Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

寒波襲来!!

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

12月も早くも中旬となりました。
ここ数年は暖かな冬だったのですが、今年の冬はエルニーニョ現象で寒くなるとの予測があります。
本当にそうなの?と、自分はこの予測を疑っていたのですが、どうやら当たっているのかもしれません。
その証拠に15日頃から急に寒くなり、なんと、ジャンボタライビオトープに早くも氷が張ったのです。
関越自動車道では、多くの車が雪の影響で立ち往生。(被害に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます。)
寒波の襲来です。

R0000188_Fotor

R0000194_Fotor

氷の暑さは数ミリ程度の薄い氷です。

R0000198_Fotor

う〜ん、驚きました。12月中旬に氷が張るとは。
(メダカ池は凍っていませんでした。ジャンボタライビオトープの設置場所の方が寒いようです。)

この氷ですが、日が当たってきてソーラーエアポンプが動き始めたら、すぐに溶けてしまいました。

R0000202_Fotor

しかし、氷は溶けたのですが、その後もメダカたちの活性は上がってきません。

PC025503_Fotor

本格的な冬の到来です。
これからの季節は、メダカの活性も落ちてきて、餌はほぼ食べません。
メダカたちは水面よりも、水底の水性植物の陰などに潜んだりして過ごすこととなります。
メダカ屋外飼育者としては残念な季節となりました。



こんな時期のメダカ屋外飼育の注意点を。
メダカが餌を食べないということで、メダカ飼育水槽をそのまま放りっぱなしにしておくと、水が減って、最後には水が無くなってしまうということがあります。
ということで、このような被害に遭わないように、定期的にメダカや水槽の様子を確認してくださいね。メダカ屋外飼育者の義務なのです。
そして、今回の記事の最後に、こんな時期のメダカ観察の楽しみを一つご紹介しましょう。
メダカの活性が落ちてしまい、水底あたりに潜(ひそ)んでいるのにどうやって観察するの?と疑問に思う方がいらっしゃると思いますが、実はとっておきの手段があるのです。
それは、夜間観察です。

こんな時期でも夜に観察に行くと、何故かメダカたちが水面近くを泳いでいたりするのです。(もちろん、水面が凍っていたら観察は無理なのですが・・・。)
観察する自分がとっても寒いのが難点ですが、勇気のある方はチャレンジしてみてくださいね。
(メダカを観察出来ない場合や風邪を引く可能性がありますが、自己責任でお願いします。)

寒い冬に負けずにメダカ飼育と観察を楽しんでください。
では、また次回。



<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村  

【再掲】冬のメダカ屋外飼育の楽しみ方

12月となりました。年末ということで、この頃はとても忙しい日々を過ごしています。
まだ暗い朝6時に出勤し、仕事を終えて帰宅するのが21時頃、昨日は23時でした。
メダカに手がかからない冬なので良かったのですが・・・。
ということで、ブログ記事を書く時間もままならず、今回は以前に書いた記事の再掲です。既に読んだことがある方はご容赦を。

1 冬のメダカを観察しよう!

夏場であれば、黙っていてもメダカは水面近くを活発に動いていますし、餌を与えれば群れながら気持ち良く食べてくれますから、観察も簡単に楽しむことが出来ます。
ところが、冬になるとメダカは水底近くでジッと動かずにいることが多くなりますし、餌を与えてもほとんど食べてくれませんから、残念なのですが思うような観察はなかなかできません。
でも、諦めてはいけません。
実はメダカを冬でもしっかりと観察出来る方法があるのです。
その方法は「夜間観察」です。
ここは固い決意を持ってメダカの夜間観察にチャレンジしてみてください。
実は冬の夜間観察では、昼間では見ることが出来ないメダカの様子が、思ったよりもしっかりと見ることが出来るのです。

PC077457
▲水底にいるメダカたち

PC077466
▲プラ船の苔石の周りにはシロメダカの幼魚がいました

冬の夜は当然とても寒いのですが、何と言っても私たちはメダカ屋外飼育者なのですから、メダカ観察の為には寒くてもそれを苦労とは感じない筈ですよね?!
とはいっても、我慢にも限度がありますから風邪など引かないようにしっかりと防寒対策をしてから、夜間観察を楽しんでくださいね。
ということで、過去記事へのリンクをご紹介します。

<参考記事>
冬の夜もメダカ観察
正月のメダカ池と夜間観察

PC077476
▲睡蓮甕のクロメダカです。

大きく口を開けて

2 春先のメダカ屋外飼育を夢想しよう!

冬の夜間観察は楽しみたいものですが、やはり寒さは苦手という貴方にオススメするのが次のような楽しみ方です。
実は暖かい部屋の中で、あるいはコタツにあたりながらでも楽しむ方法があるのです。
それは、春になってからのメダカ屋外飼育をどのような形で楽しむのかをいろいろと夢想することです。

P4052358

夢想とは、夢見るということですから、自由に夢を見てください。
飼育容器には何を使うのか、飼育する品種は何にするのか、メダカ飼育のタンクメイトはヌマエビにするのかドジョウにするのか、栽培する水生植物は何にするのか、などと考えることは無数にあります。
こんな時にはパソコンやタブレット端末があれば便利ですよね。
冬になってもメダカや水生植物などは、様々なサイトでネット販売されていますから、そんなサイトを覗いてカタログ的に眺めていることも楽しいものです。
そして、多くの先人たちのブログやHPがありますから、ポチッとクリックして検索をしてみてくださいね。
ただ、難点は春を待てずにいつの間にかにポチッとメダカや水生植物の購入カートをクリックしてしまう場合が(よく)ありますから、ご注意を。(などといつも反省しているのでした。)

P4072442

3 バケツ水槽で窓際飼育を楽しもう!

冬のメダカ観察の奥の手です。
実は毎年のことなのですが、バケツを利用した飼育水槽を屋内に持ち込んでメダカの観察を楽しんでいます。
厳密には屋外飼育ではないのですが、窓際の日当たりの良いところにバケツ水槽を置いてメダカの観察を行うと、それはそれでとても楽しいんですよね。

P1147057B

こんなことを書くと、始めから屋内水槽でメダカを飼育をすれば良いのではないか、などと賢明な皆さんは思うかもしれませんが、そこは違うのです。
メダカ屋外飼育者の矜持(きょうじ)とでも申しましょうか、屋外飼育容器をやむを得ず屋内で使用しているというスタンスが大事なのです。
なんといっても見映えは悪くてもバケツ水槽には取っ手が付いていますから、移動が簡単で、春先になれば、そのまま屋外飼育水槽として使用出来ますからとっても実用的で便利なのです。
外は寒風が吹き荒んでいても、家の中の窓際に置いたバケツ水槽には陽も当たりますし、覗いてみるとメダカが元気に泳いでいて、そして餌も食べてくれるのですから屋外飼育的でとても楽しいのです。
まあ、ほとんど自己満足の世界なのですが、この思いが分かる方は、ぜひバケツ水槽を利用して窓際飼育という擬似屋外飼育を楽しんでくださいね。オススメですよ!

P1147076


今回は「冬のメダカ屋外飼育の楽しみ方」について、以前に書いた記事をご紹介しました。
メダカ飼育のオフシーズン突入という感じですが、小春日和のような暖かな日には、メダカたちは水面まで浮上してきます。そんな日にはメダカ観察を楽しんでください。
今日は、土曜日ですが、これから仕事に出勤です。昼間のメダカの様子を観察したかったのですが、残念です。明日の楽しみにしましょう。
では、また次回。

メダカ写真満載のブログです。
クリック⇒
Tokuze's Medaka Photolog

「にほんブログ村」の「ビオトープ」と「メダカ」カテゴリーのランキングに参加しています。応援していただける方は下記バナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ