Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

レッドチェリーシュリンプ

スジエビ稚エビ観察記

1013食事中のレッドチェリーにそっと近づくスジエビ
今日、スジエビを観察していて決定的な写真を撮影しました。前回、レッドチェリーシュリンプの餌をスジエビの稚エビが奪いとったことを報告しましたが、再び、その様子を目撃しデジカメで撮影したものです。
スジエビは稚エビといえども、やっぱりスジエビなのですね。その強引さ、攻撃性は小さなときからしっかりと体内に育まれているようです。
それから、スジエビのもう一つ特徴的な行動がありました。
このアクアリウムでは、濾過された水が上から注がれているため、水槽内に弱い水の流れがありますが、何度も何度もその水の流れのままに流されてゆったりと遊んでいるのです。
2匹とも、しきりに水流のあるところまでやってきては、流されているのでした。
やっぱりスジエビの観察は飽きないですね。
1013餌を奪い取るスジエビ!

スジエビ稚エビ観察記

1012変幻自在に泳ぐ
スジエビの稚エビを屋内水槽に2匹移したところ、この稚エビたちが他のエビに混じって遠慮がちに泳いでいると先日、報告しましたが、どうやら遠慮がちに泳いでいたのは水の環境に慣れていなかったためだけだったようです。
稚エビを移してから3日目の昨日は、この前の様子が嘘のように2匹ともアクアリウムの中を元気に泳ぎ回っていました。
そして、今日はなんと自分の体より少し大きいレッドーチェリーシュリンプから餌を奪い取るという荒業も見せました。レッドチェリーが餌を一生懸命食べているところへどうどうと正面から近づき、いきなり手(足)を伸ばして奪い取ったのでした。さすが、テナガエビ科のエビですね。稚エビといってもなめてはいけません。ハサミのついた長い手は強力です。
レッドチェリーも一度は意地を見せて餌を奪い返したのですが、再度、スジエビに餌を奪われ、すごすごとひきさがっていきました。
この水槽の中でからだが一番大きいレッドビーは、この様子を横目でみながら我れ関せずといった感じで、悠々と自分の餌をツマツマしているのでした。
まだまだスジエビの稚エビの観察、楽しめそうです。
1012餌に喰らい付く
1012レッドチェリーとスジエビの稚エビ
1012チェリーとビー
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介