Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

ブチメダカ

ブチメダカは「斑(ブチ)」が個性なのです!

6c6f601c
▲ブチメダカと睡蓮の若葉

今回は、ブチメダカの話です。
以前にもこのブログで記事にしましたが、ブチメダカとは元々の体色にブチ模様が入ったメダカのことです。

cdb5e51b
▲ブチメダカの勇姿。

ブチメダカのブチを漢字で書くと「斑」とかきます。そして、「斑」という漢字の読み仮名は、「ぶち」以外にも「ふ」や「まだら」とも読みます。
日本人は、不思議なことに、この「斑」が好きで、「斑」が入っていることに価値を見出すのです。特に、植物では、葉などに斑(ふ)が入ることによって、その価値が大きく上がったりします。

803532ff
▲体全体に斑(ブチ)が入っています。

しかし、ブチメダカは、メダカの品種ではそこまでの希少価値はありません。例えば、安価なヒメダカを大量に購入すると、その中にそれなりの数でブチメダカが混ざっていることがあります。

a1890328
▲青水の中を泳ぐブチメダカ

ブチメダカですが、個体を識別しやすいというメダカ飼育者にとっては、とても役に立つ特徴があります。つまり斑の入り方が個体毎に異なっているため、識別が簡単なのです。

a3ef1ebb

ab6c18c3

f2001bed

c437e7fc

624a8366
▲ブチメダカの斑の入り方は、個体毎に異なります。

個体が識別できることにより、メダカへの思い入れもアップすること間違いなしです。

ブチメダカの斑が何かの病気と勘違いする方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。じっくりと観察してその独特の表情を楽しんでください。

4abb40a6

今回は、ブチメダカを紹介しました。
秋が少しずつ進行中です。
皆さんも秋のメダカ飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。

メダカ写真満載のブログです。
クリック⇒
Tokuze's Medaka Photolog

「にほんブログ村」の「ビオトープ」と「メダカ」カテゴリーのランキングに参加しています。応援していただける方は下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 

我が家のメダカたち

P5045202
この1週間のブログ記事の中でシロメダカクロメダカを取り上げましたが、まだ紹介していないメダカたちから不公平だと文句が出そうな雰囲気(?)です。
ということで今回は我が家の屋外水槽で飼育している他のメダカたちを紹介しますね。
今年の我が家の屋外水槽の構成をここでご紹介すると睡蓮甕(クロメダカ)、睡蓮甕(ヒメダカ)、睡蓮鉢(アオメダカ)、睡蓮鉢(シロメダカ)、プラ船(ヒメダカ)、プランター(ヒメダカ)、市販屋外容器(楊貴妃)の7種類です。
これにメダカ池ではメダカやドジョウ、タナゴを飼育しているのですが、これらの屋外飼育水槽が家の玄関周りと庭にズラッと配置されています。
幸い我が家には庭にそれなりの面積がありますから良かったのですが、家人には呆れられているというか、あきらめムードという感じですね。
お金があまりかからない趣味ということでどうにか理解をしていただいているような・・・・。

そんなメダカの屋外水槽ですが、我が家で飼育数が一番多いのがヒメダカです。
P5045192
日本で流通し飼育されているメダカの中で一番数が多いのがヒメダカですから、その割合でいえば当たり前なのですが、なんといっても丈夫で飼育をしやすいことと体色が目立ちますから観賞魚としては最適だと思います。
そして1匹当たりの販売単価も安いですしね。
ホームセンターで先日、販売価格を確認したのですが、1匹25円で販売されていて、50匹以上をまとめ買いをすれば1匹15円とのことでした。
う〜ん、これは安いと思わず購入しそうになった(条件反射です。パブロフの犬状態です。)のですが、家にはヒメダカがたくさんいますから我慢です。
ヒメダカは大型熱帯魚の餌として大量に流通していますから、やはり単価が安くなっているようですね。

プラ船水槽ですが、水が少し青水化していますから透明度がかなり低くなっています。
そんな水の中から浮上してきた時にパチリと撮影です。
P5045189

そしてブチメダカも浮上してきました。
ブチメダカは体に斑(まだら・ぶち)模様があるメダカですが、ヒメダカなどを購入すると混じっていることが良くあります。
P5045205
斑模様は個体毎に様々ですから、個性があって素敵なメダカです。

次はアオメダカです。
アオメダカはクロメダカとシロメダカの交配から生まれたメダカで色素の関係で全身が青白く見えます。
P5045222
シロメダカほどは色素が抜けていませんからこのような体色をしています。
P5045213
屋外水槽ではあまり目立ちませんが、じっくりと観察をしてみるとその体色はとても美しいものです。

そして最後に紹介するのがアオヒカリメダカです。
P5045218
ヒカリメダカは背ビレが腹部にある尻ビレと同じ形をしている変異個体で、腹部の輝きが背部にも現れているため、ヒカリメダカと呼ばれています。
P5045220
このヒカリメダカは、我が家で突然変異個体として孵化したものですが、すっかり大きくなりました。
屋外飼育ではメダカの観察がどうしても上からとなりますが、背中が輝きますから、とても観察しやすい個性豊かなメダカです。

最後に残念なお知らせを。
アオメダカの水槽で飼育をしていたダルマメダカなのですが、いつの間にか、いなくなってしまいました。
★になればその痕跡はあるはずですが、そのような様子は一切ありませんから、鳥や猫に襲われたのかもしれません。
いつもヨタヨタ、ヨロヨロと泳いでいましたから、逃げることも不器用そうですしね。
とても可愛いメダカだったのですが、残念なことをしました。
ダルマメダカ
▲在りし日のダルマメダカです。ヨタヨタといった感じで逃げていくところを撮影したものです。1年以上飼育し厳しい冬も屋外で無事に越したのですが・・・・。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
▲素敵なメダカブログがたくさんありますよ! とても参考になります。
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介