Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

カモンバの森とシロメダカの不思議な行動の話(7月のメダカ池)

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。

今回は、メダカ池(ビオトープ風の人工池)の続報です。

メダカ池については、5月30日に次の記事を書きました。

我が家のビオトープ、メダカ池

メダカ池で水草のカモンバ(「カボンバ」又は「金魚藻」とも言います。)が成長(増殖)中の状態で、その時の写真がこれです。

【5月のメダカ池】
P5272384 

P5272383
▲カモンバが成長中。

そして、その後の様子をお伝えしたのが次の6月18日の記事です。

梅雨の晴れ間のメダカ池〜メダカ池のカモンバは増殖したのか〜

【6月のメダカ池】
IMG_3309 
5月と比べるとカモンバがかなり増殖し繁茂していました。

IMG_3306 
池の水底をしっかりとカモンバが覆っています。
そして記事の中では、「これまでの経験では、梅雨が明けて日差しがたっぷりと降り注ぐようになると、カモンバは更に増殖していくと思います。」と書いたのですが、前回の記事から一ヶ月経ちました。
生憎(あいにく)の長梅雨で日差しはほとんどありませんでしたが、今のメダカ池はどんな様子なのでしょうか。

【7月のメダカ池】
P7120003_Fotor

予想以上です。
いや〜、凄いことになってしまいました。カモンバが池全体に増殖しています。

P7120008_Fotor

始めは「メダカたちの数が少ないなぁ」と思っていたのですが、しばらくジッと動かずに観察しているとカモンバの森の中から次々とメダカが顔を出してました。

P7120006_Fotor

本来は水底を覗けるはずの睡蓮やコウホネの葉の間が、ビッシリとカモンバで覆われています。

P7120016_Fotor

P7120018_Fotor

メダカたちは、緑いっぱいのカモンバの森の上をゆったりと泳いでいるのでした。

P7120033_Fotor

P7120035_Fotor

我が家のビオトープのメダカ池が、カモンバ栽培専用の池のようになってしまいましたが、思いがけず、このカモンバの森には大きな利点がありました。
緑のカモンバの上を泳ぐメダカたちは、とても観察がしやすいのです。

そしてしばらく観察をしているとこんなメダカを見つけました。

P7120040_Fotor

上の写真ですが、左上にいるシロメダカが、卵を咥えて泳いでいるのが分かるでしょうか?

P7120044_Fotor

メダカが卵を咥えて泳ぐという行動は、メダカ観察をしていると時々見ることがあります。

それにしても今回のシロメダカはたくさんの卵を咥えて泳いでいますよね。
ここまで多くの卵を咥えて泳いでいるメダカは初めて見ました。まるで口から産卵をしたみたいなのです。

そして、しっかりと確認すると、このシロメダカは自らも卵を持っているのでした。

さて、このようなメダカの「卵を咥えるという不思議な行動」には
一体全体、どういう意味があるのでしょうか。

実は、10年以上前の話ですが、このブログで「卵を食べるメダカ」という記事を書き、卵を咥えて泳ぐメダカの写真を紹介したことがありました。

卵、おいしそう

その記事に対してある方からコメントをいただいたのですが、「メダカが卵を咥えるのは縄張り争いに関連した行動であるとどこかのページ(web?)で読んだことがある」とのことでした。
ネットでググるとたしかにそのような見解が出てきますし、きっと正しいのでしょうね。

しかし、自分的には、この行動については、メダカが卵を食べようとして、卵を水草に付着させるための糸(ひも状のもの)が誤って口に引っかかってしまい、取れないまま泳ぎ回っているようにも見えたりするですが・・・
※個人の感想です。(このような表現が、時々、商品紹介の隅に小さく書かれていますよね。マネをしてみました。)

メダカの行動を観察することはとても面白くて奥が深いのです。

(追記)
上記の文章では「卵を食べずに口に咥えて泳ぐ行動については、縄張り争いという見解がある」ということを伝えたかったのですが、「メダカは卵を食べない」との誤解を与えるような文章表現をしてしまいました。申し訳ありませんでした。
実際にはメダカは雑食性ですから、卵を食べることがありますし、孵化した稚魚はかなりの確率で食べられてしまいます。卵を孵化させて育てようとする場合には、必ず別の容器に移してください。


さて、話を元に戻します。
カモンバが繁茂した今の状況ではメダカは水面近くを泳ぎますからじっくりと観察をすることが出来ますが、この
ままでは中層を泳ぐタナゴや水底にいるドジョウを観察することが全く出来ません。

P7120010_Fotor

P7120002_Fotor

毎年、このような状況になります。それでもタナゴやドジョウは元気ですから心配することはないのですが、飼育者としては、いつもいつでも肉眼でしっかりと飼育魚を観察をしたいものなのです。
ということで、8月にはカモンバをある程度、間引きして、水底まで観察できるようにしたいと思っています。


今回は「7月のメダカ池の様子」をお伝えしました。
今後も不定期ですが、メダカ池の様子をお伝えしていきます。

メダカの屋外飼育を楽しみましょう。
では、また次回。 

<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 
 Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村 

あのケースを使用して楽しく卵と稚魚を観察しよう!

昨日と今日は気持ちの良い五月晴れとなりましたが、今週は思いがけず梅雨入りとなってしまいました。
なんと例年よりも10日も早い梅雨入りです。
梅雨の時期は屋外の観察が思ったように出来なかったりすることから、屋外飼育者にとっては憂鬱な季節となります。
でも今年になって関東地方では水源となる地域での雨が少なく水不足となっているようですし、梅雨という季節が無いと日本各地で水不足に陥る恐れが出てきますから、ここは我慢しなくてはいけませんよね。

さて、少し前の記事でメダカ観察の便利グッズ、スケール付き携帯用小動物観察・撮影・記録用ケース「New ふぉっとっと」をご紹介しました。
P5053734
▲これが噂(?)の「New ふぉっとっと」です。

※まだご覧になっていない方は先にこちらをクリック 
「オススメ! メダカ観察者の必携ケース「New ふぉっとっと」購入です」

この「New ふぉっとっと」は、メダカなどの生き物を全方位から観察できる優れ物なのですが、せっかく購入したのですから、使用しなければもったいないですよね。
しかし、私の場合は平日は仕事で忙しいため、帰宅してから観察の為にメダカをこの容器に移してゆっくり観察なんてことは出来ません。
そこで考えたのが、この容器を孵化容器として使用することです。
卵を入れておけば、気が向いた時にすぐに観察ができることとなりますから、自分にとってはとても嬉しいこととなります。

5月中旬の土曜日に、この容器にウキクサの根に産み付けられたメダカの卵を、ウキクサと一緒に入れておきました。
P5183934
▲ウキクサの根に産み付けられたメダカの卵です。

メダカの卵の孵化には、250℃日が必要と言われています。つまり、25℃の水温なら孵化するまでには「250℃日/25℃=10日」ということで、10日が必要となります。
このケースは室内に置きますから、水温を20℃程度と仮定すると12〜13日必要となるはずです。
実際に産卵した日がはっきりしませんが、まあ、1週間は孵化はないものと見込み、しばし観察はしないままに放置です。

そして、1週間後。
そろそろ孵化が近づいてきているはずです。
明るい場所で観察しようとケースを屋外へ移動しました。
ドキドキしますよね。どうなっているのでしょうか。とても楽しみです。

屋外に持ち出して早速、観察開始です。
ケースを覗き込んでみるとウキクサの根に付いて水中に浮かんでいた卵は、何故か根がウキクサから切れて離れてしまったため、根とともにケースの底に落ちていました。
P5254241
▲卵は何故かケースの底に。

しかし卵は順調に成長しているようです。
卵の中にしっかりとメダカの大きな眼を見ることができました。
P5254332
▲順調に成長しています。

卵の中にはメダカの特徴である大きな眼を見ることができました。
そして、観察していると卵の中の稚魚が時々、クルッと回ったりしています。
「もうすぐ、産まれるぞ!」とアピールしているような感じです。
元気溢れていて、見ているこちらも何故か嬉しくなってきてしまうのでした。
P5254313
▲メダカの特徴である大きな眼が見えます。

そして、さらに嬉しいことが・・・。
なんと水面の上部に孵化したばかりの2匹の稚魚が泳いでいたのです。
P5254243
▲孵化した稚魚を発見。

いや〜、無事に孵化出来て良かったですよね。
写真にすると大きく見えますが、産まれたばかりのメダカの稚魚は「針子」と呼ばれるているように、ちょうど針の先程のとてもちっちゃな大きさです。
メダカの卵が直径が1mm程度ですから、卵の中で丸くなっていた身体を伸ばしたとしても体長は2〜3mm程度といった感じでしょうね。
観察してみると小さな身体には不釣り合いな大きさな眼がやはり特徴的です。
P5254318

P5254279
▲小さな身体(からだ)に不釣り合いなほどの大きな眼なのです。

正面から撮影した写真を見ると、眼の大きさが良く分かりますよね。
やはりメダカは名前のとおり「目高」なのでした。
P5254235
▲このケースなら下からもじっくり観察できるのです。

そして、稚魚をじっくりと観察してみると、腹部には臍嚢(さいのう)と呼ばれる袋が確認できました。
 産まれたばかりのメダカは3〜4日程度はこの臍嚢(さいのう)の中の栄養分を吸収して成長するのです。

P5254329
▲横からの観察もこのケースなら簡単。

しばらくは、時の経つのも忘れてメダカの稚魚の様子を観察しました。
とても癒される至福の一時(ひととき)となりました。
そして、観察に夢中になっていると、泳いでいるメダカの稚魚が
いつの間にかに1匹増えて3匹になっていました。
どうやら、自分が稚魚の様子を熱心に観察している最中に卵から孵化したようです。
その証拠に、抜け殻のようになったメダカの卵の残骸がありました。P5254290
▲孵化した後の卵。

メダカが孵化するときには、頭からではなく尾の方から卵を破って出てきます。
尾を小刻みに振って卵から抜け出ると、孵化したばかりの稚魚はそのままするすると水面近くまで浮上して、何事もなかったように泳ぎ始めるのでした。とても感動的な孵化の光景なのですが、当のメダカはいたって冷静な感じです。
ちょっと悔しい気がしますが、まあ、これからの成長がメダカにとっては試練なのですから、ここは黙ってエールを送ることにしましょう。
無事に成長して欲しいものですよね。
P5254271
▲順調に大きくなって欲しいものです。

今回は、スケール付き携帯用小動物観察・撮影・記録用ケース「New ふぉっとっと」を活用して、メダカの卵と孵化したばかりの稚魚の様子についてリポートしてみました。
このケースは観察だけではなく、「New ふぉっとっと」という名前のとおり、写真がとても撮影しやすいので役立ちます。
もちろん、メダカの卵や稚魚の撮影はなかなか難しいものですが、このケースがなかったなら、もっと大変だったと思います。
次は何を入れて観察するのかを考えることもとても楽しいものです。
皆さんも機会がありましたら、メダカ観察に活用してみてください。

メダカの屋外飼育がとても楽しい季節。
みんなでメダカ屋外飼育を楽しみましょう。
では、また次回。

このブログの応援の為に下にある日本ブログ村投票バナーのクリックをお願いします。プチッとクリックすると「メダカブログ人気ランキング」をご覧いただけます。

クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
 

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
メダカ販売サイトのご紹介