Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

春の兆し(馬酔木の花とメダカの話など・・・。)

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。



先日、冷たい雨が降った翌日は気温が上がり、暖かな一日となりました。
メダカ池を覗いてみると、池に覆いかぶさっている馬酔木(アセビ)の木が、たくさんの花を付けているのでした。

P1311015_Fotor
 
P1311013_Fotor
▲馬酔木の花

そして、前日の風雨のせいでしょうか、壺型の特徴ある小さな花が池の上にいくつも落ちていて、水面に漂っていました。
たくさんの花が水面の一箇所に集まっているような場所もあり、まるで馬酔木が水面で咲き誇っているかのようです。

P1310992_Fotor

そして、肝心のメダカたちは、日当たりの良いところで日向ぼっこです。

P1310986_Fotor

P1310987_Fotor

P1311019_Fotor

先日までは水温が低くて、メダカたちは水面にはほとんど浮上していませんでしたが、今の様子を見ると、水温の上昇とともに活性が少しずつ上ってきているようですね。

そして、玄関脇の睡蓮瓶(すいれんがめ)のメダカも元気が出てきて、水面近くまで浮上するようになっていました。

P1311041_Fotor
▲玄関脇の睡蓮瓶

P1310999_Fotor

P1311038_Fotor

P1311002_Fotor

そして庭に設置している睡蓮瓶でも、メダカたちが水面に浮上していて、陽光を浴びながら日向ぼっこをしているのでした。
のんびりとした時間が流れています。

P1311042_Fotor
▲庭の睡蓮瓶 

P1310995_Fotor

P1311024_Fotor

P1311023_Fotor

P1311045_Fotor

睡蓮瓶のホテイ草はすっかり枯れていましたが、メダカたちはこのまま無事に冬を乗り越えてくれそうです。とりあえず元気で良かったのです。

三寒四温の言葉のとおり、寒さと暖かさを繰り返しながら一歩ずつ春に近づいています。 
メダカの様子を観察することで、春の兆しを感じることが出来ることがとても嬉しくて、そして楽しいのです。
春の訪れが待ち遠しい日々が続きます。

メダカの屋外飼育を楽しみましょう。
では、また次回。 





<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村  
  

氷漬けのメダカとポップアップ温室の話

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。



追記 1月14日
<記事のタイトルを変更しました。>
旧タイトル 「驚きました。こんなことが起きるとは・・・、残念です。」

コメント欄にご意見をいただきましたが、タイトルで閲覧数をあげようとしているとのご指摘です。素直に意見を受け止め、ブログの内容に沿ったタイトルに変更しました。
確かにブログの主旨をタイトルで表した方が訪問者にとっては分かりやすいですよね。


以下、本文です。


今年になってから、寒波の影響で厳しい寒さが続いています。 
朝、屋外水槽の様子を覗きにいってみると、 予想通り、水面が凍りついていました。

それも過去に経験の無いような分厚い氷が張っているのです。

ジャンボタライビオトープの様子です。

IMG_4016_Fotor

凄いことになっています。池全体に氷が張っています。
タライの浅瀬部分の水は底土に至るまで凍りついているようです。

IMG_4017_Fotor

メダカたちは水深のある箇所にいるはずですが、分厚い氷でその様子は観察することが出来ません。
まあ、大丈夫のはずですけどね。

などと、考えながら続いて隣の睡蓮鉢を覗いてみて驚きました。

IMG_4015_Fotor

おわかりでしょうか。

飼育しているメダカが1匹、水面近くで凍りついているのです。

IMG_4018_Fotor

なんということでしょうか。

通常、水面が凍りつくような時は、メダカたちは氷が張らない水底近くまで潜って過ごすはずです。
何故、このようなことになってしまったのでしょうか。

メダカですが、氷が溶ければすぐにでも生き返って泳ぎ始めるようにも見えますが、そんなことは無いのでしょうね。とても残念です。

寒い地域で飼育をしている皆さんは、このような経験があるのかもしれませんが、温暖な静岡県に住む自分にとっては、メダカが凍りついてしまったのは初めての経験です。長年、メダカを飼育していますから水面が凍ることは何度も経験していますが、このような悲劇は初体験なのです。
可哀相なことをしてしまいました。 残念です。

ジャンボタライビオトープや睡蓮鉢は夏の水温上昇に対応するため、午前中だけ日が当たるような水温が上昇しない場所に設置していますが、このことが真冬には逆効果だったのかもしれません。(重くてとても移動などは出来ません。)

他の様子ですが、メダカ池や玄関脇の睡蓮鉢なでは薄い氷が張っただけでした。そして氷の下で泳ぐメダカたちの様子も観察できます。
良かった!

まだまだ寒い日が続くと思いますが、このような悲劇が再び起きないことを祈るばかりです。でも今年の冬は寒いので、まだまだ寒波が襲ってきそうですね。
以前には、冬の寒さ対策としてポップアップ温室を使用していた時もありましたが、近年の暖冬ですっかり油断していました。そのような対処も検討しなければと思います。

これがポップアップ温室です。

P1076848


ホームセンターなどの園芸コーナーで販売されているものです。
値段も安価ですから、お手軽に試すことができます。
地面にはピンを打って固定することとなります。

P1076850
▲横から見るとこんな感じです。

ポップアップ温室を被せた水槽のメダカたちの様子はこんな感じで、冬でも食欲が旺盛です。
(動画を見ることができる方はどうぞ。)

         



春がとても待ち遠しい日々です。
もう少しの辛抱です。

今年もメダカ飼育を楽しみましょう。
では、また次回。




<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村  
 
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ