小)を入れて水深を確保し、睡蓮とカモンバの鉢植えを沈めました。

P9160438_Fotor
▲睡蓮とカモンバの鉢植えを沈めました。

タライ(小)の周りには赤玉土を入れて水深を浅くしてヒメトクサやカサスゲなどの水性植物や湿性植物を植え付けました。そして苔石と流木でアクセントを付けました。

P9160448_Fotor
▲流木とヒメトクサ

P9160447_Fotor
▲苔石の周りを泳ぐメダカ。

P9160441_Fotor
▲カサスゲの株元で泳ぐメダカたち。

メダカたちは、タライ(小)の取っ手の下の部分の隙間を出入り口として、行ったり来たり。

P9160440_Fotor
▲上の写真の左に出入り口があります。

「ジャンボタライ+プラ舟」の特徴を持った新ビオトープの完成です。

P9160444_Fotor
▲カモンバの周りを泳ぐメダカたち

メダカたちも水深がある場所ではゆったりと泳ぎ、時折、浅瀬でおいかけっこをしたりして喜んでいるような感じです。(そんな気がするだけですが・・・)

【BEFORE】
IMG_5429_Fotor
▲このジャンボタライが・・・
                                                             
【AFTER】
P9160437_Fotor
▲こんな風に変身です。

まだまだ改良の余地はありますが、しばらくはこの新ビオトープでメダカ観察が楽しめそうです。
そして、睡蓮の蕾が少しずつ水面に近づいてきていますから、もう少ししたら赤い素敵な花を楽しむことが出来そうです。楽しみです。

ビオトープづくりの詳細は下の動画を御覧ください。




皆さんもお気に入りの飼育水槽でメダカ屋外飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。


<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村   
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ