Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

【再掲】冬のメダカ屋外飼育の楽しみ方

12月となりました。年末ということで、この頃はとても忙しい日々を過ごしています。
まだ暗い朝6時に出勤し、仕事を終えて帰宅するのが21時頃、昨日は23時でした。
メダカに手がかからない冬なので良かったのですが・・・。
ということで、ブログ記事を書く時間もままならず、今回は以前に書いた記事の再掲です。既に読んだことがある方はご容赦を。

1 冬のメダカを観察しよう!

夏場であれば、黙っていてもメダカは水面近くを活発に動いていますし、餌を与えれば群れながら気持ち良く食べてくれますから、観察も簡単に楽しむことが出来ます。
ところが、冬になるとメダカは水底近くでジッと動かずにいることが多くなりますし、餌を与えてもほとんど食べてくれませんから、残念なのですが思うような観察はなかなかできません。
でも、諦めてはいけません。
実はメダカを冬でもしっかりと観察出来る方法があるのです。
その方法は「夜間観察」です。
ここは固い決意を持ってメダカの夜間観察にチャレンジしてみてください。
実は冬の夜間観察では、昼間では見ることが出来ないメダカの様子が、思ったよりもしっかりと見ることが出来るのです。

PC077457
▲水底にいるメダカたち

PC077466
▲プラ船の苔石の周りにはシロメダカの幼魚がいました

冬の夜は当然とても寒いのですが、何と言っても私たちはメダカ屋外飼育者なのですから、メダカ観察の為には寒くてもそれを苦労とは感じない筈ですよね?!
とはいっても、我慢にも限度がありますから風邪など引かないようにしっかりと防寒対策をしてから、夜間観察を楽しんでくださいね。
ということで、過去記事へのリンクをご紹介します。

<参考記事>
冬の夜もメダカ観察
正月のメダカ池と夜間観察

PC077476
▲睡蓮甕のクロメダカです。

大きく口を開けて

2 春先のメダカ屋外飼育を夢想しよう!

冬の夜間観察は楽しみたいものですが、やはり寒さは苦手という貴方にオススメするのが次のような楽しみ方です。
実は暖かい部屋の中で、あるいはコタツにあたりながらでも楽しむ方法があるのです。
それは、春になってからのメダカ屋外飼育をどのような形で楽しむのかをいろいろと夢想することです。

P4052358

夢想とは、夢見るということですから、自由に夢を見てください。
飼育容器には何を使うのか、飼育する品種は何にするのか、メダカ飼育のタンクメイトはヌマエビにするのかドジョウにするのか、栽培する水生植物は何にするのか、などと考えることは無数にあります。
こんな時にはパソコンやタブレット端末があれば便利ですよね。
冬になってもメダカや水生植物などは、様々なサイトでネット販売されていますから、そんなサイトを覗いてカタログ的に眺めていることも楽しいものです。
そして、多くの先人たちのブログやHPがありますから、ポチッとクリックして検索をしてみてくださいね。
ただ、難点は春を待てずにいつの間にかにポチッとメダカや水生植物の購入カートをクリックしてしまう場合が(よく)ありますから、ご注意を。(などといつも反省しているのでした。)

P4072442

3 バケツ水槽で窓際飼育を楽しもう!

冬のメダカ観察の奥の手です。
実は毎年のことなのですが、バケツを利用した飼育水槽を屋内に持ち込んでメダカの観察を楽しんでいます。
厳密には屋外飼育ではないのですが、窓際の日当たりの良いところにバケツ水槽を置いてメダカの観察を行うと、それはそれでとても楽しいんですよね。

P1147057B

こんなことを書くと、始めから屋内水槽でメダカを飼育をすれば良いのではないか、などと賢明な皆さんは思うかもしれませんが、そこは違うのです。
メダカ屋外飼育者の矜持(きょうじ)とでも申しましょうか、屋外飼育容器をやむを得ず屋内で使用しているというスタンスが大事なのです。
なんといっても見映えは悪くてもバケツ水槽には取っ手が付いていますから、移動が簡単で、春先になれば、そのまま屋外飼育水槽として使用出来ますからとっても実用的で便利なのです。
外は寒風が吹き荒んでいても、家の中の窓際に置いたバケツ水槽には陽も当たりますし、覗いてみるとメダカが元気に泳いでいて、そして餌も食べてくれるのですから屋外飼育的でとても楽しいのです。
まあ、ほとんど自己満足の世界なのですが、この思いが分かる方は、ぜひバケツ水槽を利用して窓際飼育という擬似屋外飼育を楽しんでくださいね。オススメですよ!

P1147076


今回は「冬のメダカ屋外飼育の楽しみ方」について、以前に書いた記事をご紹介しました。
メダカ飼育のオフシーズン突入という感じですが、小春日和のような暖かな日には、メダカたちは水面まで浮上してきます。そんな日にはメダカ観察を楽しんでください。
今日は、土曜日ですが、これから仕事に出勤です。昼間のメダカの様子を観察したかったのですが、残念です。明日の楽しみにしましょう。
では、また次回。

メダカ写真満載のブログです。
クリック⇒
Tokuze's Medaka Photolog

「にほんブログ村」の「ビオトープ」と「メダカ」カテゴリーのランキングに参加しています。応援していただける方は下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

決行!冬の夜間観察。

1月も終わって、明日からいよいよ2月ですね。
昨日の朝は太平洋側でも雪になったところが多かったようですが、春は着実に近づいています。
というのも我が家の近くで、紅梅が咲き始めたのです。
まだ満開には程遠いのですが、それでも、ポツリポツリと咲いている梅には、ヒヨドリが訪れて花を摘んでいます。早春という感じですよね。
P1251421
▲春の訪れを感じさせるのです。

でも、まだまだ寒い日が多いためメダカの活性はなかなか上がってきません。
今の時期のメダカたちは臆病ですから、水面まで浮上していてもすぐに水の中に逃げ込んでしまいますし、逃げ込んだメダカを見るために水の中を覗いても、日中は水面が反射しますから、メダカの姿をなかなか見ることができないのです。
P1241359
▲水面が水性植物を映して、水の中を見ることができません。残念!

メダカ観察を楽しみにしている自分のような飼育者にとっては、ストレスが溜まる日々になります。
そこで、冬の夜間観察を決行することとしました。
夜になると、ライトの光が水の中まで届きますから、メダカたちの様子をしっかりと観察出来るはずです。楽しみです。

夜間観察といっても、あまり遅い時間では、やはり寒さが身に沁みますから夕食後に、家人の目を気にしながら、そそくさとライトとカメラを持って玄関で出て、メダカ池に直行しました。
そして、メダカ池の中をライトで照らすと・・・、いました。メダカたちです。
P1241400
▲メダカ池のメダカたち。

メダカたちは、水底辺りで群れているのでした。
あまり動きませんから、やはり水温が低いようですね。
葉がすっかり枯れてしまっているカキツバタの根元にもメダカたちが隠れていました。
P1241387
▲群れているメダカたち。

そして、久しぶりにタナゴを3匹ほど見つけることが出来ました。
泥の中に体を潜らせて冬眠中といった感じですね。
P1241397
▲タナゴを2匹、発見しました。

P1241396
▲ここにもタナゴがいました。頭部を泥の中に潜らせていました。

う〜ん、とても楽しいのです。
昼間に見ることが出来なかったメダカやタナゴをはっきりと観察出来ました。
せっかくですから、もう少しメダカの様子を撮影しました。
P1241389

P1241392
▲メダカ池のメダカたち。

メダカ池の観察を満喫した後に、ついでですからプラ舟水槽も観察してみました。
昼間のプラ舟水槽は、こんな感じでやはりメダカの姿を見ることが出来ません。
P1241356
▲冬のプラ舟水槽。

やはりメダカたちは、水草の陰などに隠れているのです。
しかし、夜はこんな感じです。
P1241379
▲夜のプラ舟水槽。

夜になるとメダカたちは、思い思いの場所でゆったりと泳いでいるのでした。
P1241369

P1241368

P1241374

P1241377
▲プラ舟水槽のメダカたち。

餌をほとんど与えていませんが、メダカたちは元気に冬に耐えているようです。
これが冬でなかったならば、ずっと観察していたいのですが、さすがに寒かったのでそうそうに退散しました。
でも、元気なメダカたちの様子にホッとしました。やはり夜間観察は最高なのです。
P1251417

メダカたちが踊る春まで、もう少しです。
本格的な春の訪れを楽しみに待ちましょう。
では、また次回。


応援をよろしくお願いします。

クリック
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ 

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介