Tokuzeのメダカ飼育日記(屋外でメダカを飼おう!)

メダカやタナゴ、ドジョウなどの屋外飼育の楽しさを写真と文章でお伝えします。屋外飼育を楽しみましょう!

成長

メダカの成長 〜卵から孵化、そして成魚へ〜

今回はメダカ飼育を新たに始めた方や、これから始めようとする方の為にメダカの成長と体型について、写真でご紹介しますね。参考にしてみてください。

【卵】
まずはメダカの卵です。
メダカの卵は直径が約1mm程度で、ほぼ透明です。  PB086856

P5183934

P4041821
 P5254313
この卵ですが、例えば約25度の水温の場合ですと、10日ほどで卵から稚魚が孵化してきます。
孵化は感動ものですよね。
いつ孵化するのかドキドキしながら観察しましょう!
まだかまだかと思いながら観察を続けていてもなかなか孵化しないのですが、少し目を離しているうちに知らぬ間に孵化していたりします。

【孵化】
孵化したばかりの稚魚の体長は数ミリで、しっかり探さないと気が付かないほどです。
稚魚用の餌又は成魚用の餌を擦り潰して、ごく少量を与えましょう。与え過ぎに注意です。
少しずつ成長していきますが、餌を上手に食べれない稚魚は残念ながら★になります。
水温や水質のちょっとした変化でも★になることもあります。
P4292045


P5038813

P5254271

【稚魚から幼魚へ】
孵化してから約1ヶ月〜1ヶ月半で1cm程度に成長します。
まだまだひ弱そうな感じですが、ここまでくれば★になる確率は格段に減りますよ。
P6062815

【成魚まであと少し】
さらに1ヶ月程度で2cmまで成長します。ここまで成長すれば、成魚までもう少し。
P6203041
 
P2281478

【成魚】
さらに1〜2ヶ月で3cm程度まで成長します。こうなれば完全に成魚ですね。じっくりとメダカ観察を楽しんでください。次の世代を残すための産卵も始まります。
P6203034

ここで成魚の様子を少しご紹介します。
ノーマルな体型のヒメダカです。体長は3cm程度です。
P6203014

次のシロメダカも約3cm程度です。上のヒメダカと比べると体型が違っていて面白いですよね。
P6203023

そして最後にご紹介するのは、体長が約3.5〜4cm程度の大物のヒメダカたちです。がっちり体型で金魚のようですよね。大物感が漂っています。
P6202997
 PB086857 
PB036727

上で紹介した成長例は屋外飼育の環境や時期等で大きく変わりますので、参考例としてください。
秋に産まれた稚魚は、屋外では冬の間はほとんど成長しません。
水温が低くなるとメダカの活性が低くなり餌をほとんど食べなくなりますから、成長出来ないのです。
でも、今の時期はメダカの活性が高いため、稚魚の成長も早いと思いますよ。
皆さんもメダカ飼育を楽しんでくださいね。

応援をよろしくお願いします。

クリック
    

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

 

睡蓮の開花と屋外飼育の情景

ここ数日は、少し動くと汗ばむ初夏のような気候が続いています。
こんな気候を反映したのか、自分が勝手に睡蓮師匠と呼んでいる「花好き爺さん」から、早くも睡蓮の開花情報が寄せられました。
DSC00003-1
▲睡蓮が開花しています。

いや〜、驚きました。
この睡蓮は「ブラックプリンセス」という品種で、根を全部切る植え替えではなく、早く咲かせる為に、以前に紹介したスライド植え替えという方法で行ったとのことです。
さすが、睡蓮師匠ですよね。
こんな時期から睡蓮が咲いたならば、メダカの屋外飼育がますます楽しくなってしまうと思います。

睡蓮師匠からは、これからも睡蓮が咲いたら写真を提供いただけるとのことですから、楽しみにしています。
こんな素敵な睡蓮を早く咲かせたいものですよね。皆さんも頑張ってください。

★睡蓮師匠の花好き爺さん関連記事は下記を御覧ください。
「花の饗宴(花好き爺さんの睡蓮カタログ)」
花好き爺さんの睡蓮栽培教室〜株分け方法〜

さて、前回は4月の夜のメダカ池の様子をお伝えしました。
今回は、 昼間の屋外飼育水槽の様子をお伝えしますね。
P4181898
▲庭の屋外飼育水槽

P4181899
▲睡蓮鉢の様子。青水化しています。

屋外飼育水槽では睡蓮の若葉が水面まで浮上してきました。
睡蓮師匠の睡蓮には遠く及びませんが、こんな様子からも本格的な春の訪れを感じることが出来ます。

玄関脇の睡蓮瓶も睡蓮の若葉が顔を出し始めていました。
こんな感じです。
P4181906
▲メダカたちが元気に泳ぎまわっています。

睡蓮の若葉の周りを泳ぐメダカたちの様子も、とても楽しそうなのでした。
でも、気になることが。それは、かなり水が減ってしまっていることです。
おかげで瓶の縁周りに繁茂している水苔の下部が水面から顔を出しています。これは足し水サインなのです。
P4181910
▲玄関脇の睡蓮瓶です。

そういえば、先週は足し水を行わず、2週間、放置してしまっていました。
足し水サインが出ていますから、しっかり足し水を行わなければいけません。

早速、足し水を行いました。
するとこんな感じになりました。満足なのです。
P4181936
▲水苔の下部が水面下へ。足し水サインが消えました。

それでは、ここからは4月の昼間のメダカたちの様子を御覧ください。
このメダカたちは以前にもお伝えしましたが、昨年、我が家で産まれてから室内水槽で飼育していたものを春先に屋外デビューさせたものです。
P4181927
▲ブチメダカとヒメダカたち。

昨年の秋に産まれて、冬の間に屋内飼育水槽で成長したメダカたちなのですが、いまではすっかり屋外環境に慣れたようです。
P4181924
▲睡蓮の若葉の上を泳ぎます。

その証拠に、このメダカたちの食欲が凄いんですよね。
他の水槽のメダカたちよりも、餌への喰い付き度が、1ランク上のような気がします。
P4181921
▲食欲が旺盛なのです。

このメダカたちの餌の食べ方はミニピラニアといった感じでしょうか。
P4181925
▲屋外デビューがこの前だったなんて・・・。

P4181928
▲水苔の周りがお気に入り。

P4181930
▲メダカたちが鬼ごっこをしています。

P4181941
▲睡蓮の葉とメダカはお似合いなのです。

食欲が旺盛ということは、体力が付きますし成長につながります。
おかげで、昨年の秋産まれなのですが、もうほとんど成魚体型となってきました。
成長の春といったところでしょうか。
このメダカたちが産卵をして子孫を残すのも後少しといった感じなのです。
このメダカたちの産卵をとても楽しみにしているのでした。

メダカ池では、コウホネの蕾が水面に顔を出し始めました。
楽しい春なのです。
皆さんもメダカ飼育を楽しんでくださいね。
では、また次回。


クリック
    
にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
にほんブログ村

下のバナーをクリックすると「メダカ」の人気ブログをご覧いただけます。
クリック

    

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ    
 
アクセス数(PV)累計
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数(ユニークユーザ数)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

過去のブログ記事
記事検索
【投票】blogram
blogram投票ボタン
【ブログランキング】
【本】メダカ池の四季
QRコード
QRコード
日本ブログ村
メダカ販売サイトのご紹介