Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

孵化

孵化した稚魚の様子です

4月も後半となり、もう少しでゴールデンウィークが始まります。
通常ならウキウキと心が浮き立つのですが、今年は新型コロナウイルスの影響でストレスが溜まる日々が続きます。
さて、外出自粛の今、最適な趣味がメダカの飼育です。

我が家ではメダカの卵が次々と孵化しています。
メダカの卵は屋内水槽(ヒーターで25℃に加温)に入れているのですが、4月11日頃から次々と孵化が始まりました。
4月4日の記事「産卵シーズンの訪れ」では、今シーズンの産卵が始まった様子をお伝えしましたが、その時にお伝えした卵が孵化したのです。(前回の記事で孵化したことはお伝えしました。)
ということで久しぶりに(このブログをほとんど更新していなかったことから、稚魚の撮影は数年ぶりなのです。)孵化した稚魚の写真を撮ってみました。

P4183864_Fotor
▲この容器に稚魚を2匹入れました。

久しぶりのマクロ撮影です。まずは、少し遠方から。

P4183865_Fotor
▲元気そうな稚魚です。

もう少し寄ってみましょう。

P4184013_Fotor
▲間違いなくメダカです。当たり前ですが・・・。

さらにレンズを近づけて撮影です。

P4184020_Fotor

P4184033_Fotor
▲既に成魚のようなかんじですね。

いかがでしょうか。
針の先ほどの大きさの稚魚ですが、マクロ撮影をしてみるとしっかりとメダカの特徴である大きな眼と愛くるしい表情が確認できます。この前まで卵だったとは思えませんよね。

それでは、以前に撮影し、このブログでもご紹介したメダカの卵と稚魚の写真をここで改めてご紹介しますね。
まずは、卵です。
98d883cbのコピー
▲シロメダカのお腹にはたくさんの卵が。

P5183934
▲水草の根に産み付けられた卵。

孵化直前の卵

P5254332
▲大きな眼が目立ちます。

次は、愛くるしい稚魚の様子です。

P6079491a
▲睡蓮の葉の上に稚魚がいました。

楊貴妃メダカの稚魚
▲稚魚のアップです。キモカワイイという感じですね。

P8147215
▲青水を泳ぐ稚魚です。

P8147247
▲睡蓮の上の稚魚を接写です。

P5254321

P5254318
▲稚魚を下からの珍しいアングルで撮影。

P5254279
▲正面から稚魚を撮影しました。眼が本当に大きいのです。

いかがでしたでしょうか。
産卵と孵化はメダカ飼育の一大イベントです。これからが本格的な産卵シーズン。
皆さんもメダカの屋外飼育を楽しんでくださいね。
そしてコロナウイルスへ感染をしないように、くれぐれもご注意を。
遊びに行きたい気持ちを抑えてstay at home.
では、また次回。


<このブログを応援いただける方は投票をお願いします。>

blogmura_pvcount

メダカ屋外飼育(5月の情景)

今週の前半は梅雨のような天気が続きましたが、木曜日からは気持ちの良い五月晴れ(さつきばれ)となりました。
メダカ池ではカキツバタやコウホネが開花し、初夏の風情を楽しませてくれています。
P5074894 (1)
▲コウホネの花(メダカ池)

P5074869 (1)
▲雨上がりのカキツバタの花(メダカ池)

いくつものコウホネの蕾(つぼみ)が水面から顔を出していますから、しばらくは可憐な黄色い花が楽しめそうです。

肝心のメダカたちですが、水温も上がり産卵期を迎えていますから、とても食欲が旺盛です。
普段なら、人間の姿が近くにあると警戒をして水性植物の葉陰などに隠れてしまうのですが、今の時期は食欲が勝(まさ)っていますから、人が近くにいてもしっかりと餌を食べてくれます。
そんな様子をiphoneで撮影をしてみました。前々回にご紹介した大きなポリ容器(バケツ)で飼育しているメダカへの餌やりの様子です。

 
▲ポリ容器のメダカへの餌やりの様子

ポリ容器のメダカたちには、撮影の直前に餌を与えていて2回めの餌やりの様子を撮影したものですから、少し食欲が落ちていてご覧のような感じです。(撮影者の自分が少し動くとメダカも驚いてビクッと反応する様子も見ることができると思います。)1回めは水面が波立つような勢いで餌にパクついていました。

メダカへ餌を与えてパクパクと食べてくれる様子を観察することは、メダカ飼育の醍醐味ですよね。
皆さんも餌やりを楽しんでくださいね。

次に、孵化したばかりの稚魚の様子を写真でお伝えします。
定番の観察ケース「NEW ふぉっとっと」に卵を入れておいたのですが、先日、次々と孵化したので、その様子を撮影したものです。
P5038795
▲定番の観察ケース「New ふぉっとっと」

P5084898 (1)
▲孵化したばかりの稚魚と、孵化直前の卵の様子。

P5084920 (1)
▲稚魚を正面から撮影しました。

P5084925 (1)
▲稚魚を横から撮影。

今の時期は次々とメダカの卵が孵化しています。孵化するということは新たな生命の誕生とともに、その後の飼育が課せられることとなりますから、メダカ飼育者としては、責任を持って孵化と稚魚の飼育に向き合っていく必要があります。
小さな生命を成魚まで育て上げることについては、いつも真剣なのですが、なかなか思ったようにいかないのも現実なのですけどね。

P5074859 (1)
▲ナガバオモダカが開花しました。(プラ船水槽)

睡蓮鉢では、蕾が水面に顔を出す直前という感じです。睡蓮の開花が待ち遠しくなりました。メダカ飼育がとても楽しい季節です。
皆さんもメダカの屋外飼育を楽しみましょう。
では、また次回。

クリック

    
 にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村


クリック

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村 
 
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ