Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

バケツ飼育

秋の初めのバケツ水槽

9月に入り、すっかり秋めいてきましたと書こうと思っていたのですが、今日は朝から気温が上がり蒸し暑い日となりました。
とはいっても日陰では、時折、吹き抜けていく風にやはり秋の気配を感じることができます。

さて、今回は久しぶりに「バケツ水槽」の様子をお伝えしたいと思います。

先日の記事で和の雰囲気が素敵な「手水鉢」を取り上げて、こんな水槽でメダカを飼育してみたいと書いたばかりなのですが、まあ、その対極の容器がバケツ水槽ですよね。
PB239039
▲前々回の記事でご紹介した「手水鉢」。素敵ですよね。

P9104815
▲今回、ご紹介するポリバケツを利用した屋外水槽

高級感は全くなく、何の変哲もないポリバケツなのですが、これはこれで安価に用意出来て手軽にメダカを飼育出来るというメリットはあります。
そして何と言っても取っ手が付いていますから、移動が手軽に出来るという他の屋外水槽にはない、決定的な利点があるんですよね。

今回、ご紹介するバケツ水槽ですが、容量が15リットルの小さなポリバケツを利用したものです。(もう一つバケツ水槽がありますが、別の機会にご紹介しますね。)
このバケツ水槽には鉢植えのヒメコウホネを沈めてあり、昨年、孵化したヒメダカたちを飼育しています。
この飼育環境のメリットは、ヒメコウホネの葉が茂ることにより、夏の間もしっかりと日陰を作ってくれるということです。

でも、デメリットもあります。それは葉が邪魔になってメダカの観察がとてもしにくいんですよね。
P9104818
▲普段はこんな感じでメダカを覗くとになります。

P9104822
▲う〜ん、やはり葉が邪魔をします。

人が観察をしにくいということは、鳥などの外敵の視線からもメダカを隠してくれますから、あまり文句もいえませんが・・・。

でもやはり、メダカたちの様子が気になりますよね。
ということで、今回は葉を手で除けて、無理矢理、写真を撮ってみました。
本邦初公開(?)のバケツ水槽のヒメダカをご覧ください。

P9104826
▲いました! ヒメダカたちです。

P9084800
▲ヒメコウホネの枯れ葉を背景にヒメダカをパチリ。顔から少しピントを外しました。残念。

P9084793
▲正面からの写真です。愛嬌のある顔付きですね。

P9084803
▲元気なヒメダカです。

ヒメダカたちはポリバケツの中でも、元気に成長しているのでした。
最も、メダカにとっては、容器が問題ではなくて、水質や水温が適しているのかが問題ですからね。

メダカ屋外飼育者には自分が選んだ屋外飼育容器の中に、いかにメダカが元気に生育出来る環境を作っていくのかが課せられています。
それが手水鉢であってもポリバケツであっても、同じことですよね。
メダカ屋外飼育は、とてもとても奥が深いのです。

でも、こんなことを書くと、メダカの飼育に手が出せなくなってはいけませんよね。
ポリバケツでも簡単にメダカを飼育出来ることをご紹介するのが、今回の記事の趣旨ですから本末転倒です。まずは下記のリンク記事を参考にメダカ飼育にチャレンジしてみてください。
メダカの屋外飼育を楽しみましょう。

では、また次回。
メダカの屋外飼育に興味がある、又は飼育を始めてみたいと思っている方は次の記事をご覧ください。
◎「GWにメダカの屋外飼育を始める方へ
「メダカのバケツ飼育のすすめ」← クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。


バケツ飼育スタイル2(流木を拾う!)

IMG_4645
▲朝顔の緑のカーテンの葉陰に置かれたバケツ飼育水槽。手前が容量15リットル、奥が25リットルのバケツです。

天竜川の支流で行われた河川清掃のボランティアに参加してきました。
今年の酷暑で川で遊ぶ人の数も例年よりも多く、キャンプ、バーベキュー、釣りなどで川が汚れています。
ということで、一夏の間に河原に捨てられたゴミをみんなで拾います。
夏の陽差しを浴びながらの作業でしたが、子供達も多数、参加しており楽しくゴミを拾いました。
そして、私にはゴミを拾うだけではなく、もう一つの楽しみがあります。
それは流木を拾うことです。
前回のブログ記事でバケツに流木を入れる飼育スタイルを紹介しましたが、写真でご紹介した流木は市販されているものでした。
しかし皆さん、流木は探せば河原に転がっているのですよね。
実は昨年の11月には、今回と同じ川で素敵な流木を見つけたことがありました。(ここをクリックしてください。)
さて、今回は流木は見つかるのでしょうか・・・。

結果は、次の写真のとおり3点の流木を拾うことが出来ました。
IMG_4634

IMG_4633
▲河原に転がっていた流木3点。

河原に転がっている流木で一番多いのは、木の枝のようないわゆる棒で、あまり良いものではありません。
いろいろ探して、どうにかGET出来たのが、上の写真の3点です。
もちろん、ゴミもしっかりと拾っていますからね。誤解をなさらないように。

そして、ボランティアを終えて家に帰り、流木をしっかりと洗ってバケツに入れてみました。
使用したバケツは15リットル程度の容量のものです。
とりあえず、底砂を入れずに、どのような感じになるのかを確認です。
IMG_4639

IMG_4644
▲睡蓮を入れたバケツ水槽と、流木を入れたバケツ水槽。

いかかでしょうか。
なかなか良い感じのバケツの飼育スタイルの誕生です。
市販されている流木と同等、いやそれ以上ではないかと自己満足です。

ここで、流木を拾った場合の注意点を一つ。
流木には水に浮く物と、沈む物があります。
手に持った時に重く感じても、沈まない流木がありますから、事前に拾った川で試してみてください。
それから、拾った流木はタワシなどでゴシゴシとしっかりと洗ってから使用してくださいね。

IMG_4650

IMG_4655
▲このような甕(かめ)や市販水槽も素敵ですが、バケツ水槽も手軽にメダカ飼育を始めることが出来て、良いですよ。

さて、このバケツ飼育について、いつもコメントをいただくこじさんから、季節を追った企画としたらとの提言をいただきました。
皆さんにメダカのバケツ飼育を奨めた張本人ですから、機会を見ながらバケツ飼育の様子をお伝えしていきますね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ