Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

感動

楊貴妃メダカの卵が孵化しました。感動の瞬間を動画で撮影成功です。

Collage_Fotor1_Fotor2
「メダカ屋外飼育ガイド」を読みたい方は上の画像をクリックしてください。



P4111163_Fotor

前々回の記事「今年もメダカの産卵シーズン到来!」で、瓶(かめ)で飼育している楊貴妃メダカの産卵が始まったことをお伝えしました。

産卵している楊貴妃メダカの様子は、下の動画を御覧ください。


産卵したばかりの「卵」の様子です。
IMG_4199_Fotor

そして、この卵を室内の水温25℃に加温している水槽(ミナミヌマエビを飼育しています。)に入れて孵化を待ちました。

メダカの孵化には250℃/日が必要と言われています。
つまり、水温が25℃なら10日(250℃➗25℃=10日)が必要ということです。

そして、8日ほど経った「卵」の様子が下の写真です。
IMG_4373_Fotor

そして、10日ほど経って、「卵」がついに孵化をしました。
その瞬間を動画に撮影できました。
IMG_4239_Fotor
▲孵化を待つ「卵」の様子

動画を見ることが出来る方は、下の動画を御覧ください。
孵化の瞬間は感動です。


孵化したばかりのメダカは、針子とも呼ばれるように針の先ほどの大きさです。(※下の写真は過去のものです。)
P5038817_Fotor

P5038811_Fotor

普段は、今回、写真でご紹介したような大きさでメダカを見ることができません。
そんな小さなメダカですが、小さくてもしっかりと生命を宿しているとても可愛い生き物なのです。
メダカ飼育者としては、誕生した小さな生命を責任を持って大事に育てていきたいと思っています。(なかなか難しいのですが・・・。)
これから、稚魚が次々と誕生してくると思います。とても楽しみです。


メダカの屋外飼育を楽しみましょう! では、また次回。






<このブログを応援していただける方は、下のメダカのバナーをプチっと押して投票をお願いします。>

    
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
Tokuzeのメダカ飼育日記 - にほんブログ村  
 

メダカ屋外飼育は感動の連続なのです。

P4174478
▲睡蓮の若葉の上のクロメダカ

メダカの屋外飼育では様々な感動に出会うことができます。
この感動を味わうためにメダカ屋外飼育を行っているといっても過言ではありません。
今回はそんなメダカ屋外飼育の感動のシーン(光景)について書いてみます。

1.泳いでいるメダカの光景

まず、感動するのが泳いでいるメダカの様子を観察することです。
メダカが泳ぐということは、太陽が東から登るのと同じくらい当たり前なことです。
でも、この当たり前なことに私たちは感動をしてしまうのです。

P5155311
▲睡蓮甕のヒメダカ


不思議なことにメダカたちが群れ泳いでいる様子を眺めているだけで、心が癒され、そして感動してしまいます。
私たちのDNAにはメダカが泳ぐ様子が日本の原風景として染みついているような気がしてしまいます。それだけ昔から私たちの身近にメダカたちが存在していたという証しなのかもしれませんよね。

さて、メダカの屋外飼育では同じ品種だけを飼育させて群泳を楽しむ場合と、異なる品種を一つの容器で混泳させる場合があります。
P5155308
▲睡蓮鉢でシロメダカを飼育し同じ品種だけの群泳を楽しみます。

メダカたちの乱舞5
▲ヒメダカとブチメダカの混泳

P7135271
▲ヒメダカ、アオメダカ、シロメダカの混泳。

皆さんはどちらの飼育方法がお好みでしょうか。
私は以前は、同じ品種だけを飼育する場合が多かったのですが、最近は異なる品種を混泳させて楽しむことも増えてきました。
どちらの飼育方法であっても、メダカたちの群れ泳いでいる様子は感動ものですよ。

2 産卵と孵化の光景
メダカ屋外飼育の一大イベントが「産卵と孵化」です。
卵が産み付けられたホテイ草を初めて発見した時には感動でした。

ホテイ草の根に付着したメダカの卵
▲ホテイ草に卵が産み付けられていました。

この卵がどうしたら孵化するのか、そして孵化した稚魚を無事に成魚まで育て上げることが出来るのか、ドキドキと感動と驚きの連続でした。
この感動と驚きはいまでもほとんど変わりはありません。

P5254313
▲孵化直前の卵。

P5254235
▲無事に産まれた稚魚。


P6042036
▲稚魚を発見して感動です。

3 水生植物の開花
水生植物の開花はメダカ屋外飼育のオマケのようなものなのですが、オマケとはいえども素敵な花々は十分な感動を与えてくれます。
我が家の屋外飼育水槽も素敵な様々な花が彩ってくれました。
写真で眺めるだけでも感動ものなのです。

八重茶碗蓮の開花
▲八重の茶碗蓮

P5211861
▲赤い睡蓮

IMG_6619
▲熱帯睡蓮

温帯スイレンの薄黄色の花
▲淡い黄色の睡蓮

P5211850
▲コウホネと睡蓮の花

熱帯スイレン ドウベン
▲熱帯睡蓮のドウベン

こんな素敵な花々が屋外飼育水槽に咲き誇ると、メダカ飼育がますます楽しくなりますよね。

そして、今回は記事のボリュームの関係で書きませんが、「餌を食べるメダカの様子」も感動ものです。このことについては、また機会をみて記事を書いてみます。

皆さんもメダカ屋外飼育で感動してみてください。

やはり感動はメダカ飼育の継続のパワーになりますよ。

暑い日が続きますが、体調管理には十分注意をしてください。
そして、くれぐれも熱中症にはならないようにお過ごしください。
では、また次回。

このブログの応援の為に下にある日本ブログ村投票バナーのクリックをお願いします。プチッとクリックすると「メダカブログ人気ランキング」をご覧いただけます。

クリック

   
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
 

アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【ブログランキング】
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ