気泡を吐き出すクロメダカ
メダカを観察していると、メダカがフッと口から泡(気泡)を吐き出すことがあります。
私はこれを「メダカの吐息(といき)」と勝手に名づけているのですが、見ている自分も思わずホッと息を吐いたりしてしまいます。
知らぬ間に完全にメダカと同調している自分がいるのでした。
やはり人間は自分が可愛がっている生き物を擬人化してしまいますよね。そして擬人化することによって、より愛情を注ぐことになります。

今日も風呂上りにメダカの屋外飼育水槽をナイトウォッチングしました。コオロギなどの秋の虫たちが鳴いていました。
プラ船水槽にお気に入りのブチメダカがいるのですが、ゆったりと泳ぐその様子を観察します。
ブチメダカ2
睡蓮の葉の下に潜ったり、苔石の周りを泳いだりする様子をペンライトで追いかけました。
ブチメダカ1
しばらくこのブチメダカを観察した後、その様子を写真に撮ろうとしてカメラを構えた時のことです。
ブチメダカがフッと口から泡を一つ吐き出したのでした。
泡を吐いたブチメダカ
「メダカの吐息」です。
ホッと気が抜けた時につく吐息のような感じです。
カメラのファインダー越しに見たその吐息は、私から日常の嫌なことを忘れさせてくれる魔法の吐息でした。何故かホッとします。
メダカも日常に疲れているのかもなどと、いつの間にかにメダカを擬人化してしまっています。
もう一回、「メダカの吐息」を見たいと思ったのですが、ブチメダカは素知らぬ様子で泳いでいくのでした。
メダカに人間は同調してしまうのに、メダカは人間に同調してくれないのですよね。(当たり前ですが…。)
皆さんもメダカ観察でメダカの吐息を観察してみてください。
もし見ることが出来たならばフッと肩の力が抜けて、きっと癒されることと思いますよ。

【吐息】(といき)
(落胆したり、安心したりして)つく息。ためいき。 広辞苑より